友達から債権者と債務者の関係に…関係を壊す借金の断り方

友人親族借金問題まとめ

人間の不幸の源は
無知、貧困、不健康

不幸の三大要素の1つが貧困…すなわち貧乏です。友人から「お金を借して…」と頼まれたとき、友情崩壊の序章が始まります。

友人から借金を頼まれたら、一体どうすればいいのか?友人からの借金問題についてまとめました。

スポンサーリンク

友人間のお金の貸し借りは高確率でトラブルを招く

友人お金貸し借り

貸した方と借りた方の温度差は大きい

貸した方は1日でも早く返してほしいと思っているし、貸した事を覚えているものです。

逆に借りた方は友達だから、家族だからと案外かるーく考える人が多いようです。貸した方の不満は貯まります。

友達だからこそ貸したくないという人も多い

借りる方は「友達なんだから貸してくれてもいいじゃん。」と思うかもしれませんが、貸す方は「友達だからこそ貸したくない」と思う方が大半です。

返済トラブルも多い

友達や家族との間での貸し借りでは最終的にトラブルとなる例も多いです。口約束で済まされることも多く、金額面や利息・利子などの件でトラブルになることも多いです。

これらによって関係が不安定になる

友達という関係から債権者と債務者という関係になります。借金が原因で親友といえる人、兄弟との関係が疎遠になった。喧嘩となってしまった。という話も良く聞きます。

借金で友情が瞬間消滅!友達だからこそお金の貸し借りはやめよう
今月の生計が苦しかったり、たまたま手持ちが無かったりで、つい友達に「ちょっとお金貸して」と頼んでしまうことがあります。しかし...
勉強も仕事も生活もだめなダメ人間の特徴と原因がかなり悲しい
何をやっても失敗続きだったり、自堕落な性格で努力や継続が無理だったり、ギャンブルや女遊びのような身を持ち崩す危険な趣味から抜...




お金は友情・信頼・人間関係などすべてを壊す

友人お金貸し借り

友人関係を持続させたいのであるならばお金の貸し借りは避けた方が賢明でしょう。お金が絡むと簡単に人間関係は崩壊します。

お金を貸す時はあげたつもりになって貸すのが一番でしょう。決して返済を期待してはいけません。

消費者金融やカードローンでの借金返済生活がもう悲惨すぎた
ある程度、真面目に社会人生活を送っていればまず関わることのない「借金」。しかし、金銭感覚が非常にだらしなかったり、「短期間で...

注意!友達・親類のこんな言葉から借金のお願いが始まる

事実の場合もありますが、借金のために嘘をついている事も多々あります。

友人の保証人になっている

友人の保証人になっていて、どうしても明日までに返済しなければならなくなった、なんて理由。

財布を落とした

「財布を落としてしまって、生活費が全部入っていたし、カードもないからお金も下ろせない」という場合。



スポンサーリンク



今月は葬式や結婚式などが重なって

冠婚葬祭の費用、とくに葬式の場合には予期せぬ急なことがほとんどです。

また結婚式の場合にはあらかじめ数ヶ月前に招待状が来て予定を組んでいるでしょうが、ご祝儀以外にも2次会の費用、そして女性の場合なら服代がかかるなど、すべてあわせますとかなりの出費になります。

うっかり家賃を滞納してしまっていた

「口座引き落としにしているが残高が足りていなかったようだ。今月は2ヶ月分支払わなければならない」

親が急病になった

遠くに暮らす親が事故や病気で倒れたという言い方もあります。

ルームシェア相手がいなくなった

ルームシェアをして広めの部屋を借りているという場合、「相手が急に引っ越すことになって次の家賃は一人で二倍払わないといけないんだよね…」などという口実

急に具合が悪くなり病院に行きたい

自分でも予期せぬ事態、しかも病院となれば、緊急事態ですから頼まれたほうも心配してお金を貸したくなります。

借金のお願いの上手な断り方とは?

友人親類借金断り方

私もお金がないんだ

「実は自分の借金の返済で、お金がないんだ」
「給料がカットされて厳しい」
「仕事が最近なくて」等、貸せない理由を具体的に話して理解してもらいます。

妻、または夫を理由にする

「結婚する時の条件が、『借金はしない、保証人にならない』だった」
「死んだ祖父が人にお金を貸して苦労したので、わが家の家訓になっている」

逆に貸してください

「ごめん、私も今持ち合わせがないわ」
「私もすっごい金欠。あなたの方が持ってるだろうから、むしろ貸して!」
毎回これを言う。

正論を盾に使う

『人にお金を貸すときはくれてやるつもりで貸せ。』
という信条でいます。
「なので、あげるわけにはいかないから、貸せません。」

『お金はあるけど(←ここ重要)お金は貸すのも借りるのも絶対にするなと親に固く言われてる。今までそれを守っている。それを破るのは親を裏切ることになる(←ここ重要)から貸せない』




お金を貸すときは最低限の「決まり事」を必ず作る

借用書をしっかりと書く

面倒くさがらずに、しっかりとした借用書を書きます。

返済期日はしっかりと定める

借用書に「いついつまでに必ず返済する」と期限を定めます。これで貸した方もある程度安心できます。さらに、返済が遅れた場合には違約金利を支払う旨もしっかりと記載します。

このような「お金の貸し借りの際の最低限の決め事」さえめんどくさがってやろうとしない人は、最低限の誠意さえ持たず、もはやどうしようもないだらしない性格で、将来的に借金を踏み倒す可能性大です。友人・親族の縁を切った方が良いです。

予想以上の大人気で品薄状態!残りわずか




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ