HUNTER×HUNTER バトルに念能力にゲーム要素…面白休載漫画

ハンター×ハンター評判

他の漫画とは全く違う次元の面白さ、そして異常な休載率の高さ。作品が載ったり載らなかったりするのは、作者の天才ゆえのきまぐれさが原因なのか。

今もなお連載再開が待ち望まれている、面白い漫画の代表格のハンター×ハンターの紹介です。

スポンサーリンク

ハンター×ハンターとは?

「HUNTER×HUNTER」は、1998年より週刊少年ジャンプにて連載中の漫画作品。作者は冨樫義博。主人公・ゴンが「ハンター」を目指す、少年バトル漫画に属するが、伏線が計算されたストーリー展開、高度な心理戦などが特徴。




ハンター×ハンターのストーリー

くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、幼少期に森で巨獣に襲われている所をハンターの青年・カイトに助けられた。

ゴンはこの時、死んだと思われていた父親・ジンは生きており、優秀なハンターとして活躍していることを知る。ハンターに憧れを抱く様になったゴンはハンター試験の受験を希望。

ジンを快く思っていない里親・ミトの出した条件をクリアし、ハンター試験会場へと向かうべく故郷を旅立った。

ハンター×ハンターの魅力と特徴

ハンター×ハンター魅力特徴

少年漫画にありがちな善悪二元論に収まらず、複数の価値観を要素としている。人間の持つ「闇」や「負」の面にスポットが当たることが多い。
主人公たちだけでなく、脇役や敵キャラクターの心理や思考も詳細に描写されている。また様々な立場や思惑が交錯し、複雑で多面的な構成をしている。

総じて作者ならではのアイデアと、予測のできないストーリーが高く評価されている。

残酷で容赦のない展開が描かれ、作者曰く「主人公を殺すつもりで描いている」との事。特にキメラアント編ではこれまで以上に過激な描写が描かれた。

作品に出てくる人物が誰も彼も世界の超一流どころ

ハンター×ハンター

ハンターという超稀少な職業

怪物・財宝・賞金首・美食・遺跡・幻獣など、稀少な事物を追求することに生涯をかける人々の総称。

プロのハンターの資格を得るには、数百万分の一の難関と言われるハンター試験を突破しなければならない。しかし、この試験に合格してもさらに念能力を試す裏試験があり、これも突破しなければ一人前のハンターとはされない。

ハンター×ハンターの登場人物はほとんどが上記のプロハンターや、プロハンターでも苦戦・死亡する強敵ばかりなので、彼らの利己的な行動や思考法は常人とは一線を画します。現実世界の一流人の考え方や住んでいる世界を知るにはハンター×ハンターを読むべし!

欲しい!!便利すぎる念能力

ハンター×ハンター念能力

念能力は、オーラの使われ方によって6つの系統に分類される。念能力者は例外なくこれらのいずれかの系統に属した性質を持っており、それがその者の「才能」でありその系統の能力を最も高いレベルまで身に着けることができる。

作中ではオーラを電気に変える・物体を小さく収納するふろしきを具現化する・相手の念能力を盗んで自在に使う・1ヶ月先まで的中率100%の予知能力などのような念能力がたくさん登場していて、「こんな念能力が欲しい!」「この念の系統になりたい!」とあれこれ妄想にふけることは必至。



スポンサーリンク



ハンター×ハンターの人気の高いキャラ

戦闘の天才…不気味な奇術師ヒソカ

ハンター×ハンターヒソカ

天才的な格闘センスの持ち主で、並みのプロハンターでは束になっても太刀打ちできない。才能のある強者を見つけては、命がけのタイマン勝負を吹っ掛ける戦闘狂。

自分の趣味をスムーズにする資格を得るために、ハンター試験を受験する。そこでゴンと出会い、自らの獲物とする。

ヒソカの念能力の伸縮自在の愛(バンジーガム)は自身のオーラをガム(粘着性)とゴム(弾性)両方の性質を持つものに変化させる。よく伸び、すばやく縮む。

使用の際特に制約は無く、直接的な攻撃力も無い能力だが、ヒソカの頭脳と合わさることで非常に幅広い応用力を発揮する。防御・敵の行動の妨害・ゴムの収縮による瞬間的移動など、攻防はもちろんいろいろと戦闘を有利に運べる能力で、とっても便利。ヒソカの敵側からしたらゴキブリホイホイの粘着シート上で戦わされるも同然なので最悪的にやっかいな能力かも。

可愛い外見に反して最強・最凶レベル…王直属護衛軍ネフェルピトー

ハンター×ハンターネフェルピトー

キメラアントの王直属護衛軍の一人。最初に産まれた軍団長で猫型の蟻。
通称ピトー。一人称は「ボク」。猫語口調で語尾に「~ニャ」と付けることが多い。
性格は気まぐれでかつ移り気。楽しいことにはつい夢中になってしまうタイプ。逆に興味がないことにはとことん無関心。

外見に反して圧倒的な強さを誇る。ネテロをして「あいつ、ワシより強くね?」と言わしめたほど。

登場した当初はカイトやポックルの殺,害で、読者には絶望的な恐怖感を与え、無邪気で容赦のない残酷さが際立つキャラクターだったが、話が進むにつれどんどん人間味を増し、大切なものを守るために戦う姿が描かれた。
またデザインも初期の無機質で中性的なデザインから感情豊かな可愛らしい容貌へと変化している。

攻撃力・防御力・念能力の規模も人間のそれとは完全に別次元。はっきりいって人間の手にはまったく負えない化け物そのもの。

オレでなきゃ見逃しちゃうね。ハンターハンターの名わき役13選
世界中の超一流人がぶつかりあう漫画「ハンターハンター」は、読者を一気に物語の中へと引き込む吸引力が特に有名ですが、登場人物の...

ハンター×ハンターは独特の緊張感が魅力

ハンター×ハンター

実力差が大きい敵との死闘や接触ばかりの漫画なので、「お気に入りのキャラが死ぬんじゃないか…」と不安でページをめくるのが恐い、作者によって上手に演出された緊張感・作中雰囲気に引き込まれる力が魅力。実際に死ぬことも多数。

ハンター×ハンターの購入は↓からどうぞ!




おまけ:ブログ管理人の念の系統

ハンター×ハンター念系統

こちらの念能力診断サイト様でブログ管理人の念の系統は「特質系」だと判明しました。

ハンター×ハンターの作中では、特質系は希少価値が高くて他に類を見ない珍しい能力を使える反面、攻撃用には向かない能力です。




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ