知的労働者は必見!脳の疲れを取る食べ物や回復方法まとめ

頭脳疲労回復方法

長時間パソコンや書類に向かって仕事を続けていると、6~8時間はしっかり眠ったのに、翌日もなんだか頭が重い…。それは脳の疲労が抜けていない証拠です。デザイン系や物書き系の、創造の割合が高くてアウトプット量が多い種類の仕事は特に脳が疲弊しています。

社会人のみならず、日々の勉強で脳を酷使している学生の方も必見の、頭脳労働の疲れをすっきりと取る疲労回復の方法のまとめです。

スポンサーリンク

翌日も脳が疲れたままの原因

仕事などで長時間「過度な情報」を脳で処理するといったストレスが溜まると、脳が正常に機能しなくなり、脳の働きが低下してきます。

徹夜が続き翌日も仕事で脳の疲労感が回復しないまま仕事をしたり知的な作業を行うことで少しづつ脳の疲労が蓄積してゆきます。

人をしのぐのも楽じゃない!頭が良い人の人生特有の6つの傾向
魅力的な能力の1つである「賢さ」。頭の良い人は、どんな人生を送っているのかを調べてまとめました。 頭が良い人の人生...




頭脳疲労の状態と症状

頭脳疲労状態症状

脳疲労が続くと、思考がはっきりしなくなったり頭痛がしたりするようになります。頭にモヤがかかったような状態になる人もいれば、物忘れが多くなるという症状もあります。

思考能力面では以下のような症状が出ます。

  • 集中できない
  • 考えるのが面倒
  • 記憶力の低下
  • もの忘れ
  • 理解力の低下
  • 判断力の低下
  • 表現力の低下
  • コミュニケーション低下
  • 思考力が低下
  • 作業効率の低下
  • 注意力の低下
  • ミスの増加

肉体面では以下のような症状が出ます。

「ホルモン分泌」や「免疫機能」「食欲のコントロール」といった機能が低下し、「疲労感」「ヤル気が出ない」「身体がうまく動かない」「不眠」「食欲不振」といった症状が出る。

やる気を出す働きの神経伝達物質ドーパミンを食事で増やせ
幸福度の増大やうつ病の予防に大きく貢献する神経伝達物質のセロトニンの特集を組んできましたが、セロトニンと同じくらいに重要な、...

頭脳疲労はうつ病の原因にもなる恐い状態

脳疲労がうつ病を引き起こすこともあれば、うつ病の症状の一つとして脳疲労が発現していることもあります。

「あー、頭疲れてるなー」などと軽く考えず、積極的に脳の疲労を回復させましょう。

絶対回避せよ!うつ病は心の風邪どころじゃない怖い病気
ブラック企業の特徴や危険なところがネット上で情報交換されるとともに、ブラック企業の激務と悪質な労働環境で心をやられた人が「う...

頭脳疲労の主な回復方法

頭脳疲労回復方法

食事による頭脳疲労の回復

栄養や食事によって、脳疲労を回復することができます。
即効性が高いものは、水を飲んだり、温かい飲み物を飲むことです。



スポンサーリンク



脱水症状は脳への血流を悪化させるものの、仕事中の水分補給は意外とおろそかになりがちです。
特に温かい飲み物は、血液循環を良くするだけでなく、副交感神経に働きかけることで気持ちを落ち着かせ、 不安やストレスを軽減してくれます。

脳の機能を向上させたり、脳疲労を回復してくれるサプリメントが多く存在します。
イチョウ葉は血流を改善し、脳疲労を回復してくれる効果があり、 また、チロシンは集中力を強化するサプリメントとして知られています。

運動による頭脳疲労の回復

運動は主に脳の血流を良くし、ストレスを軽減することで、脳疲労を回復します。

ジョージア大学で行われた運動と脳の研究によると、簡単な20分程度の運動によって、 仕事の処理能力や記憶力が大幅に改善すると発表しています。

20分という時間は、多くの人が「血流が良くなって、頭がスッキリし始める。」と感じる時間で、 運動強度が強い場合、それ以下の時間でも効果があります。

職場や学校でできる運動は限られるものの、 脳疲労を回復する即効性のある運動としては、 ストレッチ、体操などの軽い運動、散歩、立って作業する、などです。




その他の頭脳疲労回復効果が大きい行動

頭脳疲労回復効果

目・首・肩を温める

目元や首、肩を温めると脳への血流がよくなり、脳疲労を回復する効果があります。
特に目元を温めることは、手軽で即効性が高く、ドライアイや眼精疲労にも効果があり、 「癒される」、「少しの時間で疲れが取れる」など、評価が高いようです。

香り

アロマテラピーは「香り療法」と言われるように、香りによって脳疲労や体の疲れを癒やすことができます。
脳疲労に効果のある香りはローズマリー、ペパーミント、ラベンダーなどが代表です。

目から入ってくる情報を遮断することで脳は疲労感をかなり減らすことができます。昼でも1分ほど目を閉じてアロマの香りや静かな音楽を楽しむと良いです。

昼寝

20~30分程度の昼寝は脳と体をリフレッシュし、生産性を向上させることが分かっています。 ただし、それ以上の長い昼寝や、夕方以降の仮眠は夜の睡眠を妨げるため、注意が必要です。

リラックスできる行動全般

血流を良くすることで脳疲労を回復する「マッサージ」や、 リラックスすることで脳を休める「深呼吸・瞑想」や「音楽」 なども脳疲労の回復に効果があります。

「決断疲れ」を避ける

「ランチのメニュー決め」、「仕事の担当決め」など、決断のたびに精神的な負荷がかかり、脳が疲れてエネルギーがなくなる。

「ランチは500円以内」「食材は300円以内で迷ったら一番高いものを買う」など決断を減らすルールを作る。

コーヒー等で一時的に回復

脳疲労そのものは回復しないものの、 疲労を麻痺させたり、一時的にやる気を起こさせる方法です。
これら擬似回復には、その後の反動やデメリットがあるものの、 それら特性を十分理解し活用すれば、負の影響を少しでも減らし、疲労回復効果を享受することができます。

  • カフェイン
  • 疲労回復(エナジー)ドリンク
  • 高グリセミック指数食品(高GI食品)
  • タ,バコ
  • チョコレート


仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ

コメント

  1. […] 出典知的労働者は必見!脳の疲れを取る食べ物や回復方法まとめ […]