スズメバチ…力ある存在&生まれついての完全戦闘生物

スズメバチ危険解説特徴

「強いモノ」というのは人々に好まれます。著名な格闘家や世界チャンピオンのボクサー…肉体面に限らず、テレビで活躍している人々は「知力」「美力」「話力」「創作力」など、何かの力が強い人ばかり。

日本国内のみならず、世界全域においてさえも最強レベルとされる昆虫・スズメバチ。日本が世界に誇る(?)、凶暴・凶悪にしてとんでもなく強い虫のスズメバチの力やすごさについて調べてまとめました。

スポンサーリンク

スズメバチとは?

スズメバチ解説

スズメバチ(雀蜂、胡蜂)は、ハチ目スズメバチ科に属する昆虫のうち、スズメバチ亜科(Vespinae)に属するものの総称である。

スズメバチ亜科はハチの中でも比較的大型の種が多く、性質はおおむね攻撃性が高い。1匹の女王蜂を中心とした大きな社会を形成し、その防衛のために大型動物をも襲撃する。

また凶暴かつ好戦的で積極的に刺してくることも多いことで知られるが、これは巣を守るためで、何もせずとも襲ってくるように見えるのは、人間が巣の近くにいることに気付かないためである。

スズメバチの刺害による死亡例は熊害や毒蛇の咬害によるそれを上回る。

スズメバチと他の蜂との違いとしては、

  • 見るからに大きいこと
  • 体長が3センチ前後もあり時には4cm以上のものがいること
  • 体は黒褐色で、腹部に黄色の縞模様があるものが多いこと

が挙げられる。




スズメバチ界最大・最強の「オオスズメバチ」

オオスズメバチ最強

30匹も入れば3万匹のミツバチを3時間ほどで全滅させることができ、5倍ほどもある大きな体にミツバチは全く歯が立ちません。
スズメバチはその大きな顎を使って、ミツバチの体を一匹ずつ食いちぎります。
3時間後にはミツバチ3万匹の残骸が山積みとなっています。

攻撃的な肉食昆虫として知られるスズメバチだが、その中の世界最大種がオオスズメバチとなる。大きな触覚と鋭いあごをもち、黒い胸部、黄色と黒のストライプ模様(警告色)の腹部が特徴であり、その大きさは40mmから50mmと数多いハチの中でも巨大なもの。

身体は黒い殻に覆われているため多少の攻撃にはビクともしない。攻撃は主に人の皮膚さえ噛み千切る顎と尻の毒針、そして毒そのものの噴射である。
さらに時速40キロというスピードで空を飛び、集団で獲物を襲う。

ネット上にあふれるオオスズメバチへの恐怖と畏敬の言葉

オオスズメバチが強いのはあの顎と殻と何度でも刺せる針のおかげ
つまり戦う為に生れた生体兵器おそらく昆虫トップクラスの凶暴性

ニホンミツバチならオオスズメバチ倒せるっていうけどさ
ハチの習性として、まず単独行動の偵察が餌の場所を探す。
そして偵察が餌を発見すると、巣の仲間に報告し、多数の群れからなる攻撃部隊が餌の場所に出撃する
ニホンミツバチがスズメバチに対抗できる唯一のチャンスは、この単独で行動している偵察を殺すことだけ
偵察を生かして帰してしまうと、数百の攻撃部隊を呼ばれることになり、
さすがにこれが相手ではニホンミツバチも巣を壊滅させられる

あいつら1匹でも最強レベルなのに、それが群れてるとか怖すぎる

やばいのはでかさじゃなくて凶暴性と毒性と統率力だっての

スズメバチって数匹で他の蜂の巣に攻め込んで殲滅させるサイヤ人みたいな奴らって聞いたことがある

スズメバチってフォルムが禍々しいのに巣のデザインまで禍々しいから怖い。

カマキリって昆虫界じゃ想像以上に上位捕食者らしいけど
そのカマキリさえも奴等は食うからな

ニホンミツバチは偵察に来た最初の一匹は何とか倒せるけどもしその一匹を倒しそこねたらもう終わり
仲間に呼ばれたオオスズメバチがいっぱいきて無双始めて全滅する



スポンサーリンク



スペックといい色といい顔といいナチュラルボーンキ.ラーすぎる

一日に80kmも飛び回り
毒は人さえも死に至らしめる猛毒
さらには毒液散布で攻撃だけでなく、マーキングも行いマドハンド
30匹も居れば3万ものミツバチを数時間で葬り去り
南米最悪最強の人工蜂、キラービーを駆除するために輸入しようとして
実験で数十匹放ったら万単位を皆.殺しにし巣まで作り始めて海外の科学者を震え上がらせた

俺は刺された事が無いから知らんけど、オオスズメに襲われ頭を刺された知人曰く、チクリと針で刺されたような傷みではなくて、
後ろ頭を鈍器で強かにぶん殴られたような猛烈な痛みだったそうな。
何度も突き刺せる猛毒の針に、人の皮膚も簡単に噛み切れる強靭な顎、
目に入ればたちまち失明するレベルの毒霧殺法とかオオスズメこええよ…どんだけ戦闘民族なんだよ…

「オオスズメバチ」は他の種類のスズメバチさえ襲撃する

オオスズメバチはミツバチだけではなく、同じスズメバチの仲間であるキイロスズメバチやチャイロスズメバチの巣を襲うこともある。
キイロスズメバチの場合はオオスズメバチ同様に攻撃的なハチであるためミツバチほど容易な制圧にはならないものの、ミツバチに比べて巨大な巣を形成しやすいため制圧した際に得られるエサは多いとされる。
一方、チャイロスズメバチは他のスズメバチと比べると防御に徹した身体を持っているため、オオスズメバチの顎や毒針も効きづらく、撤退を余儀なくされることもある。

何度でも刺せる上に毒性も高い「スズメバチの毒針」

スズメバチ毒針毒性

・毒針は、鋸状の細かい刃が密生した2枚の尖針が刺針の外側を覆うという構造をしており、
この尖針が交互に動くことにより、皮膚のコラーゲン繊維を切断しながら刺さっていく。

・ミツバチと違い一度刺しても自身が死ぬことはない。

・刺針の鋸状の刃は、ミツバチのような「かえし」状の粗大なものでなく、皮膚のコラーゲン繊維に引っかかって抜けなくなることはないため、毒液が残っている限り何度でも刺してくる。

・腹部のみの死体でも触ると反応して刺してくることがあるので、注意して扱う必要がある。

・毒液は様々な微量の生理活性物質の複雑な混合物であり、別名「毒のカクテル」と呼ばれる。

主な成分は

  • ヒスタミン(炎症作用)
  • セロトニン、アセチルコリン(神経毒)
  • ペプチド(アナフィラキシーショックの原因)
  • ホスホリパーゼ・プロテアーゼ(アナフィラキシーショックの原因)

で、その多くはかなりのスピードで全身を巡る。

・毒液は刺して注入するだけでなく、空中から散布することもある。

・散布された毒液は警報フェロモンの働きをし、仲間を集めて興奮させるため、その後集団で襲ってくる。

・毒液が目にはいると角膜の潰瘍を引き起こし失明するおそれがある。




スズメバチによる被害を避けるには?

スズメバチ被害

巣に近づかない

スズメバチは集団で巣を守っています。巣を発見したら直ちに遠ざかりましょう。巣を壊したら間違いなく襲われます。

刺激しない

スズメバチは、激しい動きや大きな声・音、きつい匂いなどに敏感に反応し、襲ってきます。近づいてきたら速やかに逃げ、手で追い払ったりしないように。巣の近くでタバ.コなど吸うと襲われる危険大です。

白系の服装で

スズメバチの眼は白黒しか判断できないそうです。特に、黒色に対しては敵対心をあらわしますので、黒系の服装には注意が必要です。
黒という色は、スズメバチの天敵であるクマの色で、本能的に攻撃態勢をとるそうです。

すごーい!いつでもフレンズたちに会えるー!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ