恋愛感情の持続期限は4年!?その後は浮気や倦怠期へ…

恋愛結婚賞味期限浮気

恋の賞味期限」は長くて4年程度しか続かないのが普通だと言われています。
出会いから始まり、恋が芽生え始めた頃はあんなにドキドキしたり、切なくなったり、会っているだけで幸福感を感じたり、深く愛しあっていたはずの男女が、いつのまにか気持ちがすれ違い、分かりあえなくなってしまうのはなぜなんでしょうか。

スポンサーリンク

恋愛感情の根源とも言える脳内物質PEAとは?

『恋の賞味期限は3年』とよく言われるのは、PEA(フェニルエチルアミン、フェネチルアミン)という脳内の神経伝達物質に影響しています。PEAは快感物質で、恋愛初期のタイミングで『ドキドキしている』ときに多く分泌されるもの。
しかし残念なことに、PEAは3ヶ月目から減りはじめ、3年程度で枯渇してしまいます。

付き合って3年程度経ち完全にPEAが枯渇してしまうと、次なる刺激を求めて浮気に走ったり、単純に相手に興味をなくしてしまったりするのではと考えられます。




恋愛の賞味期限は3年が壁!?

恋愛感情とはPEA・ドーパミンの分泌に基づいています。このPEA・ドーパミンの分泌は体への負担が大きく、長続きしません。その期間は、18か月から3年とも言われています。

そして、賞味期限が切れてしまったカップルが陥りがちなのが「マンネリ」。実際、付き合っているカップルもこの時期から彼氏や彼女に飽きてきます。

パートナーに飽きているところに、きれいな女性が現れてうっかり浮気をしてしまったという方も多いのではないでしょうか。

男性が結婚で後悔する理由をまとめると理想と現実の落差が酷い
結婚は、その制度上や法律面で、男性側に過度に負担がかかるような仕組みになっています。そして脳の仕組みから恋愛感情の賞味期限は...

3年を過ぎると…恋愛感情はどうなるの?

3年が経過すると、そこからは別のホルモン、βエンドルフィンやセロトニンなどの安心感や安定感、うっとりした穏やかさ、居心地の良さなどの幸福感を感じさせるホルモンが出始める。

この頃になると付き合っている相手が「空気」のような存在になりやすい。 ほとんど意識しないほどに慣れきってリラックスできる相手になってしまっているのです。



スポンサーリンク



3年を過ぎると理性的には好きでも、本能的にはあまり恋愛感情が無くなってくる。

マンネリ、倦怠期と恋愛が破局に向かう…

これらの恋愛系ホルモンがまったく分泌されなくなると、無関心になり スキンシップもキス、電話やメールも、姿を見ることさえも全てがうざったく億劫になってきます。いわゆる究極の倦怠期に突入する。

人間の心理的には恋愛の賞味期限は3、4年で冷めるようにできています。

それでもバカップル状態が持続したり夫婦円満な男女は非常に稀なケースだとも言えそうです。

離婚や浮気の原因も恋愛物質の減少が原因

『結婚4年目の離婚説』というのもあります。

じつはPEAが枯渇した後に、エンドルフィンという多幸感を与える物質が出てくるのですが、これも1年で枯渇します。

子育てが一段落した4年目頃から、親たちも子孫繁栄のために自然と次の相手を探すようになる…という説が有力です。




脳科学的に結婚は不合理!?

PEAやドーパミンの恋愛系の脳内分泌が枯渇した後もパートナーと暮らさなければならない結婚生活は一種の苦痛を伴います。

「どうしても子どもが欲しい」「夫の収入で安定した生活を手に入れたい」という強い理由以外の、一時の恋愛感情で結婚に踏み切るのはやめた方が良いのかも知れません。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ