ホワイト業界…非ブラックで低離職率&厚待遇優良業種まとめ

ホワイト業種業界情報まとめ

低賃金・サービス残業・精神的ダメージが常態化しているブラック企業と対をなす、なるべく就職したい業界の「ホワイト業界」

ネット上にはブラック企業情報はあふれかえっているけれど、ホワイト業界情報は案外少ないものです。ホワイト業界について調べてまとめました。

スポンサーリンク

ホワイト業界の代表的条件

1、平均年収が高く、安定している
2、離職率が低い(勤続年数が男女ともに長い)
3、福利厚生が充実している
4、法律の準拠した労働時間
5、残業代が支給される
6、休日・休暇がしっかり取得できる
7、研修・教育制度が整っている




そもそもホワイト企業とは?

ホワイト業種業界情報まとめ
ホワイト企業とは、「社員を大切にしている会社」を表します。 法律に則った労働時間や残業代の支給はもちろん、会社独自の手厚い福利厚生や充実した研修・教育制度が整っている点が特徴です。
また、女性にとっては、産前産後休暇や育児休暇が取得しやすく、復帰後に時短勤務となってもやりがいを持って仕事ができるという点も、「ホワイト企業かどうか」の重要なポイントでしょう。
ただし、「ホワイト企業かどうか」は、選ぶ側の価値観や考え方にも大きく左右されます。一般的に「ブラック企業」と呼ばれる企業であっても仕事を楽しんでいる人はたくさんいますし、反対に、「ホワイト企業」と呼ばれる企業で、ルーチンワークや人間関係に疲れてしまう人もいます。
ホワイト企業への就職を希望する場合であっても、就活の基本は変わりません。企業研究や業界研究をしっかりと行い、自分のやりたいことや目指すキャリアと一致しているかどうかを見極めながら、自分に合ったホワイト企業を見つけましょう。

ネット上のホワイト業界情報

横から横に流す(中抜しかしない)仕事の事務員がホワイト
縦に動かす(物作ったり人を育成、介護することに関わる)仕事は総じてブラック

インフラ系
水道局員とか座ってるだけでお金貰えそうなイメージ

インフラ系と公務員はガチ勝ち組

インフラぶら下がり系

公務員か工場勤務 ずっといれるなら工場で働きたい

東京ガス 電話回線(ソフトバンクを覗く) ANA 鉄道関係

<化学> 宇部興産、日東電工、日本触媒、大 陽日酸、JSR、昭和電工、東ソー 、トクヤマ、カネカ

<繊維> 東レ、帝人、クラレ

<非鉄> 住友電気工業、古河電気工業、三菱 マテリアル

<FA、半導体製造装置、工作機械 > ファナック、東京エレクトロン、安 川電機、アドバンテスト、ジェイテ クト、森精機製作所

<ガラス土石> 日本電気硝子、日本ガイシ、日本特 殊陶業

<京都系> 村田製作所、島津製作所、GSユア サ、大日本スクリーン製造、村田機 械、オムロン、堀場製作所

就活失敗して農業始めた友達に久しぶりに会ったら
すげぇ輝いた目で生き生きしててワロタ
幸せそうだった

自営業最強

転職サイトを利用するなどしてホワイトな職場の目星を探しておくことも大切。

新卒サイトは月額制でカネ払えば載せられるから、嘘つき放題でブラック企業が蔓延ってる。転職エージェントサイトは成功報酬だから、ほとんどの情報は正しい。すぐ辞められたらせっかく払ったカネドブに捨てるようなもんだからな。今どき新卒より転職の方がホワイト企業に入れるで。

無料で登録と利用ができて、このサイトが独占している優良企業求人に応募できる有名転職サイト

リクナビNEXT公式サイト



スポンサーリンク



ブラック企業の巣窟とされるブラック業界

ホワイト企業業界情報

不動産、飲食、小売、各種営業、金融、マスコミ、アパレル、美容、IT、教育、介護

人生の無駄遣い!ブラック企業の特徴と見分け方まとめ
元はネット上で生まれ、テレビや新聞でも広く使われるようになった「ブラック企業」という言葉。闇が深そうなイメージがパッと浮かび...

定着率が低い業種

低い業種は、証券・商品先物業63.9%(5社)、小売業69.6%(51社)、サービス業73.6%(48社)となった。土日の勤務が多い小売業は有給休暇取得率なども低い。休みにくい職場であることも退職者が多い要因かもしれない

残業時間が長い業種

業界別残業時間(月間)ランキングを見ていきましょう。トップとなったのは、「コンサルティング、シンクタンク」で残業時間は83.5時間となっていま す。2位は「広告代理店、PR、SP、デザイン」で78.6時間、次いで3位が「建築、土木、設計、設備工事」で70.8時間、4位が「放送、出版、新 聞、映像、音響」で66.1時間となりました。

1位のコンサルタントは、クライアントのために、資料集めから実際の企画立案、ときには実行を限られた短い期間で行わなければならず、しかも絶対的に成果 を求められるため、大きな負担を強いられることになります。また、「顧客のため」を思えば思うほど、やることが尽きず、自然と残業時間が長くなってしまう のかもしれません。

社員の定着率が高いホワイト業界

2社以上ある業種で定着率が最も高かったのは、電気・ガス業の97.7%(11社)。電力会社やガス会社は、地方では人気が高い会社の1つ。地元の優秀な大学生や高校生、Uターン学生などが多く入社する。

階層が明確で賃金の高い海運業も97.6%(5社)と97%超。ほかに電気機器93.2%(83社)、 医薬品92.6%(13社)なども高い。

残業時間が短いホワイト業界

残業時間が短い業界としては、「自動車、自動車部品、輸送機器」、「日用品、化粧品」、「化学、石油、ガラス、セラミック」、「電力、ガス、エネルギー」 といった第二次産業に属する業界が挙げられています。

これらの業界は、工場等で徹底した効率化などを行っていることも多く、また歴史的な会社であることから労働組合を持つ割合が高いと言えます。そうしたことが、そして組織的に長時間残業時間に歯止めをかける要素になっているのではないでしょうか。

当ブログでのもう1つのホワイト企業・ホワイト業界特集ページは↓からどうぞ。

ココは働く事が気持ちいい。優良ホワイト企業の特徴と見つけ方
スマホ片手に簡単にネット検索をして大量の情報が入手できるようになった現代だからこそ、なんとしても入りたいのがホワイト企業・ホ...




要注意!日本に生きている以上、ある程度のブラックは避けられない

日本ブラック企業

和の心・集団圧力という国民性がブラック企業が生まれる原因
勤勉で我慢強いことで知られる日本人でも、いくらなんでも肉体・精神的・生活の質的に限界!そんな悲しい状況を迎えるほど、日本には...

日本人の気質・国民性そのものがブラック企業を生むことが分かってきました。そのため、日本の会社は大なり小なりほぼ必ずブラック企業要素を含んでいます。それはホワイト業界も同じです。

「この業界はココがブラック!ダメだ次へ行こう!」

と少しの妥協も許さずにいつまでも転職を繰り返していても、完全無欠なホワイト業界は見つからないと思われます。また、転職を繰り返すほど、次に就職できる会社のグレード・年収は下がっていくと一般に言われています。

「年収・残業・福利厚生の3つはホワイトだな。人間関係がちょっとイヤなのは…まあしょうがないか…」

という感じで、「だいたいホワイトな業界」に就職するのが現実的で良いと思われます。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ