やる気を出す働きの神経伝達物質ドーパミンを食事で増やせ

ドーパミン効果働きやる気

幸福度の増大やうつ病の予防に大きく貢献する神経伝達物質のセロトニンの特集を組んできましたが、セロトニンと同じくらいに重要な、やる気の元になる脳内神経伝達物質のドーパミンについて調べてましめました。

スポンサーリンク

ドーパミンとは?

神経伝達物質です。生体内でチロシン由来のドーパから合成されるほか、ノルアドレナリンやアドレナリンの前駆物質にもなります。

快の感情や意欲などに関係する重要な役割をはたします。




ドーパミンの体内での役割

ドーパミン役割働き

意欲や学習を強化する

ドーパミンが分泌されるのは嬉しいことがあった時や、体を動かすときのほか、危険を避けるといった学習が行われる時です。

アドレナリンの材料になる

ドーパミンはそれ自体の働きのほか、同じく神経伝達物質であるアドレナリンやノルアドレナリンの合成材料としても重要です。

(アドレナリンとノルアドレナリンは生命の危機・不安・恐怖・怒りを感じたとき、あるいは集中力を要求されるようなときに分泌されるホルモン。

アドレナリンが体内をめぐって各臓器に興奮系のシグナルを送るのが主要な役割であるのに対して、ノルアドレナリンは神経伝達物質(俗に脳内ホルモンとも呼ばれる)として私たちの思考や意識を活性化する役割を担っている。

ノルアドレナリンとアドレナリンの違いは、ノルアドレナリンが「怒り」に対して多く分泌され、アドレナリンが「恐怖」によって多く分泌されるという点)

意欲や学習を強化する

ドーパミンが分泌されるのは嬉しいことがあった時や、体を動かすときのほか、危険を避けるといった学習が行われる時です。

ニューロン間の伝達

ドーパミンは、脳のニューロン(神経細胞)どうしの間で刺激を伝えるために使われます。そのため、ドーパミンが不足するとニューロンの働きが低下してしまいます。

再利用される

ドーパミンは、必要なときに分泌されて受容体に作用します。
役割を終えたドーパミンはトランスポーターというタンパク質の働きで回収されて再利用されます。

ドーパミンによる精神効果

ドーパミン効果精神

やる気を出してくれる

ドーパミンが分泌されると快の感情が得られ、直前にとった行動に対してやる気がおこります。
課題の達成後に「休憩を取る・欲しい物を買う」等のご褒美は有効なのはドーパミンによるこの学習の仕組みがあるからです。

行動する前のご褒美は、行動に対する意欲を下げてしまうので控えるべきです。また、なるべく行動の直後にドーパミンが出るようにするのが効果的です。

大人のつまらない人生をわくわくしたモノへ変える3つのヒント
大人になると、どうしても経験済みの事ばかりで初めてのどきどきわくわくが減ってしまったり、会社勤めのせいで毎日の変化がとぼしい...

ドーパミンとうつ病の関係

行動意欲の低下するうつ病などの精神症状は、ドーパミンを受け取る機能が低下しているために、行動に対する意欲が湧かなくなると考えられています。

絶対回避せよ!うつ病は心の風邪どころじゃない怖い病気
ブラック企業の特徴や危険なところがネット上で情報交換されるとともに、ブラック企業の激務と悪質な労働環境で心をやられた人が「う...

ドーパミンの元になる食べ物

ドーパミン食べ物

ドーパミンの元になる栄養素はチロシンというアミノ酸から作られます。チロシンは体内でフェニルアラニンから合成されます。



スポンサーリンク



チロシンを多く含む食品

大豆製品
湯葉(乾燥)・きな粉・高野豆腐

肉類
鶏肉・豚肉

魚類
かつお節・しらす干し・まぐろ・かつお

ナッツ
アーモンド・ピーナッツ

乳製品
牛乳・ヨーグルト・チーズ

生命力が低くて生きるのに向いていない人の3つの原因と改善策
「やってやる!」という意欲と反骨精神が根本的に欠けていて、生命力にとぼしい「生きるのに向いていない人」は現代の競争社会で脱落...

納豆がすごい…すごすぎる…チロシンまで含んでいた!

納豆では長く発酵させると、大豆タンパク質の分解が進み水に溶けにくいチロシンが豆の表面にプツプツと現れる。食感もジャリジャリとした感じになる。この状態を納豆業界では「チロっている」と呼んでいる。

ハゲ改善にうつ病予防に美容…納豆の栄養と健康効果まとめ
日本独特の大豆発酵食品として、好きな人と嫌いな人がはっきり別れる「納豆(なっとう)」。映画や漫画などでは外国人が納豆に不快感...

10℃以上の場所に長時間おいていたり、賞味期限が過ぎた場合に、発酵がすすんでチロシンが発生します。

納豆がセロトニンの材料となるトリプトファンだけでなく、ドーパミンの材料のチロシンまで含んでいたとは…。納豆の精神向上効果は凄すぎます!

ストレス減少やうつ病予防!幸福度が増すセロトニンとは?
体内に分泌されると幸福感を味わえると言われる脳内物質の「セロトニン」。人生における幸福や、あまりに怖いうつ病を予防のためにも...




ドーパミンを分泌させる行動

・笑う
例え作り笑いでも、「笑う」という行為はドーパミンを分泌します。医学的にも笑うことで、脳が活性化される、免疫力がたかまることが証明されています。

・歩く
適度な有酸素運動は、ドーパミンを増やします。階段を使うなどで、全身に酸素が行き渡る運動は効果があります。

・小さな達成感
小さな目標をやり遂げる。この達成感は脳が命令して、ドーパミンを放出します。パソコン周りの、整理整頓とほこりを取る。これにまず着手…。

・自分に小さなご褒美
代表的なのはコンビニに寄って、スイーツ売り場を物色する。「食べる系」が手っ取り早くていい。

・レバーなどを食べる
セロトニンとドーパミンが体内で分泌されやすくなります。

すごーい!いつでもフレンズたちに会えるー!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ