和の心・集団圧力という国民性がブラック企業が生まれる原因

日本人ブラック企業国民性

勤勉で我慢強いことで知られる日本人でも、いくらなんでも肉体・精神的・生活の質的に限界!そんな悲しい状況を迎えるほど、日本にはブラック企業があふれかえっています。

なぜ日本でばかりブラック企業が生まれるのか?ブラック企業が生まれるのは日本人の国民性が関係しているのではないか?調べてまとめました。

スポンサーリンク

日本人の特徴とは?

日本人特徴国民性

日本人は周りと同じ事をする傾向が強い

日本人の特徴の1つとして、周囲に合わせるというものがあります。

これは協調性があって、社会で生きていくためには必要なものですが、海外から見ると、個性がない人間だ、と見られることが多いそうです。

実際、社会人で働いている人は社内で浮かないようにスーツを着用、女性社員も制服なら制服、私服なら派手すぎないよう心がけています。

しかしその周囲に合わせるという行為が個性がなく、自分を出さない内気な性格と海外からは見られるようです。

日本人は勤勉で真面目

日本人は勤勉で真面目

とにかく仕事に対しても勉強に対しても真面目な日本人は、海外からは残業王国と呼ばれることもあり、その残業のせいもありうつ病大国でもあります。

絶対回避せよ!うつ病は心の風邪どころじゃない怖い病気
ブラック企業の特徴や危険なところがネット上で情報交換されるとともに、ブラック企業の激務と悪質な労働環境で心をやられた人が「う...

仕事に真面目すぎる日本人は、異常なくらいにうつ病体質な人が多く、うつ病退職をしてしまう人が近年増加傾向にあるようです。

真面目な性格が悪いと言うわけではありませんが、真面目すぎると体に毒です。

ヨーロッパを見てみると、残業も圧倒的に少ないうえに夏はバカンス休暇があります。

日本人は自身や自国に誇りを持ちにくい

謙遜、謙虚な態度は世界から見ると、頼りなく映るようです。

日本人としては「私などは~」とか「つまらないものですが」とか当たり前のことなのですが、けして自分を卑下しているわけでも自信がないのでもないのですが、そのような言葉使いは謙虚と見るより、自分に自信がないからだ、と捉えられているようです。

日本人は感情表現やユーモアに乏しい

世界からつまらない国と思われている日本は、ユーモアはないでしょう。

もちろん、個人個人知っていくことによって、面白い人や楽しい人という存在もありますが、それでも仕事人間な日本人はユーモアが少なく、それこそ会議にでもなれば、ユーモアなど1つも発しないというのが日本人なのです。

また感情表現が分かりづらい点も海外から見ると面白くないと映るようです。空気を読んで行動する日本人の行動は、すぐさま行動に現れる海外とは全く異なるものです。空気を読むって何を読むの?ということですね。



スポンサーリンク



外国人から見た日本人の特徴

  • 過度に集団行動を好む
  • 礼儀正しくきちんと挨拶をする
  • 秩序にこだわる
  • 綺麗好き
  • 美意識が高い
  • 仕事が丁寧
  • 時間や約束を守る
  • 自己主張や自己表現が下手。逆に、それが奥ゆかしく、日本人の美徳にもなり得る
  • 治安が良く、災害時でも冷静。但し危機管理が甘いことも事実
  • 細部までこだわる(例:整理整頓、ギフト包装など)
  • 創造性に溢れている(例:アニメやオタク文化など)
  • 宗教対立がなく、テ.ロもない
  • 貯金が好きで、倹約意識が高い(「勿体無い」という言葉に象徴される)
日本…世界最長の歴史&皇室をもち経済力と日本料理が凄い1
当ブログを見てくれている方は日本生まれの日本育ち…という日本人が多いと思うのですが、ブログ管理人は生まれてからずっと日本に住...




ネット上でもブラック企業の増加は日本人自身のせいだという意見が

日本人の勤勉さ真面目さが悪用されてるんやで

自分がやらないと周りに迷惑がかかる・・・ってメンタルの人が多いからな
一部に仕事量集中して死んでまうねん

丁稚奉公、産業革命期、戦後復興、高度経済成長期、バブルとブラック化する風土が昔から脈々と続いてる

日本人の気質を利用した経営方法やで
昔は会社に奉仕したら見返りあったけど今は忠儀心だけ利用しとるんや

忍耐力が美徳とされる社会だからね
苦労してるヤツは立派みたいな風土はある
西洋人は仕事でいかに楽するかを追求して工夫していくイメージだけど日本人はそれやると手抜きとか言って怒られそう

労組とか労基と言うか行政もほとんど機能してないのと、
労働者の権利が弱すぎるっつーのがあると思うけどな
日本の労働者は無知で権利意識も無く同調圧力にも弱いので
徹底的に買い叩かれて結果、ブラックな労働環境と最低賃金という
ダブルで最悪の環境が出来上がったという

日本人の国民性がブラック企業を作るから遺伝子レベルで詰んでる

仕事は苦労するべきや!って思ってる層がいる限りブラックはなくならんのやろな

サービス残業に有給休暇無し…ブラック企業の法律違反行為集
酷使されまくって心身を壊されるブラック企業ですが、激務という以前に、明らかに法に抵触した違法行為がまかりとおっているところも...




日本人の「和の心」が過剰な集団圧力と残業を生む

日本人ブラック企業

日本人がもつ「和の心」とは、「個人を重視するのではなく、集団における秩序や調和、また礼儀を重んじること」ということになります。

私たち日本人は、世界的に見て、過剰なまでに「集団主義」を貫いているといえるでしょう。

また、集団の中で相手の意思を読み取り、波長を合わせて行動をし、決して争わずに調和を保っています。

日本…民度の高さやオタク文化が超充実&働きすぎの国民性2
日本人の特徴や皇室や日本料理をまとめた前回に続き、今回も日本の良い所や問題点についてまとめます。 他国の文...

「自分を出さずに周りと合わせる、勤勉・真面目なせいで苦難から逃げ出せない」という日本人の国民性が、

「終業時間だからといって帰りたいなんて言い出せないからサービス残業しよう」→「あの人も残業しているから俺も残業しなくちゃ…」→「私も…」→「俺も…」→…

というサービス残業の連鎖を生み出してしまいます。現代日本では「残業をしている人こそ偉い!」という間違った風潮まではびこっている始末。

無駄な残業やサービス労働をしないゆとり世代が少しずつ現場を変えてくれるのを待つしかなさそうです。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ

コメント

  1. 論理的に言うと より:

    やたら貴方は日本人、日本人と言うけど、「輪の心」「集団圧力」といった概念はアジア全般でみられるものであり、ブラック企業は韓国朝鮮や中国の方がずっと沢山あります。

    つまりこれはアジア全体の問題です。
    あと、ゆとり世代が現場を変革するといったことは起こりえません。
    もっと言えば、ゆとり以降のこれから育つ新しい世代全員、社会変革を起こそうとする力はありません。

    何故なら、義務教育によって思想の統一、自我の無力化がなされるからです。
    国民の政府不信や経済不安が強まってきたことで、最近ではその傾向がむしろ強まってきています。支配者も莫迦ではありません。国民の牙を抜き大衆をコントロールするという点において、彼らには一日の長があります。だからアジアの若い世代が、社会を変革するといったことは、これまでも、そしてこれからも永遠にありません。アジアとはそういうものです。だからこそ、長い歴史の割に文明の進歩が遅かったわけです。ただし、「変革」はありませんが、時を重ねることで少しずつ成長していきます。その長い歴史の歩みを待てるほど気が長くないのであれば、欧米に行くしかないのです。