デザインの仕事やクリエイティブ業界はブラック業界だった

デザインクリエイティブブラック企業

アニメ業界人だけど最近アニメーターのきついとこばかりやや過大に語られてちょっと悲しい。まず前提だが絵描き業界は大体どこもブラック。アニメも言うに及ばずだが…(省略、続きは本ブログの下↓)

おしゃれで華やかなイメージがある、デザイン系・クリエイティブ系の業界ですが、調べてみると実に過酷なブラック業界だと判明しました。

デザイン系・クリエイティブ系のブラック企業ぶりを調べてまとめました。

スポンサーリンク

絵描き系業界はだいたいどこもブラックという話

絵イラストブラック業界

アニメ業界人だけど最近アニメーターのきついとこばかりやや過大に語られてちょっと悲しい。まず前提だが絵描き業界は大体どこもブラック。アニメも言うに及ばずだがアニメ業界はある意味非常に適当でぬるい業界なので、水のあう人には非常に居心地の良い業界でもある。
よくメディアに悲鳴にも似た記事が出てることがあるが、その人は残念ながら向いてなかったんだと思う。金は安いがリーマンよりか,せいでる人もいないわけではないし、要はその人の技量と立ち振る舞い次第だと思う。その点はほかの業界と対してかわらない。
ただ一つ言えるのは、覚悟と根気、あと少しのコミュ力がない人にはそもそも美大に行っても絵描き業界で食べていくなんて土台無理話です。


アニメーター…薄給で過酷な労働環境だが志のある仕事人は多い
アニメや漫画が好きな人達がなりたい職業の1つとして気にかけがちなのが「アニメーター」です。私たちが日々、高品質なアニメを楽し...




ソーシャルゲーム業界で絵が安く買いたたかれる現実

ソーシャルゲーム絵デザイン料

ひと昔前は イラストレーターが「希少」で、仕事を依頼する側とイラストレーターとの「個人的なコネクション」が 必要だったという。

でもいまでは、ネット上にフリーのイラスト素材が大量にある。pixivなどのイラストSNSを通じてアマチュアのイラストレーターに依頼することも可能。『高価なプロの絵よりも、安価なアマの絵』 というクライアントは少なくない。この傾向は、特にウェブサイト用のイラストや
ソーシャルゲーム用のイラストで顕著。

名の売れたイラストレーターならともかく、駆け出しのイラストレーターは報酬だけでなく実績がほしい。たとえギャラが安くても『この雑誌で描きました!』という実績があれば、 それが認められて大きな仕事につながるかもしれない。

だから若手イラストレーターは仕事を選り好みできないし、タチの悪い一部のクライアントは足元を見て安いギャラをふっかけてくる。

ギャラが非常に安かったり、無報酬に近いような額でも、「自分の描いた絵がゲームに使われた!」「これも絵の修行の1つ」「今回の仕事がきっとコネになる!」といったイラストレーターの抱く夢や希望が、企業側に食い物にされている状況。

ボツ・リテイクが当たり前のデザイン業界

・長時間働かされたり、サービス残業があたりまえに常套化している。

・3K(きつい、帰れない、給料安い)がもはやデフォルト状態。離職率、転職率も非常に高い業種。



スポンサーリンク



・どこもそれを黙認している状況。労働法にもすれすれ、もしくは違反してても黙ったままという現状。

・でもみんな「それが当たり前」と思っている。「他の所もそうだし」「この世界じゃ当たり前」と口々に言う。

・しかも一つの会社だと給料上がりにくいし最初は安い業界だから、転職してどんどんレベルアップしてかないとワーキングプアーになる。

クライアントや上司からOKが出るまでは、制限時間ギリギリまで何度でもボツ→再提出→ボツの繰り返し。そのせいでクリエイティブ系の業界全般でサービス残業が常態化したり、労働時間の単価が非常に低くなってしまっているようです。




素人のレベルアップでプロのデザイナーの価値が下がってきている

illustblack3

現在の日本人の普段の暮らしは、デザインされたもので満ち溢れています。グラフィックに限らず、プロダクト、建築、ファッションなど、身の回りすべてのデザインが、洗練されていて、工夫されていて、機能的で、快適便利であるように検討されています。それが100点かどうかは別としても、デザインしてモノやサービスを提供するのが、当たり前の時代です。

そうなると、特別に美意識が高いとか、才能にあふれているとかに関係なく、ごく平均的な普通の人(消費者)が求めるデザインのクオリティがすでに高くて当然です。

パソコンがグラフィックデザインの環境を根底から変えたわけです。印刷会社と連携した職人技で、コストのかかる「専門性の高い分野」だったグラフィックデザインは、学生をはじめ、素人が作ることが出来ることに成りつつあります。

企業の中で、これまでグラフィックデザイナーに発注していた仕事も、さほど重要でないなら、「そうだ!絵の得意な社員のAさんに任せれば、社内報とか出来るんじゃない?」、「アドビのイラストレーターとフォトショップがあれば、ハガキくらいすぐ作れるみたいだよ。Bさん、ちょっと社長に頼んでパソコン1台入れるからさぁ、ソフトの使い方、勉強してよ。」と、なってくるのは自然なことです。企業体として、デザインにバカ高いコストはかけたくない、というわけです。

そこへきて、なんでもきっちりきれいにするのが大好きな日本人は、ある意味、国民総デザイナー状態。

何もプロのデザイナーでなくても、社員の中の人材に、「可愛いデザイン自分で作って見たい!」、「え?ボクがデザインしていいなら、やってみます!」という前向きな人も多い。多少、プロの仕事に比べて見劣りするとしても、コストの高さに比べれば、背に腹は代えられないとなります。

まして、紙媒体から、ネット媒体へ大きくシフトしている昨今です。そういうわけで、世の中の、グラフィックデザイナーへ発注される仕事の総量は減り、ギャラは下がっている。

デザインへのニーズはさらに高くなり、求められるレベルも高くなり、守備範囲も広くなる。だから、デザイナーという専門職の求められるスキルはさらに上がる。

しかし、国民総デザイナー状態では従来のグラフィックデザイナーという専門職は、成立しなくなっていく。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ