小説家になろう…異世界転生・チート作品ばかりなのはなぜ?

小説家になろうとは解説評価無料

サイトにユーザー登録すれば、自分用のブログやサイトを持っていなくてもお手軽に自作小説を投稿・公表できる「小説家になろう」。

人気作品は書籍化されたりもして、小説家になりたい人や小説執筆が趣味の人に注目されています。

しかし、その一方で過度にパターン化された作風や、ランキング上位に入るためには人気のパターンを模倣レベルで踏襲しなくてはならず、オリジナリティーが全然足りない!と各方面で酷評されることも…。小説家になろうについて色々調べてまとめました。

スポンサーリンク

「小説家になろう」とは?

小説家になろう解説評価

小説家になろうは、株式会社ヒナプロジェクトが提供する小説投稿サイト。作者登録することで、無料で小説をウェブ上に公開することができる。

ウェブ上で執筆が可能である点、携帯電話でも利用(執筆や閲覧)が容易い点で他サイトと異なる。

2004年のサイト開設当初は個人サイトとしての運営だったが、その後のアクセス数の増加により2008年よりグループによる運営に移行し、2010年に正式に法人化した。2014年12月現在、アクセス数は月間約9億5000万PV、ユニークユーザー数は約400万人。また、2015年03月15日朝、登録者数が55万人を突破した。

書籍化された「小説家になろう」掲載の作品も多い

  • ログ・ホライズン – 橙乃ままれ
  • 魔法科高校の劣等生 – 佐島勤
  • この素晴らしい世界に祝福を! – 暁なつめ
  • 白の皇国物語 – 白沢戌亥
  • 勇者互助組合 交流型掲示板 – おけむら
  • 悪役令嬢後宮物語 – 涼風
  • 死神を食べた少女 – 七沢またり
  • 勇者、或いは化け物と呼ばれた少女 – 七沢またり
  • 魔王はハンバーガーがお好き – 鏑木にのは
  • 竜殺しの過ごす日々 – 赤雪トナ
  • Re:Monster – 金斬児狐
  • 魔導師は平凡を望む – 広瀬煉
  • 本好きの下剋上 – 香月美夜




「小説家になろう」でランキング上位に入るための作品パターン

◆▼●今のなろう(2015年)で受けているもの●▼◆
【ジャンル】
・ファンタジーないし恋愛。ただし恋愛でもファンタジー要素はほぼ必須。このジャンル以外では、ランキング上位はまず確実に不可能です
【設定/世界観】
・世界観で受けるのは、いわゆる中世風ファンタジー世界でほぼ一択。現代ファンタジーはあまり好まれません
・中世風ファンタジー世界を題材に、MMORPG、転生or転移、最初からファンタジー、はお好みで
・いわゆる「ゲーム的な」ものが好まれやすいです。LVやステータス、魔法やスキルが存在し、職業:冒険者や、冒険者ギルドが存在するのがセオリー
【設定/主人公】
・主人公の性格を突飛にするのはいただけません。過剰な性格は嫌われます。クールキャラが無難な線です
・チート能力を最低一つ用意しましょう。現代世界出身の主人公の場合は、チートを得る前は不遇だった設定をつけるとなお良いでしょう。孤児、苛められっこ、引きこもり、ニート、フリーター、ブラック企業勤務、など
・読者の共感を得るためには、ある程度はオタク知識に通じている方がよいでしょう
【展開】
・なろうの読者の大半はストレスを嫌います。これを大前提として認識しましょう。下手をすると感想欄が大荒れし、メンタルの弱い方は最悪の場合更新停止に追い込まれます
・主人公は基本ageで。俺TUEEEも鉄板です
・敵キャラは基本sageで。好敵手な紳士キャラのように、強さも性格も主人公を超えるキャラはいただけません
・主人公敗北の展開は絶対に避けてください。敗北まではいかない逆境程度の軽いものでも、避けたほうが無難です
展開上どうしても必要な場合は、主人公が逆転する展開までを一気に投稿して読者を安心させましょう
・主人公の周囲の男女関係には気をつけましょう。恋愛やハーレムをテーマにしていなくても、最も読者が己の願望を投影する箇所であり、デリケートな部分です。例え主人公に明確な好意を寄せていないキャラでも、読者もそう思ってくれるとは限りません
特に、主人公に近い位置にいるキャラを主人公以外の人物とカップリングさせるのは止めましょう。フリーでいいじゃない
【その他】
・更新頻度は毎日が理想。更新頻度が高ければ、多少内容がしょぼくても読者がつく可能性が高まります

ネット上でも「小説家になろう」のパターン固定現象は酷評される

最近の短編は90%近くが悪役令嬢(※大体が悲惨な最期になるはずの乙女ゲームの悪役の令嬢に転生するけどそれを回避しようとする話) お手軽感が半端じゃない



スポンサーリンク



異世界飛べばウケるんだな

一度流行るとみんな書き出すからな
商業でも流行りがあるのにパクりにゆるいなろうならなおさらよ

異世界ものが多いってもんじゃない

こんなんで小説とかw
ゲームとかアニメのうっすいシナリオみたい
実に想像力に乏しいオタクの世界

異世界、転生、トリップ、チート、ハーレム
異世界、転生、トリップ、チート、ハーレム
こんなんばっか

小説家になろうの作風は「なろう系」

2014年ごろから、本サイト出身のライトノベルなどを総称して「なろう系」と呼ぶ動きがメディア等で出つつある。

一般的に「なろう系」の作品は「オタクの「満たされない」欲望を擬似的(安易に)に「満たして」くれる作品」と定義される。

具体的には「現代社会で生活する平凡な主人公がファンタジーな異世界に放り込まれ、活躍する」というタイプの作品を指すことが多い。「なろう系」を好む読者の傾向としては「(主人公が)努力すると感情移入ができない」という意見が多いという。




努力が嫌いな(?)現代の若者たち

小説家になろう努力

今漫画やラノベの世界で努力という概念が軒並み排除されている傾向が気に掛かる
若者たちも薄々努力だけではどうにもならない自分たちの人生を感づいてるんだろうな

商業誌の漫画やライトノベルはメインの若い読者層のウケを取るために、若者の願望を反映し同時に触れたくない事実・現実には触れないように作品内容をその年その年ごとの世相に合わせて調整しています。

「小説家になろう」でウケるパターンを見るに、「小説家になろう」の読者たちは「めんどうくさい努力をせずにチート能力を得てニート・引きこもり・フリーターのような立場から一発逆転・一気に問題解決・その世界で無双したい」という願望を潜在的に抱いているようです。

近年、日本でも格差論が唱えられ始め、「才能>努力」の考え方が若者の間で主流になりつつあり、「努力をしないで圧倒的才能が欲しい!」と「小説家になろう」の読者のみならず多くの人が思うようになるのは自然な流れかもしれません。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ