ヨコハマ買い出し紀行 のんびりしてせつない味わい深い漫画

ヨコハマ買い出し紀行 特徴おすすめ面白い

世界人口が激減し、ゆるやかに文明が衰退して人類が滅びに向かっていく夕凪(ゆうなぎ)の時代。そんな悲しい世界なのに、人間と区別のつかないアンドロイドが気ままに暮らしていたりして、不思議と悲壮感がないスローライフの極みともいえるのんびり漫画。ヨコハマ買い出し紀行の魅力をお伝えします。

スポンサーリンク

ヨコハマ買い出し紀行のストーリー

「お祭りのようだった世の中」がゆっくりと落ち着き、のちに「夕凪の時代」と呼ばれる近未来の日本(主に三浦半島を中心とした関東地方)を舞台に、「ロボットの人」である主人公初瀬野アルファとその周囲の人々の織りなす「てろてろ」とした時間を描いている。




ヨコハマ買い出し紀行の世界設定

ヨコハマ買い出し紀行 特徴おすすめ面白い

地球温暖化が進んで海面上昇が続き、産業が衰退して人口が激減し、人類の文明社会が徐々に衰退し滅びに向かっていることが示唆されている。

しかし、その世界に悲壮感はなく、人々はむしろ平穏に満ちた日々を暮らしている。また、詳しくは語られない正体不明の存在も多く、そのまま作中の日常世界に溶け込んでいる。これらの不思議については作中で真相が明かされることはなく、どう解釈するかは読者に任されている。

なお原作終了後に刊行された小説版(著:香月照葉)では、「夕凪の時代」の後に人口はさらに減少を続け、ほぼ滅亡状態となった「人の夜」を迎えた、としている。

ヨコハマ買い出し紀行のアルファさん

ヨコハマ買い出し紀行 特徴おすすめ面白い

喫茶店「カフェ・アルファ」を経営するA7M2型ロボット。甘党。アルファさんの所有者であるオーナーに任された喫茶店をずっと守り続けている。

魚をモチーフにしたレリーフや小物を作るのが趣味。かつてはロボット開発にも携わっていた子海石先生曰く、「自分なりの楽しみ方をほじくり出す彼女の心情はすでに本来のスペックからは説明できない」。

ヨコハマ買い出し紀行のココネ

ヨコハマ買い出し紀行 特徴おすすめ面白い

アルファの妹分であり、同じく若い女性の姿をしたロボット。アルファ型ロボットの1人。機種名はA7M3型(量産型)。髪は淡い紫色のボブカット。瞳は濃い緑色。青いイヤリングをしている。



スポンサーリンク



ムサシノ運送で「おてもと便」係として働いており、カメラの配達を通じてアルファと出会う。かつては人間っぽく振る舞おうと心がけていたが、アルファと出会ってからは、「あまり気楽になろうとしない」ことで気楽になる、という生き方を見つける。会社の内外にファンが多いがアルファに憧れるあまりに眼中に無い。アルファさんに惚れている…?

ヨコハマ買い出し紀行の魅力

面白いと云うよりは情感を味わう漫画かと思います。

日常を綴った短いエピソードで重ねられた詩編とも言えます。だから人に寄っては退屈な漫画でもあり好きな人には愛おしい漫画でもあります。

本作は主人公のアルファさんや、とりまく人々の人柄で読ませる作品です。
日常を描いている合間に、この世界の謎が少しずつ分かっていく話が挿入されていくのもいいです。

刻々と変化していく情報を常にスマホで忙しく追いかけている現代の人にこそ読んで欲しい、ゆっくりとした生き方の大切さが伝わってくる作品です。

ネット上でのヨコハマ買い出し紀行の評価

せつない

ほのぼのしてそうで暗い漫画

雰囲気マンガとか言われるけど通して読んだらわりとハードなんだよなー

ココネが引っ越してきたのとマッキの子どもが救い

一見ゆるふわーっとしたストーリーだけど全編を通してのメインテーマが「ゆっくりと滅びゆく世界」だからね

他の漫画家なら最後までただのほのぼので描きそうなストーリーだけどちゃんと夕凪の時代を描いたのが凄い 台風で店が壊れる前と後とで雰囲気がぜんぜん違う

夏の雰囲気がよく出てたな

オーナーから贈られてきたカメラ
プリントアウトは出来ず、画面で見ることもできず
ただその時の風景の「記憶」を記録・再生することができる
この設定を考えた芦奈野先生はマジで天才

時間とともにゆっくりと全てが失われていく世界の中で何気ない何かを見つけていくアルファさんが愛おしい




ヨコハマ買い出し紀行の購入は↓からどうぞ!

予想以上の大人気で品薄状態!残りわずか




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ

コメント

  1. […] 出典ヨコハマ買い出し紀行 のんびりしてせつない味わい深い漫画 […]