冬目景…イエスタデイをうたってや羊のうたの魅力ある漫画

冬目景漫画評価おすすめ

一見すると荒い描線と、静かでどこか寂しく味わいのある作品雰囲気。絵柄に慣れてくると、クセのある描線さえも作品世界の演出に大きく貢献していることに気づかされます。

ネット上や本屋で質の高い漫画を探していると、高確率で目に触れることになる冬目景(とうめ けい)の代表的な漫画を紹介していきます。

スポンサーリンク

漫画家・冬目景の作風

冬目景画風作風

デッサンにも似た粗削りな画風や、淡々としつつも叙情的な物語が受け、熱狂的なファンがついた。

作風としては日常にファンタジーの混ざり合った思春期の物語が多く、冬目本人もデビュー時から根底にある描きたいものは「地に足がついてない感じがするもの、日常の中の非日常のようなもの」であると語っている。




なかなか完結しないのが冬目景の特徴の一つ

同じ作品を描き続けるのが苦手なのか連載が中断するケースが多く、長編作品で完結したのは『羊のうた』と『ハツカネズミの時間』のみ。 現在連載中の作品に、『イエスタデイをうたって』(ビジネスジャンプ)、『幻影博覧会』(コミックバーズ)、があるが、いずれも1話から数話ごとの不定期連載の形式である。

イエスタデイをうたって

イエスタデイをうたって冬目景

大卒のフリーターとして登場した後、物語の進展とともに写真スタジオで働きはじめる主人公を中心に、歳の離れているふたりのヒロインや、個性的で深みのあるサブキャラクターたちが、恋愛、仕事、(美大)受験、家族、夢といった日常的な問題に直面し、一進一退を繰り返しながら、じぶんたちの未来をほんの少しずつ手探りしてゆく人間ドラマ。

おそらく冬目景作品の中で最も有名な作品。完結して2015年9月に最終巻が発売される予定。作中のもどかしい人間関係にやきもきさせられること必至。ハルが可愛くて魅力的。

羊のうた

羊のうた冬目景

幼い頃に母親を亡くした高城一砂は、父親の友人である江田夫妻に預けられた。それ以来、一砂は父親に会うことなく江田夫妻の下で育ち、高校生になった今では正式に江田夫妻の養子になるという話も出ている。小さい頃の夢をよく見るようになったことを除けば、一砂は特に変わりばえのないごく普通の高校生活を送っていた。



スポンサーリンク



そんなある日、一砂は同級生の八重樫葉の腕についた血を見て、奇妙な感覚に襲われる。そして、その感覚に導かれるようにかつて両親と暮らしていた家を訪れ、実の姉である高城千砂と再会する。

そこで一砂は父親の死を告げられ、高城家の「病」のことを聞かされる。その病とは、吸血鬼のように発作的に他人の血が欲しくなり、理性をなくして他人を襲うという奇病であり、千砂自身もその病に冒されていた。

これも有名作品。完結済み!ストーリーの完成度が高く、完結しているので、冬目景という漫画家の作風を知るには本作が最適。作中の姉弟の禁忌の関係にドキドキすること必至。八重樫の一途さが良い。

ハツカネズミの時間

ハツカネズミの時間冬目景

世界から隔絶された、私立蒼崚学園。「優秀な人間を育てるために国が資金援助をして設立した」と生徒達には教えられているが、米軍基地領内のため一般の人は学園の存在すら知らない。また、現在鳴沢製薬がこの学園を管理しており、ここで新薬の臨床試験をしている。そんな隔絶された学園に転校生が来る。

あまり名前は知られていないけれど完結している作品。ストーリーはまだ荒削りという感じ。絶版しているので、ハツカネズミの時間や以下に紹介するACONY(アコニー)はネットで古本を買うのが吉。

駿河屋 古本もゲームもネットで最安の激得ネット通販サイト
駿河屋(するがや)は古本や中古ゲームやフィギュアや同人誌をネット最安で購入するために欠かせない、大手通販サイトです。賢く駿河...

ACONY(アコニー)

ACONY(アコニー)冬目景

母親が海外へ赴任するため、祖父のいるしきみ野アパートに越してきた空木基海は、紫色の髪をした少女アコニーに出会う。アコニーはある実験の事故で死んだはずだったが、年を取らない体として父親とアパートに住みながら、事故以来行方不明となった母親を待っていたのだった。

しかし、基海の母親がその実験について追っていることを知ると、基海とアコニーはアパートに住む不可思議な住人たちと不可思議な日常を過ごしながら、アコニーの母親の行方を追うこととなる。

名作。完結済み!全3巻で綺麗にまとまっていて、絵も話も高レベル。冬目景流ハロウィンといった内容。年を取らず、ずっと少女の姿のままのアコニーが魅力的。冬目景作品の中でブログ管理人が最も好きな漫画。




マホロミ 時空建築幻視譚

マホロミ時空建築幻視譚冬目景

建築科の大学生である土神東也は、解体中の洋館にて不思議な幻を視る。同じ洋館で出会った少女、真百合からそれは建物の記憶であると告げられた。東也は建物の過去と、祖父母たちの謎を追い始める。

未読。完結済み!全4巻で完結しているので、冬目景初心者が入門用として読むには良い漫画。ネット上での作品評価は良好。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ