世界樹の迷宮シリーズ 高難易度とキャラ絵が魅力でおすすめ

世界樹の迷宮評判おすすめ

ダンジョン内のボスとの戦闘直前でセーブポイントが設置してあったりする、最近のぬるい仕様のゲームとは違う、かなりシビアなゲームバランス。雑魚戦でもまさかの全滅連発!

全滅死の時に味わう暗い快感と素材集めの面白さが独特のクセになる、世界樹の迷宮シリーズの紹介です。

スポンサーリンク

世界樹の迷宮とは?

世界樹の迷宮特徴解説

『世界樹の迷宮』とはATLUS製作のRPGおよび、その続編からなるシリーズ。
現代の技術と視点においてWizardryを作るとどうなるか」というコンセプトのもと、レトロな雰囲気・システムと、タッチパネルなどの現代の技術が融合したRPG。

オールドゲーマーを中心に発売前から口コミなどで話題となり、若年層にまで人気が波及、世界樹の迷宮1の発売後しばらくは各地で品切れを起こした。

音楽をイースなどで有名な古代祐三が担当。古めかしさや懐かしさを感じさせる作中曲は人気が高く、オリジナルサウンドトラックおよびアレンジCDが発売されている。

キャラクターデザインは日向悠二によるもので、その画風からいわゆる萌えを意識したものととられることも多いが、特に製作側が狙ったものではないらしい。

2008年2月21日には2作目にあたる『世界樹の迷宮II 諸王の聖杯』が発売されて以降シリーズ化し、2015年までの時点で4作、『新・世界樹の迷宮』シリーズ2作に加え、『世界樹と不思議のダンジョン』や『世界樹の迷宮モバイル』などの派生タイトルも登場し、なかなかに息の長いシリーズとなっている。




その難易度の高さが世界樹の迷宮シリーズ最大の特徴

世界樹の迷宮全滅hage

難易度は高く、少しの油断や僅かなミスが全滅を招く、比較的シビアなゲーム性でも知られる。

マップ上に視認できる強敵「F.O.E.」に遭遇、予想外の強さに即全滅などザラにある。終盤には味方HPの限界を越えるダメージを与えてくる者さえいる。

雑魚戦だからと気は抜けず、時に悪夢のようなコンボで全滅することも(よく知られるものに眠り→全体攻撃→全滅、通称「エトリアの悪夢」と呼ばれるものがある)。上級者になると、次はどんなパターンで全滅するのかと楽しみにするようにすらなるという。

恐すぎ…パーティーを追いかけてくる難敵の「F.O.E.」

世界樹の迷宮F.O.E.

F.O.E.とは世界樹の迷宮シリーズで登場する、フィールド上で視認できる強敵の事である。Field on Enemyの略とされる。

多くのF.O.Eは非常に強いという特徴がある。RPGでいう中ボス的な存在ではなく、戦えば死ぬというレベルの恐怖の対象であり、ゲーム内でも戦闘は避けるべき存在であると説明される。

F.O.Eは避けるべきものであるため、ほとんどの場合F.O.Eと遭遇しないように回避しながら迷宮を探索できるようになっている。 そのため、F.O.Eの移動パターンを把握し如何に回避できるかが探索においての1つのポイントとなっている。

当ブログでの世界樹の迷宮シリーズで全滅しがちなポイント特集は↓からどうぞ。

大自然の脅威!世界樹の迷宮シリーズで全滅しがちなポイント
もはやすたれて久しい3Dダンジョンを現代に新しい形で蘇らせ、高難易度と迷宮探索のどきどきわくわくがクセになる人気ゲーム「世界...



スポンサーリンク



世界樹の迷宮シリーズの面白さ

高い難易度は人によって好き嫌いが別れますが、やりがいと緊張感はあります。

職業によって能力の個性が全く違ってくるので、好きな外見の職業を選ぶも良し、欲しい能力をもつ職業を厳選して自分なりの戦略を組んでいくのも良し、そして全滅必至のF.O.E.をいかに避けるかいうダンジョン探索の知恵を付けていくという「考える楽しさ」が他のRPGよりも優れているのが世界樹の迷宮シリーズの面白さです。

世界樹の迷宮はキャラクターデザインも魅力の1つ

世界樹の迷宮キャラクター

キャラクターデザインは日向悠二によるもので、その画風からいわゆる萌えを意識したものととられることも多いが、特に製作側が狙ったものではないらしい。

どことなくあか抜けない、しかしそれでいて味のある可愛らしい画風になっている。

その職はハデだけど死にやすい!RPGのなってみたい職業12選
つい先日から、「世界樹の迷宮Ⅳ」をプレイし始めたブログ管理人。シリーズを通して共通している相変わらずの高難易度に、楽しみつつ...

万人向けに生まれ変わった新・世界樹の迷宮シリーズ

新・世界樹の迷宮

『世界樹の迷宮』シリーズの新たな展開として作られた3DS用ゲーム。

過去シリーズが『Wizardry』以来の伝統に則り、キャラクターはすべてプレイヤー自身で想像・創造するものであったのに対し、

新・世界樹の迷宮シリーズでは予め使用可能なキャラクターが固定されており、明確なキャラクターごとのストーリーが存在するという、一般的なコンピュータRPGに近いものとなったのが大きな特徴(なおキャラクター育成自体は従前のシリーズ通りの自由度)。

世界樹の迷宮2の名作コミカラズ

世界樹の迷宮2六花の少女

ハイ・ラガード公国の天空高くまでそびえる“世界樹の迷宮”――。
無数の危険な動植物が生息するその広大な迷宮には、数多の冒険者が様々な目的を胸に群れ集う…。
そんな迷宮と冒険者の街ハイ・ラガードを、新たに一人の少女が訪れる。
少女の名はマナリィ。幼い頃に、この街を離れた彼女が、新米ガンナーとして帰って来たのだ。
彼女が命を賭して迷宮に挑む理由とは何か? 少女の冒険が今、始まる!

FLIPFLOPsによるかわいらしい絵柄は原作のキャラクターデザインに近く、後のシリーズのコミカライズの中でも原作の雰囲気が掴み易い部類。
基本的に明るめな作風ながら、迷宮内の過酷なサバイバル要素もしっかりとあり、原作ではゲーム画面の関係で掴み辛かったモンスターの大きさや脅威が伝わりやすい。
ゲームでは想像するしかなかった各クラスの戦い方を始め、ガンナーが使う術式弾の設定等も登場する。
ちなみに作画のFLIPFLOPsも前作「世界樹の迷宮」からのファンである。
漫画終盤の味わいのある雰囲気やオチは必見。世界樹の迷宮プレイヤーでなくとも、漫画単体で充分に楽しめるクオリティーなので、ブログ管理人の大切なコレクション漫画の1つ。残念ながら絶版されてしまっているようなので、ぜひ中古本を探してでも読んで!

駿河屋 古本もゲームもネットで最安の激得ネット通販サイト
駿河屋(するがや)は古本や中古ゲームやフィギュアや同人誌をネット最安で購入するために欠かせない、大手通販サイトです。賢く駿河...

世界樹の迷宮の購入は↓からどうぞ!




おまけ:世界樹の迷宮の類似作…セブンスドラゴン

セブンスドラゴン

キャラクターデザインの雰囲気や戦闘のスタイルなど、世界樹の迷宮と類似する部分が多い。世界樹の迷宮が好きならセブンスドラゴンもおすすめ。イラストレーターのモタがデザインした各キャラクターがとっても可愛い。

セブンスドラゴン…星を侵略する竜を狩るキャラが可愛いRPG
人類にとって極めて有害な花「フロワロ」によって地表のほとんどが覆われ、さらには大量のドラゴンが世界を侵略していく、スタート時...

2017年冬アニメの視聴継続中の作品 第1位!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ