新車を安く買おう!ディーラーとの値引き交渉技

新車値引き交渉

新車は決して安い買い物ではありませんし、人生の中でもそれほど多く経験することではありませんので、色々、分からないことや不安なことがあると思います。
新車は値引き交渉によってある程度、安く買えることは一般的となっていますが、車種によって値引き額は大きく異なりますし、同じ車種でも交渉の仕方によって大きく値引き額が異なるのもまた事実です。

スポンサーリンク

ディーラーとのおすすめ値引き交渉

予算も最初は口にしてはいけない

とにかく最初は情報を営業マンに出さないように徹底しましょう。
販売員:「ご予算はおいくらくらいですか?」
自分:「いや~そこまで決まってないです。安かったらいいです」
こんな感じで話をしておくと良いでしょう。
というのも一番怖いのが本命車も特定されて予算まで読まれてしまうとその範囲内での値引額しか引き出せなくなってしまう事だからです。

本命の車の商談より先に他社の車の商談を進めていく

例えばプリウスが欲しい場合であってもトヨタのディーラーに行くのは後回し。同じセダン型のホンダインサイトなど同系統の車から先に商談していきましょう。
それにより本命車の時の交渉材料が増えていくからです。もちろん本命じゃない車の見積もりを貰う時でもここで書いている記事と同じようなことをする必要があります。そうでなければ本命車の見積りもある程度の所で下げ止まってしまいます。
その上で本命車の営業マンに他社の見積もりが思いのほか良かったことを切り出しましょう。

その月の営業マンのノルマが達成できるギリギリの段階で購入してあげる

具体的には毎月「23日~24日」辺りで購入を決めるのが良いです。というのも在庫有りの新車の場合であれば新車登録手続きの期間等が有るので実際に購入者に車が引き渡されるのは購入者が購入すると決めてから1週間後くらいになります。
営業マンとしてもその月のノルマ達成のためには23日くらいには決定してもらわないとその月の売上ノルマに参入することが出来ません。よってこの辺りで最後のひと押しをしてあげる
営業マンとしては
「ノルマも有るし、今日まで買ってもらわないとノルマ達成できないからなぁ」
という心理が働いてコチラの言い分が通りやすくなります。



スポンサーリンク



目標額に達すればすぐにでも購入するという意思をみせる

購入意思を見せないとただの嫌な客になってしまいます。
という事です。
ただ、目標額があまりにも常識はずれだと相手にしてもらえないので良く考えて、絶妙な設定額を見つけ出してください。
雑誌などの目標金額そのままでも良いです。

新車購入時は必ず競合車を決める

たとえ自分の欲しい車は1つしかなく他の車は眼中にないという方でも必ず競合車を決めてください。
興味のない方の競合車種は同じ位の車格で他のメーカーの車を選ぶことをおすすめします。
面倒なのになぜそこまでして競合車を準備しないといけないかって?そう思う人もいて当然です。
前にも言ったようにディーラーは理由もなく値引きはしません。こちらに競合車は別にないと分かってしまうと「ちょっと位高くても買ってくれるだろう」と思われて大幅値引きをしてくれなくなります。
ハイブリッド車やRX-8などあまり競合車がいない車の値引き額が少ないのは良い例です。ですから、大幅値引きを引き出すには競合させることは不可欠なんです。
競合の使い方次第で新車購入時の値引き額が決まるといっても過言ではないでしょう。




キャンペーン・セール期間で値引きを狙う

  • 2月~3月:決算大売り出しセール
  • 6月~7月:夏期ボーナスセール
  • 9月:中間決算セール
  • 11月~12月:年末大売り出しセール

車が壊れて何ともならん!という非常事態以外は必ずこういうセールが行われている時に買うのが良いです。多くの台数を販売するためにオプション10万円分無料とかが普通に行われているので交渉せずとも安く車が買える土台が有ります。
また消費税増税前は自動車のような高額商品は必ず駆け込みセール的なものをやってくれるのでそういったものも逃さずに使うようにしていきたい所です。




オプションや諸費用を割引してもらう

貴方が「このオプションを無料で付けてくれれば契約する」と言えば販売員も
「やっとか!これで契約してもらえる!」
ということで簡単に値引きしてくれやすくなります。
数万円のオプションを付けて貰えればベストですが、それでなくても数千円の物ならばサービスで付けてくれるはずです。
例えば

  • フロアマットの提供
  • ディーラーオプショの取付費用負担
  • 納車費用の免除(通常納車費用は自分で取りに行くことで無料に出来ますがこれを家まで持ってきてもらうようにするという意味です)
  • ガソリン満タン(通常千円分くらいしか入っていないのでこれを満タンの状態にして納車してもらう)


仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ