自然(ロギア)系 ワンピースの悪魔の実 最強種の能力まとめ

自然(ロギア)系 ワンピースの悪魔の実 最強種の能力まとめ

自然(ロギア)系悪魔の実解説

国民的少年漫画として、総発行部数としてはドラゴンボールをも超えた海賊冒険漫画「ワンピース」。個性的な絵柄と感動的なストーリーと伏線の数々で、高い人気を維持し続けています。

食べると魔術的能力を得られる数々の「悪魔の実」の中でも、ブログ管理人が特に好きな自然(ロギア)系の悪魔の実についてまとめました。

スポンサーリンク

悪魔の実とは?

悪魔の実は「海の悪魔の化身」と言われる果実で、食べた者は特殊な能力が身に付く。人間はもちろん、魚人や動物など、いかなる生物が食べても能力を得られる。悪魔の実には多くの種類が存在し、食べた実の種類に応じて様々な力を得ることができる。この果実を食べた者を「悪魔の実の能力者」と呼ぶ(作中では「能力者」と略されることが多い)。

実を一口でもかじると、その時点で食べた者に能力が発現し、残りの実はただの果実となる(すなわち、1つの実から複数の能力者が誕生することはない)。味は非常に不味い。その絶大な効力と希少さから、売れば最低でも1億ベリーの値がつき、実によってはそれ以上の価値がつく。

同じ悪魔の実が、同時期に世界に2つ存在することはないが、悪魔の実の能力者が死ぬと、世界のどこかにその能力を秘めた悪魔の実が復活するという。

過去に実在した悪魔の実の名前や能力を記した「悪魔の実の図鑑」が存在する。ただし、図説まで載っている実は少ない。

悪魔の実はその能力によって「超人(パラミシア)系」「動物(ゾオン)系」「自然(ロギア)系」の三系統に大別できる。




広範囲への絶大な影響力…自然(ロギア)系の悪魔の実

自然(ロギア)系の悪魔の実

自然(ロギア)系は、身体を自然物そのものに変化させ、自在に操れるようになる種である。

「超人(パラミシア)系」「動物(ゾオン)系」「自然(ロギア)系」の三種の中では最も希少。体を原形を留めない自然物に変えることで、通常の物理攻撃を受け流し無効化できる(一部を除く)。

その絶対的な防御力と、広範囲に及ぶ自然現象さながらの攻撃力から、三種の中でも最強種とされる。能力の制御は難しく、慣れていないと体が勝手に自然物に変化してしまう。

大当たりの自然(ロギア)系の実

(アタリ・ハズレはブログ管理人による勝手な評価)

ゴロゴロの実

悪魔の実ゴロゴロの実

  • 雷速で移動でき、最大2億ボルトにもなる電撃を発することができる。
  • 電気抵抗によって物体を発熱させる・金属を加熱して形状を変化させる・金属の物体内を移動することができる
  • 心停止状態でも脳が無事ならば、自身の電撃で心臓マッサージを行い蘇生できる
  • 絶縁体が弱点。「ゴムゴムの実」の能力者には電撃が効かない

ゴロゴロの実の能力者「エネル」が最強であるとする説はネット上で多い。攻撃力・移動速度・電気をエネルギー源として色々活用できるなど、それぞれが非常に強力で便利。

ピカピカの実

ピカピカの実悪魔の実

  • 光速で移動、攻撃できる。ただし直線に限られ、曲がった軌道で移動する場合は鏡など光を反射する物を経由する必要がある
  • 手足の先からレーザービームを発射できる
  • 光を固形化し、武器(剣等)を作ることができる

光速というダントツの移動速度とレーザー攻撃が強力で便利。レーザーは指向性が高く、標的をピンポイントで狙い撃ちできて混戦状況でも使い勝手が良い。

マグマグの実

マグマグの実悪魔の実

  • マグマは火をも焼き尽くすため、「メラメラの実」に対して上位にある

マグマ状態で敵に単純に触れるだけで死か瀕死に追い込めるほど強力。同じ火炎系統のメラメラの実よりも強い。破壊力が大きすぎて日常での使い道はほとんど無いが、戦闘ではほとんど無敵の能力。

アタリの自然(ロギア)系の実

メラメラの実

メラメラの実悪魔の実

  • 体が炎に変えられるようになる
  • 「モクモクの実」とは効果が相殺される
  • 「マグマグの実」の能力とは下位の関係である

「火」という直接的な攻撃力をもつ自然物に変化できるので攻撃向き。大火力を活かして敵を船や居住区ごとまとめて燃やすこともでき、戦闘や殲滅行動で強力な武器になる。



スポンサーリンク



ヒエヒエの実

ヒエヒエの実悪魔の実

  • 冷気を出す事で周囲のものを凍結させることができる
  • 水分を凍結させ、武器(剣等)を作ることができる
  • 凍らせた生き物は仮死状態となり、解凍すれば生き返るが、割れると死ぬ
  • 変化する自然物が「氷」と言う固体である関係上、物理攻撃を受け流すことはできないが、身体を砕かれても破片を集結させることで再生できる

見渡す限りの大海原を瞬間的にまるごと凍結させるほど強力。ヒエヒエの実の能力者に触れると凍らされてしまうので、文字通り手の付けられない能力ともいえる。

アタリ寄りの自然(ロギア)系の実

ヤミヤミの実

ヤミヤミの実悪魔の実

  • 悪魔の実の歴史上、最も凶悪とされる能力
  • 闇の引力であらゆるものを引き込み、押し潰す。引き込んだものを解放することもできる
  • 引力は能力者の実体にも作用し、触れている間はその能力を封じる
  • 「痛み」さえも引き寄せてしまうため、自然系でありながら攻撃を受け流すことができず、常人以上にダメージを受けてしまう

不明な点が多い能力だが、メラメラの実の能力者のエースには勝利した。重力は強力だが、物理攻撃無効の恩恵が受けられないうえに被ダメージまで増加するのはマイナスポイント。

スナスナの実

スナスナの実悪魔の実

  • 触れた物からあらゆる水分を吸収できる
  • 掌から砂嵐を起こすことができる。
  • 水分が弱点。液体をかけられたり、液体のついたもので触られるなど、外部からの影響で水分に触れると砂への変化が制限され、物理攻撃が有効になる

砂には直接的な攻撃力が無いが、地面ごと敵の水分を吸収して干上がらせる(死)ことができるほど強力。敵が逃げ出せない閉鎖した空間なら、水分吸収で周囲ごと敵を砂にしたり、砂の中に生き埋めにできる。

ガスガスの実

ガスガスの実悪魔の実

  • 可燃性ガス、毒ガスを放出できる
  • 一定範囲の空気を操り、酸素を奪うことができる
  • ガス状態でも物をつかむ等の物理的行動ができる

生物なら誰でも絶対に吸わざるを得ない「空気」を支配できるのが強み。酸素操作や毒ガスで場の空気を変化させ、(地味ながら)じわじわと苦しめて殺すことが可能。

ユキユキの実

ユキユキの実悪魔の実

  • 氷でできた、牙を持つ怪物のような姿に変身することが可能
  • 熱が弱点

ロギア系ならではの影響力や攻撃無効は健在だが、直接凍結させるヒエヒエの実の能力と違って雪を介して物体を冷やすことしかできないので、実質的にヒエヒエの実の下位互換?

ハズレ寄りの自然(ロギア)系の実

ヌマヌマの実

ヌマヌマの実悪魔の実

  • 体を底なし沼に変えることができ、体に触れたものを体内に取り込める
  • 体内に取り込んだものは、自由に外に放出できる
  • 閉じ込められた対象は自力で脱出できない

封印能力は強力だが、他のロギア系と較べて直接的な攻撃力に欠ける。ネット上でのこの実の扱いも小さい気がする…。

モクモクの実

モクモクの実悪魔の実

  • 煙状態でも物をつかむ、殴る等の物理的行動ができる
  • 「メラメラの実」とは効果が相殺される

煙にまとわりつかれたら拘束されてしまう。しかし、煙に直接的な攻撃力は無く、ロギア系最弱との評価が多い。

自然(ロギア)系の能力者は意外に短命?

自然(ロギア)系悪魔の実

ペコムズ「自分を無敵と勘違いしてきた自然系の寿命は短い」

自然(ロギア)系の能力者は、通常の物理攻撃は体を原形を留めない自然物に変えることで無効化できるが、覇気(はき)だけは例外。覇気をまとった攻撃は自然(ロギア)系の能力者でもしっかりダメージを受けてしまう。

「俺はロギアだから物理攻撃なんて効かないよ」と慢心していると、覇気使いにうっかり致命傷を負わされる、ということだと予想。




どの自然(ロギア)系でも強力なのは変わらない

アタリでもハズレでも、ロギア系がとんでもなく強いのは変わりません。実の種類を問わず、広範囲に多大な影響を与えるロギア系の能力者が一人いるだけで戦況が一変することも大いにありそう。

戦闘面では雷やマグマや火のような直接的な攻撃力のある自然物になれるロギアの実が有利だが、戦闘面ではない日常では、むしろ周りを燃やしたり凍らせたりしないハズレ系のロギアの実の方が使い勝手がよさそう。





仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ