ある日突然性別が逆転!性転換モノのTS漫画の魅力解説

TSトランスセクシャルとは

性同一性障害で性転換手術を行う方もたくさんいますが、エンターテイメントの一分野として「ある日突然性別が入れ替わるTS物(トランスセクシャル物)」があります。

ハマる人はハマる、TS物の独特の魅力についてまとめました。

スポンサーリンク

TS物の解説

「TSマンガ」の「TS」とは「TransSe,xual(トランスセクシュアル)」の略で、いわゆる「性転換」を扱った作品の総称となっています。魔法、薬、呪い、病気、科学、超自然的な力など、原因はさまざまですが、完全な形で異性への変身を遂げるというところが特徴です。

TS作品は、主に

  1. 入れ替わり:(主に)2者の間で身体と心がチェンジする
  2. 憑依:他者の肉体の中に自分の精神が入りこむ
  3. 変身:自身の肉体が異性のものへと変化する

の3つに分類され、男性から女性への変化を取り扱った作品(いわゆる「女体化」と言われるもの)が多数を占めます。

マンガ作品では『らんま1/2』が代表的ですが、古くは大林宣彦監督の映画「転校生」が、“TSもの”のはしりとして有名です。




あまりに時代を先取りしていた「女らんま」の存在

TSトランスセクシャル女らんま

早乙女 乱馬(さおとめ らんま)は、高橋留美子の漫画作品及びそれを原作とするアニメ『らんま1/2』(1987年36号 – 1996年12号まで連載)に登場する人物。

中国での修行中、呪いのかかった泉で溺れてしまい、水をかぶると女になってしまう特異体質に……。日本に戻ってきた乱馬は、父・玄馬の友人である天道早雲のもとへ連れていかれるが、男なら娘の婿にと思っていた早雲は、乱馬が女だと知って大ショック。

水を被って女になった時は以下の特徴が出る。

  • 体格が一回り小さく、美人で、かなりグラ.マーになる。
  • 顔は母、のどかに似ている。
  • 髪の毛が赤くなる。
  • まぶたに薄くアイシャドウが入ることがある。
  • 男の時より身体全体が小さくなる。

ネット上でTS物が語られるときにはほぼ確実に女らんまが挙げられ、漫画におけるTS人物の始祖的な扱い。2010年代の今でも女らんまファンは非常に多い。



スポンサーリンク



TS物の大まかな3パターン

1『ライトTS』

いわゆる「え?これがボク!?」とかいう並男の子がトンデモ無い美少女になるけど、人格面は元からの美少女とちがい、周りは美少女として扱うけど本人はそういう扱いに慣れていなくて純真無垢というタイプ。基本的に変身に多いですね。
いじり方としては、周りの人間が、女の子らしくさせることで本人が恥ずかしがる様を楽しむというパターンです。
主人公が強気タイプかつ柔軟な性格だと、TS主人公を中心とした百合ハーレム展開に使える。
基本、恋愛対象が男女を問わずに選べる自由度が魅力的。

2『生まれ変わり系』

思考方法は純然たる女の子とは違うけど、肉体的にも精神面の根底も女の子。ただ、記憶として、女の子としてコレまで生きてきたのと同等orそれ以上の男として生きた歳月の記憶を物心付いた頃から持っているというパターン。
いわゆる「男の記憶はあっても、脳もホルモンバランスも完全に女」という事で、普通に男との恋愛が成立するので、ある種、男作者にとって描きやすい女主人公と言えなくもないと思えます。
さっぱりした気っ風のいい美少女キャラとして楽しむのが吉かもしれません。
それ以上に、第二次性,徴以前は前世に引きずられて男な人格なのが、第二次性.徴後に女の方に引きずられていくのを楽しむ事が可能です。

3『憑依的生まれ変わり』

人格及び思考その他が完全に前世のソレで憑依のそれに近いという物。うわべは少女を装えるけど、本質は男なので「性同一性障害」のソレに近い状態となります。
テーマとして重い物とか真面目に描かれたモノでは、「男との恋愛はおろか生,理すらも受入れられず、毎月錯乱状態になる」とかそれこそ必死に男の肉体を得ようと足掻く事になります。
萌えポイントは足掻き苦しむ様を楽しむという処。同情や憐れみ感覚で主人公を見守ることです。

TS物の魅力とは?

TS物魅力

最初は慣れない女の体に戸惑いながらも必死に男であろうと抵抗するが、様々なトラブルが原因で心が女の体に引っ張られていき、少しずつ思考が女に傾いていく過程がTS物の真の面白さ

突然、美少女になった親友の自覚のない言葉や態度に、自分の中の抑えきれない衝動に悩む男友達の視点も面白いかもしれない

肉体と精神のギャップから生まれる戸惑いや葛藤を味わうもよし、元の性別の時よりもずっと魅力的になった主人公たちに、いけないときめきを覚えてしまうもよし。

当ブログでの高人気TS漫画特集ページは↓からどうぞ。

http://iitokoronet.com/2016/01/17/post-6674/




おまけ:イカ娘の作者様が描いた女らんまが魅力的

イカ娘女らんま

イカ娘女らんま



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ