気分や行動に表れるうつ病の前兆…サインを見逃さずうつ回避

うつ病サイン前兆

疲労は回復しない。溜まり続けて一定量を超えた時に人は壊れる。

うつ病は本当に、本当に、恐い病気です。ブラック企業の劣悪な労働環境や、仕事が自分の性格に合わずに毎日思い悩んでいるようだったら、うつ病になる前に転職しましょう。一度うつ病になってしまったら、ある意味手遅れです。

うつ病を回避するための、うつ病の前兆・サインを調べました。

スポンサーリンク

うつ病の主な症状

うつ病症状

【気分や行動面】

●憂うつ感、絶望感、悲しみなど、沈んだ気持ちが続く。

●意欲が湧かず、何も楽しめない(楽しくない)と感じている。

●ささいな出来事や他の人の言動で、自分を責めてしまう。「自分という人間には価値がない」という思いが強い。

●気力が低下し疲れやすい。思考力や集中カが低下している。仕事や日常生活において、作業能率が落ちている(あるいは、そう感じる)。

【身体面】

●重く締めつけられるような頭痛。

●腰痛、肩こリ、身体の節々の痛み。

●食欲不振、胃の痛み。

●発汗、息苦しさなど。

絶対回避せよ!うつ病は心の風邪どころじゃない怖い病気
ブラック企業の特徴や危険なところがネット上で情報交換されるとともに、ブラック企業の激務と悪質な労働環境で心をやられた人が「う...




うつ病の始まりはこんな現象が起こる

最初は出社拒否でした。そして対人恐怖症、自,殺願望でしたね。

毎日イライラしてました。
ネガティブ思考になり常に嫌なことばかり思い浮かびます。
休みは何もする気がなく寝てることが多くなります。
自分の場合、これが2ヶ月続きました。この時は特に身体的に異常がなかったので鬱とは思わなかったです。
その後、急に動機や不眠や体が痛いなど症状が出てきました。
病院で検査をしても異常なし。
そこで、もしかしたらと思い心療内科に行ったら鬱でした。

何かに取り残されそうな焦燥感や
全く理由もなく、とにかく悲しくて辛い。
という日々が続いたことでしょうか。
また、月に1度くらいの割合でどうしても布団から出られない日がありました。

自分の場合前兆は
ネガティブ思考
寝れない
脱力感
憂鬱感
死への願望
でした

まず、不眠から始まり、意欲低下、注意力低下、判断力低下、短期記憶の低下(例えば今聞いた事を歩き出した瞬間に忘れる等)、焦燥感、孤独感などです。
何年間もやってた仕事なのに、本当に簡単な書類を間違えたり、計算ミスしたりが続いた時は、認知症になったのかと思いました。
トップ上司からの罵倒や嫌がらせは、ずっと続いていた為 そのうち会社に出勤するのが怖くなり、それに合わせるように体調も悪くなりました。
毎日毎日、何かに追い詰められてるような感じでした。

会社員が死んだ目で通勤し壊れていく原因の8種類の精神ダメージ
ブラック企業・ホワイト企業の種別を問わず、仕事をするのがあまり好きでない多くの会社員にとっては、「会社の中で働かされる事その...
強迫性障害…病的に何度も確認したくなる神経症の不安障害
外出した後に、「ちゃんと鍵をかけたか?」「ちゃんと電灯を消したか?」「ちゃんとガスの元栓を閉めたか?」と気にしてしまう事の強...
優しい良い人が損である5つの理由と現代の新しい優しさの提案
生まれつきの聖人的な性格ゆえだったり、弱さゆえに相手にゆずってばかりの「いい人」は、損ばかりしていて良くない……というのが近...

絶対見逃すな!うつ病の前兆

うつ病前兆サイン

うつ前兆…心編

(1)憂うつ

常に物事を悲観的に考えてしまう、落ち込んでいる



スポンサーリンク



(2)おっくう感

趣味が急に楽しめなくなる、外出や家事、仕事が面倒になる

(3)焦りや不安感

常にイライラしている、常に不安を感じている

うつ前兆…体編

(1)睡眠パターンが変化した

朝早く目が覚める、夜中に何度も目が覚める、眠れない

(2)食欲や体重が変化した

食べてもおいしくない、食べても食べても満足できない、体重が急に減った、または増えた

(3)疲労感や体の不調がある

朝からだるい、常に疲労感がある、頭が重い、肩や首がこっている、下痢や便秘が続く

うつ前兆…行動編

(1)遅刻や欠勤が増えた

(2)会社に行きたくない朝が多い

(3)誰かと話す時間が面倒になる

(4)自分に否定的な言葉を人前で使っている

これらの心の状態・体の状態・行動の異常が10日から14日以上続く場合は要注意です。
自分の心の状態を客観的にチェックしてみてください。

このサインが出たら崩壊直前の、心と体と物事全般の限界の前兆
過労とストレスと不安が身近な現代では、心身の限界に達することも珍しくはありません。そして、限界を超えると人間は壊れます。 ...
うつ病やパニック障害等の精神疾患の引き金になる5つの危険原因
精神が病む原因は、生まれつきのものから、自身が置かれている状況まで、ある程度パターンが決まっています。そのパターンをわかりや...

仕事以外でも日常生活の中にうつになる原因はある

うつ病は、何らかの過度なストレスが引き金になって起こることもあると考えられています。
さまざまなストレスのうちで特に多いのは「人間関係からくるストレス」と「環境の変化からくるストレス」です。

うつ病は意外と身近に潜んでいるという注意と危機感を忘れずにいましょう。

仕事に関すること 昇進、降格、失業、仕事の失敗、定年
健康に関すること 月.経、妊.娠、出産、事故、からだの病気
家族に関すること 子どもの就職・結婚、家庭内の不和
お金に関すること 貧困、税金問題、相続問題
結婚に関すること 婚約・結婚、異性関係
状況の変化 旅行、引っ越し、転勤
喪失体験 近親者との死別・離別、病気

セロトニンの合成でうつ病の予防と回復を

「うつ」はセロトニンの活動が弱ってしまい発症するといわれています。うつになってしまうとなかなか立ち直ることができませんし、病院に通うことになります。

しかし早期のうつは必ず直ると言われています。

神経伝達物質であるアドレナリン、ノルアドレナリンは生きる意欲のためには必須の成分です。これらの指揮をとるセロトニンを摂取して不足させないことが、うつの予防や、軽いうつ状態の方には効果的と言われています。

ストレス減少やうつ病予防!幸福度が増すセロトニンとは?
体内に分泌されると幸福感を味わえると言われる脳内物質の「セロトニン」。人生における幸福や、あまりに怖いうつ病を予防のためにも...
食事と日光でセロトニンをガンガン合成し化学的に幸福な生活
幸福な気分になれるとされている脳内物質の「セロトニン」は、あまりに恐すぎるうつ病を予防し、精神を安定させて、人生を満ち足りた...




うつ病の前兆を感じ取ったらとにかく休養を!!!

うつ病治療休む

うつ病の治療でとにかく重要なことは、「休む」ことです。
とくに、抑うつ症状が強い時は、原因となっているストレスから完全に離れて、低下したエネルギーを充電しなくてはなりません。
うつ病になる方には、きまじめな方が多く、休むことに抵抗感や罪悪感を感じ、何とかがんばって休まないようにしようと思いがちです。
でも休養が必要なときには、むしろ意識して休むようにすることがとても大切です。
うつ病が病気であることを理解し、医師に休むことを勧められた場合は、思い切って仕事・家事や学校を休み、「なにもしない」ことに専念しましょう。
場合によっては、入院するのも有効な方法のひとつです。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ