ニートの特徴とニート脱出に役立つ自立を促す教育まとめ

ニート改善社会復帰防止

2000年代以降、社会問題化した「ニート」。学校などに通っておらず、無職で、かつ求職活動をしておらず、配偶者なしで家事を行っていない34歳までの 若者のことだ。

労働政策・研究機構の調査によれば、ニートの人数は2012年の時点で全国に56.4 万人。2002年の64.7万人をピークに減少傾向にあるが、若者の人数自体が減っていることから、人口比では3%と、むしろこれまでより高まった。

子どもをニートにしない、あるいは現在ニートの方がニートを脱出するための方法を調べてまとめました。

スポンサーリンク

ニートの何がダメなの?

ニートと呼ばれる人々は、仕事にやりがいを感じる事が少なく、生活条件の向上をはかったり、将来に向けた建設的な思考や希望を持つことが難しいため、社会全体のエネルギーが低下していくのでは、と警鐘を鳴らす人もいます。

このような社会では、結婚率や出生率の低下も当然起こってきます。




どうして子どもがニートになるのか?

環境的要因.1 親が生活の保護をしている

ニートは主に親に扶養されている身分が殆どです。

親の収入があるために自立をする必要が無く、消極的な人物ほどわざわざ社会に出てプレッシャーやストレスに耐えながらも働く気になれません。

親が働かない現状を容認してしまうのも問題。

厳しい親ならば家にいても居心地が悪くニートになりにくいものであり、子供の事を思う親ならば子供のためを思い、社会へ出すものです。

環境的要因.2 家にいても楽しめるから

インターネットはパソコン一台と通信費さえあれば掲示板、チャット、サイト閲覧、動画視聴、オンラインゲーム、と多種多様、長時間楽しめます。

働かず学ばなければ、どうしても毎日の時間が余ってしまいますが、インターネットの普及のためにいくらでも時間を潰せる時代となりました。

環境的要因.3 他人への関心が薄いため

幼少の頃から活発であり、目立つ事が大好き、他人と交流をする事が大好きであった人間はニートになりにくいです。

ニートになる人物は登校拒否、友達が少ない、異性経験が極端に少ない、社会に認められたいとの自己承認欲が低い、などと社会から遠ざかっています。

人がニートになる6大原因とニート共通の特徴の調査結果を全公開
ブログ管理人個人の興味から、本ブログではニートについての記事を扱う事が多いのですが、本ブログ以上にニート記事が充実している個...



スポンサーリンク



ニートの性格的要因

ニート性格特徴

・大きな挫折がない
・子供部屋に冷蔵庫・TVなど何でもある
・聞き分けがいい
・物欲があまりない
・家に連れてくる友達が3人以下
・すぐに謝る
・まじめで正義感が強い

など…

他にも大きな要因としては

・めんどうくさがり
・自己主張をしない
・自尊心だけは高い
・すぐに言い訳をする

子どもがニートになりやすい家庭の特徴

ニート家庭特徴

・子供が何か始めようとしてもすぐ「あんたには無理」とやる気を削ぐ発言をする
・放任主義 学校を休んだ時きっと大丈夫とか言って放置する
・親のやらせたい事>>>>子供のやりたい事
・過保護過ぎる 子供の頃になんでもかんでも親が管理しすぎる
・過干渉
・両親が不仲 父親は子育てに超無関心 母親は甘い

親の口うるさい発言により本人の意識(良くありたい、あらなくてはならないという願望)と現実とのギャップが生まれ、家庭での空気も悪くなる。
能力があってもひきこもってしまったり、ニートになってしまう場合があるようです。

幼い頃から子どもの自己評価を高めてあげて!

「自己評価」とは大まかに、自分に対する愛情的評価と自分の能力に関する評価がある。

よく専門家も発している「自分を褒めることができない」「自分を好き になれない」という言葉は、実はとても重要なこと。

ひきこもりをする確率や、「引きこもりから立ち直る人・立ち直れない人」の差はここではないか??と言われている。

教育の失敗がニートを生み出しがちなので小さな頃からニート防止の強い意識を

ニート環境防止

現代ではインターネットの大々的普及やネットにつながるスマートホンの国民的普及で「家にひきこもっていてもネットのおかげでいくらでも時間をつぶせる=子どもがかなりニートになりやすい」という生活環境ができあがってしまっていることをまず意識するべきです。

それこそ5歳程度の頃からでも、

「自分で考えて物事を決めさせる」

「自分から行動を起こすように促してあげる」

「周りに流されない強さを身につけさせる」

「世の中にどんな職業があるのかを教えてあげる」

といった、子どもの自立を促す、ニートにしない・ニートをさせない教育が大切です。




おまけ:ニートの末路を教えてくれる恐怖の文章

俺思うんだよ
ネットにはニートが溢れかえってるけどその末路について語ってる人は非常に少ない
実際問題ニートの末路がどのようなものであろうとおそらくネットなんて使えなくなるだろう
ニートの末路を実際に味わった者がお前らに警鐘をならそうにも手段は失われてる
だからネットにはまだ余裕のあるニートが溢れかえって
「他にもいるしまだ大丈夫だろう」という意識に囚われるのかもしれない
実際にはネット世界のニートは野良猫のように2.3年で入れ替わって多くが悲惨な末路を送ってるんじゃないか…
そんな気がしてならない

お答えします。
例えば20代前半の若者を取引先の会社に行かせたとします。
そこでミスをした場合、会社としては「新人だから」という理由で言い訳できる余地はあります。
もちろん自分からは言いませんけどね、会社はそれを見越して行かせるということもあります。
相手もやさしいところだと「次はしっかりね」と言いますし
厳しいところでは「やっぱり上司のあなたが来てよ」となります。
そうなれば次に私が行ってフォローすることで、その後の仕事も円滑になります。
これにより新人教育もでき、私の仕事のネットワークも強化でき、一石二鳥となります。
しかし、それが30代後半や40代、つまり私と同年代の場合はどうでしょう。
今、あなたのことを言ってるんですよ。
あなたが同じシチュエーションで取引先でミスをしたとします。
「この年齢でこんなミスをする社員」
「この程度の社員にこの程度の会社」
「こんな社員をウチに寄こすとは舐めているのか」
と、あなたが低評価を受けるだけでなく、遣わした私の評価も下がり、引いては会社のイメージダウンとなります。
一般的な社会人・会社員としての仕事の経験が無い38歳―
これがあなたを採用できない理由です。
ご理解いただけましたか?
予想以上の大人気で品薄状態!残りわずか




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ