大槍葦人 繊細かつ儚い画風で少女を描く独特のイラスト

大槍葦人絵特徴魅力

美少女のイラストなのに芸術的。繊細さと高級感が伝わってくる、他に類を見ない独特で魅力的な絵柄。そして服や家具への強いこだわり。

そこらの萌えイラストとは質や雰囲気などで一線を画す、大槍葦人の絵を紹介します。

スポンサーリンク

大槍葦人とは?

大槍葦人とは

大槍 葦人(おおやり あしと)は、日本のイラストレーター、漫画家、ゲームクリエイター、同人作家。別ペンネームとして「大槍蘆人」、「NOCCHI」等がある。

PCゲームブランドLittlewitchの元代表。現在は天狐の代表。主に美少女ゲームの原画を担当している。
代表作は「北へ。」「白詰草話」「少女魔法学リトルウィッチロマネスク」「英雄*戦姫」など。




大槍葦人の独特の画風

大槍葦人画風特徴

カラーイラストでは、時として主線(輪郭線)をはっきりと残さず、柔らかく儚い雰囲気を持つ絵が最大の特徴。また多くの場合、意図的に鉛筆線の表情を活かした、生々しさとでも言うべき独特の画風を持つ。初期のイラストには輪郭を太く強調した絵が多いが、現在は比較的細い線になった。

少女がキャラクターとして登場することが多く、2010年12月現在、Littlewitchで発表されたゲームのヒロインは全て少女であるか、もしくは少女を含む。

衣服・家具などのデザインにもこだわりを見せる。出版された同人誌の中には、人物が袖を通していない、洋服(主に少女服)だけのイラストを多数収録したものも数冊存在する。

絵柄の高級感・高貴さを受けた世界観のゲームが多い

大槍葦人少女魔法学リトルウィッチロマネスク

少女魔法学リトルウィッチロマネスク

主人公のドミノは9人目の大魔法使いとなった優秀な人物である。しかし、他の大魔法使いが魔法を出世の道具としてしか見ていないことに嫌気がさし、帝都を離れて辺境に1000年以上昔から建つと言われる「黒の塔」に住むことを決意する。

しかし他の大魔法使いたちがそんな勝手を許すはずもなく、「3年間で一人前の魔法使いを育てること」を黒の塔に住むことの交換条件として持ち出してきた。通常何十年もかかる魔法使いの育成をたったの3年で行うのは無理難題な上、育てることとなった2人の少女は魔法院でも持て余している子達だった。果たしてドミノは無事にこの課題をこなすことができるのか。

ブランド名でもある、「Little witch」(=小さな魔女)を意識した作品。第1作がSF的な「近未来」、2作目である前作がクラシックを題材とした「現代」の話を中心としているが、今作では、ファンタジー要素を意識させる作品となっている。

大槍葦人の「気品ある絵の雰囲気」を最大限に活かした、チェスやティータイム要素のある優雅な生活・ヴァイオリン等の楽器・イギリスの貴族の館といった作品舞台や作品アイテムが数多く登場する。

ネット上での大槍葦人の評価はだいたいが「昔の方が良い」

白詰草話の絵が最高だったろ
今の塗りはなんか普通すぎるう~ん・・・前の方が好きだなぁ・・・
こいつレベルなら画風なんて変幻自在なんだろうけど



スポンサーリンク



俺も昔のほうが好きだったな
今風ってことなんだろうけど、すげーあっさりした絵になったわ

え・・・昔のはいずこへ・・・
結構あの感じが好きだったんだけどなぁ・・・ゲーム好きだったし。

「北へ」とか「白詰草話」の頃の、水彩画のような絵柄が好きだった。
何枚も描こうとすると、昔の絵柄だといろいろ難しかったりするのかな。

昔の絵と言ってフェアリースの絵を出されると流石に…
ロンド・リーフレット辺りまでが昔の絵じゃないかしら

骨の存在を感じられる絵柄が好きだったけど、良くも悪くも健康的になったな
まあ何やかやで十分巧い人だし、ただ書き分けてるだけっていう気もしないでもない

初めてみた時温かみのある雰囲気が印象的だったなあ
それっきりで十年ぶり位に今の絵柄見てこの人って普通にわかったし
根本は変わってないんじゃない

よく見ると絵柄自体はたいして変わってない
ただ、塗りが変わったから絵がすごく変わった印象になるだけ

無理に今風の絵柄に合わせて無二の個性を潰す事も無いのに。
もったいない

面影を残しつつ流行に合わせていってるように見えるな
ってか、それが出来ないとプロとして生き残れないべ

いまだに新OSが出るたびに白詰を動かす努力をする。
カルテット・ロマネスクあたりから「ん?」って思い初めた。
シュガーコートフリークスは完全に違うなって感じたがあの方向性のまま進んでしまったか・・・

絵柄の変遷は賛否両論

大槍葦人絵変化

かつての同人時代~2004年頃までは色彩は厚塗り風で、画風は線を統一させず、人物の目の彫は深く描くのが特徴だった。また漫画やゲーム等のヒロインには小さな少女を描くことが多い作家として有名であった。
だが、Littlewitch作品、特に「少女魔法学リトルウィッチロマネスク」以降は髪の毛にピンクを使うようになるなど変化が見られ、「ピリオド」以降はヒロインとして胸のある女性を描いたり、絵柄自体も、目元も既存のアニメを意識した尖った目や、しっかりした線へと変化し、所謂アニメ塗りも顕著になるなど、2004年前後で絵柄に大幅な変化が見られたことは、しばしばファンの間で語り草となっている。

ブログ管理人は昔の絵柄が好みなのですが、より万人向けに絵柄を変えたと考えています。昔ほどの個性はなくなったものの、絵柄からにじむ気品は健在。

大槍葦人の画集購入は↓からどうぞ!

大槍葦人自身による自選画集なのでこだわりを感じる美しい絵ばかり。絵柄が今風に変わる前の絵を集めた画集なので「昔の方が良い」という人も安心。家具や服が見ていて楽しい画集。




おまけ:大槍葦人の描いた蒼星石

大槍葦人蒼星石

ローゼンメイデン 気品と可愛いドールズが魅力の漫画&アニメ
ある日突然、理由も分からずに届けられた美麗なアンティークドールが動き出し、ドール同士の戦いに巻き込まれる、そんなお話のローゼ...

ローゼンメイデンのエンドカードで大槍葦人が描いてくれた蒼星石。美しい!!今の大槍葦人絵もイケるやん!

すごーい!いつでもフレンズたちに会えるー!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ