猫…ハンターとしての能力&ペットとして人気の可愛い動物

猫特徴可愛さ解説

人々にペットとして飼われる2大動物として犬とシェアを二分する「猫」。ネット上では犬よりも猫の方が愛好者が多いように感じます。

猫とはどうして人々に愛されるのか?現在の猫の起源は?猫についていろいろ調べてまとめました。

スポンサーリンク

猫とは?

ネコ)は、狭義にはネコ目(食肉目)- ネコ亜目- ネコ科- ネコ亜科- ネコ属- ヤマネコ種- イエネコ亜種に分類される小型哺乳類であるイエネコ(家猫、学名:Felis silvestris catus)の通称である。

人間によくなつくため、イヌ(犬)と並ぶ代表的なペットとして世界中で広く飼われている。

犬より丸みを帯びていて「にゃー」と高い声で鳴いたりして遙か古代から犬とともに人類にペットとして飼われている生物である。

当ブログでの可愛いくて人気の猫種特集ページは↓からどうぞ。

たくさんの人々に愛される大人気猫種7選画像付き解説まとめ
大きな目とふわふわの身体、そして天の邪鬼のような気まぐれな性格…猫は人々の心を掴んで放しません。ネット上では猫派の勢力が犬派...



現代の猫のルーツ

猫祖先ミアキス

ネコの祖先は1200万年前にはすでに存在していたと言われています。ライオンやイエネコ、虎をはじめとするネコ科の動物は、クレオドンという肉食ほ乳類の先祖から進化したミアキスという原始肉食獣から分化して生まれてきました。

その後どんどん進化、分化が進み、ネコ科の各種動物に分かれています。

現在存在するイエネコの祖先といわれているネコは、各地に存在する山猫の何種類かが元になっているといわれ、アフリカ系の山猫(リビアヤマネコ)、ヨーロッパ山猫(ヨーロッパヤマネコ)、アジア砂漠ネコ(マヌルネコー長毛のネコの起源といわれています)が主な元祖らしいといわれています。

猫の身体能力

猫の身体能力

猫のジャンプ力

  • 大体3~4階くらいの高さであれば飛び降りても問題ない
  • ネコは落下をはじめると、例えどんな姿勢でも三半規管の働きで、頭部を水平にするため修正角度を割り出す
  • ネコは自分の体長の5倍の高さまで飛びあがることができる

猫の敏捷性とスピード

  • 肉食獣である猫はハンティングで獲物を捕らえて食べなければならないため、極めて高い敏捷性と平衡感覚を有している
  • ネコが本気を出すと時速50キロ近くで走れる(100mを7.3秒!ただし短時間限定)

猫の感覚

  • 5万ヘルツまで聞くことができ高周波もキャッチ可能(人間の2.5倍)
  • 目はわずかな明かりでも2倍の明るさで見ることができ、動態視力も非常に優れている(猫は色を識別することが一応できるが識別能力はそれほど高くない)
  • 猫の臭覚はきわめて優れており、上顎にあるヤコブソン器官によって、においの細かい分析をすることができる

なぜ猫はかわいいのか?

猫可愛い理由

猫の最大の外見上の特徴は大きな目でしょう。人間でも目が大きい人は感情表現が豊かで、 好意をもたれやすいことがわかっています。また、殆どの哺乳類の赤ちゃんは目の割合が大きく、 本能的に目が大きいものを守りたいと感じるという意見もあります。

猫の目はまんまるです。もしも人間が猫の目と同じ比率の大きさの目を持っていたとしたら、
ピンポン球大の大きさになります。どんなに目が大きな人でもそこまで大きい人はいませんよね?

なお、猫の目が大きいのは夜間に狩りをするのに役立つためです。夜の間は、瞳孔(黒目)を目の大きさいっぱいまで開き、少ない光で獲物を捉えることができます。人間とは違い、 日中の明るいときに瞳孔が縦長になるのは、森や草原の草木の間から獲物を覗くためだと言われています。

他の猫がかわいい理由として考えられるのは柔らかい身体、綺麗な毛並み、ぷにぷにの肉球など。

猫は犬と違って人間への忠誠心がほぼ無い

猫犬違い忠誠心

人に対する懐き方は、忠誠心が高い犬の懐き方とはまた違い、自分の良いように懐くという性質がある。猫といえば気まぐれ、気分屋などと言われる所以には、そうした性質から来ているものと言える。



スポンサーリンク



これは犬の繋がりが縦社会であるのに対し、猫は横社会で繋がっていることに由来する。犬の飼い主と犬の関係が親分・子分の立場であるのに対し、猫の飼い主と猫の関係はよりフラットなものであり、ルームシェアをして暮らす同居人に喩えられることがよくある。

猫の純血種と雑種はどう違う?

純血種の猫

純血種は美しい姿が自慢の種が多く、交配には細心の注意が必要となります。

長毛種は得に毎日の手入れを念入りに行い、美しい毛並みを大切にしてあげたり、シャムなどの短毛種では、その優美な動きなど、思わず見ほれてしまいます。

手入れの行き届いた純血種の猫は、ますます輝きを増し、美しく優美な姿で家族を和ませてくれます。純血種はその種類によって性格もほぼ決まっていますので、希望の性質や姿の猫を手に入れる事ができます。

雑種の猫

雑種は純血種に比べ生命力が強いのが特徴です(その純血種がかかりやすい種類の病気にかかることが少ないため)。

雑種は、多くの種類が混じり合って生まれるので、白、黒、茶、グレーやブチ、キジ、三毛など、毛色もさまざまです。毛並みも短毛だったり長毛だったり、やせ形の猫がいたり、デ.ブ猫だったり、目の色も片方づつ色が違っている子もいたりします。

このバラエティの豊かなところが、雑種猫の魅力です。みんなそれぞれに個性があり、同じ性格の子は2匹といないものです。

なぜネット上では犬よりも猫の方が人気が高いのか

ネット猫人気理由

実際の飼育頭数はイヌ1034万頭に対しネコ995万頭(平成26年ペットフード協会調べ)で、犬のほうが僅かに上回っています。

ところが、検索エンジンで犬と猫を検索してみると、「犬」が8,290件、「猫」が1億6,700万件でした。ネットユーザーは犬よりも猫への関心が高いことが窺えます。

なぜ猫はネットで愛されるのでしょうか?

犬は犬種によって外見も性格もさまざま。一口に犬好きといっても大型犬が好きな人と小型犬が好きな人では好みの犬種が変わってきます。愛犬家は何より「うちの子」が大好き。コレ!という鉄板がないのです。

一方、猫は特別な種類を除いて外見にそれほど大きな差がありません。猫好きは種類に関係なくすべての猫が好きです。野良猫もアメショもみんな好きなんです。なので、ネット上では猫派の団結力が、個別の犬種を愛でる犬派の勢力を上回ると考えられます。

犬は毎日の散歩やトリミングなどで外出することが多く、他の犬好きさん達と交流ができます。自慢の愛犬が褒められて嬉しくない飼い主はいません。

猫の場合は一緒に出かける機会がほとんどないので、SNSやブログが「うちの子自慢」の場所になっているようです。

猫はアニメキャラなどにもよく使われることから、ネットユーザーと相性が良いのではないでしょうか。




特に人気の高い猫種「スコティッシュフォールド」

スコティッシュフォールド猫種類

特徴は、丸い頭、ボディ、目、足先、とすべてが丸で表現される中型の猫。この猫の最大の特徴は小さな耳が前に折れていること。

性質は、優しく穏和で甘えん坊の猫が多いです。よく遊びますし、抱っこも好きです。人とふれ合うのも好きですが、自由気ままにマイペースで過ごすことも大好き。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ