バガボンド 井上雄彦が描く剣と天下無双と人生を問う漫画

バガボンド魅力特徴面白い

日本の剣豪・宮本武蔵を主人公に据えた、修行と放浪と自己探求の漫画「バガボンド」。

武蔵以外に佐々木小次郎や吉岡清十郎のような圧倒的な強者、自分の進むべき道が見つからずにふらふらしてしまう本位田又八など、憧れたり共感できる魅力的なキャラがいっぱいのバガボンドの紹介です。

スポンサーリンク

バガボンドとは?

井上雄彦による青年漫画作品。原作は、吉川英治の小説『宮本武蔵』。題名の「バガボンド(vagabond)」とは英語で“放浪者”、“漂泊者”という意味である。

1998年から『モーニング』で連載が開始された。単行本は2014年7月現在37巻まで刊行されており、発行部数は、国内6,000万部以上、国外2,200万部以上の計8,200万部以上を記録している。

2000年、第4回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第24回講談社漫画賞一般部門受賞。2002年、第6回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞。




バガボンドのストーリー

1600年、新免武蔵(しんめんたけぞう)は幼なじみ本位田又八に誘われ、立身出世を望んで故郷の村(作州・吉野郷宮本村)を出たが、関ヶ原の戦に敗れた。

幼い頃より母の愛情も知らず、父には命を狙われ、村人には鬼の子として忌み嫌われ、生きる意味を見出せずにいた。しかし、沢庵に自分の存在を認めてもらい、再び剣の道に生きる志を立て、名乗りを「宮本武蔵」に改め、天下無双を目指し流浪の旅に出る。

4年後の21歳の春、天下無双を目指す上で避けては通れぬ道と定め、剣の達人吉岡清十郎に挑戦するため、京の吉岡道場に木剣一本で単身乗り込む。

バガボンドの魅力とは?

バガボンド魅力

昔のモノトーンの黒澤映画には、家屋の壁や床などの質感にも迫力があり、雨や雪のシーンも今のドラマや映画以上に状況がリアルに伝わったように思えます。
登場人物の汗や息づかいに物語に引き込まれます。
モノトーンの映像の方がかえって、質感が伝わると言いますよね。
「バガボンド」の絵もあたり前ですが、モノトーンであり、描かれた線の一本一本が映像と同様に描いたものの質感を感じさせます。

1コマ1コマの間(ま)の使い方が綺麗で、サクサク読ませるのではなく、シーンに余韻が残り、緩やかに目で追い、読むようです。

映画と違い、マンガはセリフが文字で表現されますが、武芸者の心情などが画面自体に書かれるため、そのシーンに重く残るように感じます。

言葉が絵に劣らず、同等の効果を醸し出しているように思えます。

大迫力!バガボンドの斬り合いシーン

バガボンド戦い

井上雅彦は、前作の「スラムダンク」でもそうだが、非常に構図の取り方が絶妙な漫画家だと思う。

なんてことのない、シーンが、その捉える構図で感動的になったりする。ストーリーは比較的単純なものが多いのだが、絵の捉え方が圧倒的に違う。剣術の描写としては、他の追随を許さない迫力があり、決闘のシーンの中に差し込まれるモノローグの挿入も絶妙だ。



スポンサーリンク



ストーリーの哲学要素が作品に深みを与えている

バガボンド哲学

哲学とは知を愛するということ。考えることを愛するということ。

井上雄彦氏による漫画「バガボンド」はまさに現代の哲学書。「哲学とかよく分からない」という人にもオススメです。

「斬り合いをして、勝った負けたとやっても何ら益は無し。その刀を研ぐわたしもまた然り。人を斬るための刃物に、より、確実に斬れる様に磨きをかけている。

世にも稀な碌でなしでしょうな」

武蔵の剣を研ぎながら、天下の名刀工の光悦が静かに続ける。

「剣を己の人生の真ん中に置いていると、剣こそすべて、と口にする方はたくさんおられるが、本当の意味で、剣こそ己、と、生きている人は稀。

そういう人は余計な色がつくのを拒む。
ただ、己の色を深く濃くしていく。

その色は美しい。美しいならば、人を斬ってよいと思っているのも事実です」

すでに引退していた光悦が武蔵の為に刀を研ぐ1シーン。

剣以外にも人生のあらゆることに適用できる考え方や、哲学的問いがいっぱいです。

あれ?これって自分?自分の道に迷う又八(またはち)

バガボンド又八

武蔵の幼馴染。作州「宮本村」浪人。宮本武蔵、佐々木小次郎に続く、第三の主人公。武蔵や小次郎の影となり、物語に大きく関わっている。

急速に頭角を現していく武蔵に水をあけられる形になっており、時おり嫉妬心をあらわにする。

口八丁で要領の良い部分もあるが、おおむね場当たりなため定着性がない。狡猾な面があり自らを強く、大きく見せようとすると同時に、英雄や豪傑への憧れも強い。

酒と女を覚え、詐欺を働いてきた都の日々を振り返る中で、自身が欺瞞や虚栄で塗り固められた人間であると強く恥じており、誰よりも自分の弱さを自覚してい る。他の武芸者らと比べ、臆病でより人間らしい性格だが、村にいた頃には武蔵と唯一相手が出来る程の剣の腕を持っていた。

たぐいまれな才能をもち、さらに常人にはとうてい不可能な死闘を次々と重ねて名を上げていく武蔵よりも、むしろ大多数の読者は又八の迷いと自己嫌悪に満ちた生き方に共感を覚えるかも知れません。

バガボンドの購入は↓からどうぞ!




おまけ:ブログ管理人が好きな伊藤一刀斎

バガボンド伊藤一刀斎

通称「剣の神様」。佐々木小次郎を一流の剣士として育て上げた、世に名前が知れ渡る剣豪。闘うことへの執着を捨てようと思い悩む武蔵が驚愕するほどの、すさまじい我執と闘争心の持ち主。

すごーい!いつでもフレンズたちに会えるー!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ

コメント