独身者が爆増中!なぜ現代の結婚と婚活は大苦戦するのか

現代結婚婚活事情

若者全体に広がる未婚率の上昇と、離婚率の上昇で、現代の婚活は苦戦必至の状況です。どうしてこんな状況になってしまったのか?それを調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

現代は初婚の年齢がぐっと上がってしまっている

昨今の日本人が結婚する年齢は上がり続け、平均の初婚年齢は平成25年厚生労働省の調べによると、男性30.9歳であり女性29.3歳となっています。

平成5年のデータでは男性28.4歳であり女性26.1歳だったので、実にこの20年で男性は2.5歳、女性は3.2歳も上がっていることになります。




しかも未婚率まで確実に上昇中

現代結婚未婚率

閲覧注意!婚活女の高望みコピペをかき集めたら負のオーラが凄い
高望みしがちなために、ネット上でなにかと叩かれる婚活女性。婚活女性に関する、ひときわ強力でまがまがしいコピペを調べてまとめま...

生涯未婚率も上昇し続けており、男性の約2割、女性は1割が一生独身だと言われています。

日本の人口というのは、第二次世界大戦中~戦後すぐに、ベビーブームが起きました。いわゆるこれが団塊の世代で、日本の経済成長に深く関わってきました。実はこのタイミングで日本では結婚相談所が誕生しています。
戦争で結婚適齢期の男性がたくさん死んでしまい、結婚したくても出来ない女性で溢れました。

ただし当時と比べても現代は結婚適齢期の男女の人口は激減しており、もはや自然に出会って結婚するにしても母数の関係でどうしても難しくなっている事実があります。

結婚したいなら婚活女性が知っておくべき4つのキツい現実
相手に気を使ったあいまいな言い回し、というものは情報が正確に伝わらなくなり、相手に誤解を与えることもよくあります。遠回しで、...

おまけに離婚率も上昇…

厚労省によると、離婚件数も平成14年までは上昇傾向だったが、同年の29万組をピークに6年連続で減少。しかし、結婚する人も減っており、離婚する割合で見ると増加している。
年齢別では男性が20~24歳、女性が19歳までの年齢で最も多く、おおむね若いほど離婚の確率は高かった。

「我慢」をしなくなった現代の男女

結婚離婚若者我慢

一昔前なら、年頃になれば結婚って常識だったよな。
古い言い方なら、「血筋」「お家」を守るって。男も女も覚悟を持って結婚した。
お見合いで相手が少しくらい気に入らなくても。そうやって必死に、命を紡いできたんだと思う。
その中で「幸せ」を見つけてきたんだ。
ところが今や「恋愛」の結果が「結婚」でしかない。
だから、相手への気持ちが覚めれば、すぐに浮気するし離婚だってへっちゃら。
そんな状況で、誰が結婚願望なんてもつんだ。
結果、独身の高齢化、少子化だろ?
どっかのだれかが絵図を書いてるんだよ。
バブル時代にメディアが大宣伝した、「金持ちの男以外はク.ズ」「女はキャリアウーマン」「主婦は奴隷」「アッシー、メッシー」ってアレだよ。
とどめに「不.倫は文化」「最後に愛は勝つ(恋愛至上主義)」なんかで核家族も息の根止めたから。

メディアが大々的にあおってきた恋愛至上主義が世間に浸透した結果、恋愛できなければ結婚しない、愛が冷めれば我慢しないでさっさと離婚、という考えが若者の間で主流になっているようです。



スポンサーリンク



わがままになりすぎた現代女性とそれに幻滅している現代男性

男性を信じられない(30代女性)

【相談】
私は男性を信じることができません。怖いというより、嫌い。話をしてもつまらない、頼りにならない、といった感情です。

東日本大震災の影響で不安が募り、若い男女に結婚志願者が増えているといいます。私はそれを聞き、「なぜ?」と思いました。知識を得ていけば、男性に求めなければいけないことなどそれほどないのではないかと思ってしまいました。

昔の日本男児だらけの日本であればそうは思わないと思いますが、現代男性のように打てば崩れる人たちに何かを求めようとは思えなくなってしまいました。現 在お付き合いしてくれる方がいますが、全くと言っていいほど普通のコミュニケーションを取ることを自分で制御してしまいます。

頼りにできない人間と結婚という形を取るのか、尼さんになることも手なのかもしれない。この状況を打開できる方法を教えてください。(静岡県 30代女性)

【回答】
男性に対する期待値が異様に高いため、自縄自縛で苦しんでおられる。それが、文面を拝見しての第一印象です。

男性に対して端的に興味がない人は、わざわざ「嫌い」とも感じませんし、「打てば崩れそうで頼りないからダメ」と、ことさらに否定したくもなりません。

「自分を楽しませられるよう、会話をリードすべきだ!」「頼りがいがあって、ただ一方的に自分を守ってくれる人であるべきだ!」。そうして幼児みたいに庇護されたい欲望を持っておられるがゆえにこそ、それを満たせない現実の異性に嫌悪感を抱かれているのでしょう。

けれども、よくよく考えてみれば、「頼りにできない人間と結婚かあ…」と迷っておられる傲慢さ以外に、いったいご自身は相手に何を差し出しているのでしょうか。

かつての「日本男児」ですら、徹底的な男尊女卑の特権を得ることといわば交換に、女性を庇護していたのです。現代のように男女平準化した時代に、何も差し 出さずに「ただ勇ましく庇護してほしいよー」と駄々をこねても、そんな人を心から愛し守ろうと思える聖人君子は、この世にいません。

ご自身の陥っている状況を客観視するには、反対側から考えてみるのが役立つかもしれません。
すなわち、「近頃の女性は、女らしいおしとやかさも、かれんさもないから好きじゃない」とスネている男性に対して、あなたはやさしく、ないしは女らしく振る舞おう、という気になるでしょうか。

「他人の過ちを大げさに取り上げることにより、イカサマ師は自分の過ちを見えなくしてしまう」とは、『法句経』に残る釈迦の言葉です。

「頼りがいのある男性に出会えないのは、自分の性格ゆえでは?」と、視線を180度転回してはいかがでしょうか。

回答者・小池龍之介 月読寺(東京都世田谷区)住職

以上の問答は現代の男女それぞれの結婚観を端的に表していると思います。

短期決戦がコツ!婚活で高望みを防止して結婚成功する3つの方法
早く結婚を決めないとどんどん年齢的に厳しくなっていくのは頭では分かっていても、「もっと良い条件の相手を!もっと頑張ればもっと...




男女共に相手に求める理想のハードルが上がりすぎた

男も女も相手に求めるハードル上げまくってんのに結婚できるわけないだろ

恋愛の最終到達点は結婚という日本人の古い価値観が根底にあって
昨今の経済事情、女性の社会進出、結婚への価値観の変化がある今
男女ともに恋愛が自身のライフワークにおいて優先順位が低くなってしまった事
男にとってはリスクを冒してまでも手に入れたい魅力的な女がいないという事実
女にとっては待ってさえいれば、いつか自分を理想の王子様が迎えに来てくれるバカな妄想
折衷案をお互い見つけようとしないから解決は無理だわ
国が問題の解消をするしかない

大学進学率が上がり、男女共に「大卒以外はお断り!」という考え(高卒の人を結婚対象外にすることで最初から選択の幅を狭めている)や、自分の幸福を大切にする個人主義の浸透が結婚のハードルを上げ続けているように感じられます。

また、ネット上に結婚のリスク・女性叩き・離婚率などの口コミが次々と寄せられていて、それを目にする多くの人達の結婚意欲をそいでいるのが現状です。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ