マブラヴオルタネイティヴ あいとゆうきの重厚SFストーリー

マブラヴ オルタネイティヴ評価おすすめ

「ヤバい!!宇宙人に侵略されて地球人類が滅亡しそう!!助けて!!!」という、時代遅れ以前のストーリーにはかわりはないのに、綿密に作り込まれた独自の世界観と、正真正銘の絶望的ストーリーですぐにハマってしまうPC用ノベルゲーム。

ずっと前に発売されたゲームなのに、いまだにネット住民の評価で全ゲーム中で最高レベルのシナリオと評価を維持している、マブラヴ オルタネイティヴの紹介です。

スポンサーリンク

マブラヴ オルタネイティヴとは?

マブラヴ オルタネイティヴはゲームメーカー âge(アージュ)の恋愛アドベンチャーゲーム、およびこれを原作とするメディアミックス作品群の総称である。『マブラヴ』の続編にあたる。

本作は『マブラヴ』UNLIMITED編の続編で、主人公・白銀武が『並列世界』に初めて来た日である2001年10月22日にタイムス リップしたところから始まる。したがって、最初の展開はUNLIMITED編に近いが、未来を知る武が関わることにより、UNLIMITED編とは異なる 展開を見せ始める。




マブラヴ オルタネイティヴのストーリー

マブラヴ オルタネイティヴストーリー

2001年10月22日、主人公・白銀武は目が覚めると「並列世界」に放り出されていた。そこは数十年に渡る地球外起源種「BETA」との戦いで朽ち果てた柊町であった。何もかもが違う世界で成行きで国連軍 に入隊した武は、その運命に翻弄されながら対BETAの切り札ともいえる人類救済計画「オルタネイティヴIV」に関る国連軍衛士として仲間と共に戦い続けた。しかし、12月24日、人類は戦うことを諦め、地球放棄・人類脱出計画「オルタネイティヴV」を発動してしまう。(ここまで前作「マブラヴ」UNLIMITED編)

そして3年後、目覚めるとそこは自宅だった。「元の世界」に戻れたと浮かれていた武だったが、家の外には3年前に見た光景が広がっていた。カレンダーはあの日と同じ2001年10月22日。武はタイムスリップしただけだったことに落胆していたが、未来を知っている唯一の人間として「オルタネイティヴIV」を完遂させ人類を勝利へと導くべく、国連軍横浜基地の門戸を叩く事を決意した。再び207部隊に編入した武は、3年間の従軍経験と未来の記憶、人並みならぬ覚悟だけでたった一人、戦いに臨む。

残された時間はあと2ヶ月。果たして武は未来を変える事ができるのか。そして人類はBETAに勝利することができるのか―――。

マブラヴ オルタネイティヴの評価

マブラヴオルタネイティヴ評価

夕呼先生「これからあんたとあたしが進む先には・・・・・・死ぬ事すら生ぬるいと感じる程の地獄が待っているわ」

前作「マブラヴ」と合わせて考えると、良くある時間逆行物の様な状況に主人公は置かれているわけであるが、決して主人公最強モノの様な主人公に甘い環境ではない。

小説家になろう…異世界転生・チート作品ばかりなのはなぜ?
サイトにユーザー登録すれば、自分用のブログやサイトを持っていなくてもお手軽に自作小説を投稿・公表できる「小説家になろう」。 ...

むしろより深くBETAとの戦いに関わっていった結果、それ相応の苦難が次々に押し寄せ、主人公を完全に打ちのめすといった、同メーカーの名作ゲーム「君が望む永遠」が主人公ハーレムモノのアンチテーゼであったのと同様に「マブラヴ」もまた「主人公逆行物」のアンチテーゼであることが浮き彫りとなっている。

人類が滅亡の瀬戸際に立たされている…というオリジナルの世界観や、非常に細かな兵器設定や敵対生物BETAの設定など、作品の作り込みが凄い。それゆえ、ファンディスク・同じ世界観を共有したアニメ「マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス」、PS3への移植、漫画化、フィギュア化などなど、数々の派生作品を生み出していることから、「マブラヴ オルタネイティヴ」がいかに高い評価を受けているかが伝わってくる。

SF部分の理論や兵器開発における理系の理論も豊富に組み込まれているので、そのあたりが好みの方もしっかり満足できる完成度。

もう本当にやめて…BETA戦は地獄そのもの……

マブラヴオルタネイティヴBETA



スポンサーリンク



BETAとは、マブラヴとそのシェアワールドにて登場する地球外生命体である。

『人類に敵対的な地球外起源種』の事で

Beings of the
Extra
Terrestrial origin which is
Adversary of human race

の頭文字を取った、マブラヴ世界における『人類に敵対的な地球外起源種』の一般的な略称である。
「マブラヴ オルタネイティヴ」の世界における人類の敵であり、本作は彼らとの戦いを主軸に進行する。

まず『ハイヴ』と呼ばれる地下に広がる巣を作り、そこで生み出されたBETAが地中に湧き出して周囲の建造物や生命体を攻撃や破壊していき、一定以上増えると活動範囲を広げ、さらに進出地点での数が一定以上増えると新たに『ハイブ』を建造することを繰り返す単純な行動を行う。(建物並に巨大化した、知性をもたない昆虫の群れだと考えるとBETAをイメージしやすい)BETAは短期間で水中や真空でも活動可能になる適応力を持ち、地球に襲来する前は火星や月、地球襲来後は海底を歩いて進み活動する。

通常、バトルシーンが始まると「わくわくする!」「待ってました!」「かっこいい!」という心理状態になることがおおいが、「マブラヴ オルタネイティヴ」でのBETA戦は例外。

それまで時間をかけて人格や人生背景を丁寧に語られてきた魅力的なキャラたちが、BETA戦でむごすぎる死に方をすることがほとんど。読者側の緊張感と絶望感は他のぬるい作品では味わえない、胃が痛くなるレベル。そうなるように上手く外見をデザインされた、生理的に嫌悪感をもよおすBETAの大群も絶望感に拍車をかける。作中のキャラたちのみならず、読者までもが「早くBETAとの戦いが終わってくれ…!」と祈らずにはいられない。

物語の鍵を握る最終計画・オルタネイティヴIVとV

オルタネイティヴIV

人類の大半を見捨てて他星系を目指す「オルタネイティヴV」

オルタネイティヴVとはG弾集中投入によるハイヴ殲滅作戦巨大宇宙船による他星系移住作戦…通称戦略名「バビロン作戦」。全人類で選抜された約10万人を地球から脱出させ、大量のG弾でBETAに最終決戦を挑む。

聞いただけで色々絶望的な感情に包まれる、非人道的で希望のかけらも感じられない作戦。オルタネイティヴVでは地球外に脱出するだけで、人類が生存できる星を見つけられるかどうかすら定かではない。

G弾は現実世界における核兵器に相当。BETAの大群をその巣ごと殲滅できるほど強力だが、使った土地に重力異常を起こし、人が住めない場所に変えてしまうため、決して乱発できない。(核兵器を使えばその土地が放射能で汚染されるのと同じ)

今作での最大の謎にして最後の希望「オルタネイティヴIV」

人類救済の最後の切り札とされる作戦で、もしもオルタネイティヴIVが失敗したり、そもそも発動できないような事態になった場合、「地球はもうおしまい」と判断され、即座に上記の絶望的なオルタネイティヴVが発動されてしまう。

マブラヴ オルタネイティヴでは、物語を進めていく上で少しずつオルタネイティヴIVの計画の全容が明らかになっていく。ネタバレになるので詳しくは書けないが、一般的な作品の希望に満ちたような救済作戦とは全然違う、重苦しさで頭を抱えたくなる作戦だった。

マブラヴ オルタネイティヴの購入は↓からどうぞ!




おまけ:ブログ管理人が好きな香月夕呼先生

夕呼先生「準備が足りないかもしれない、力が及ばないかも知れない・・・色々理由をつけて尻込みする奴は一生結果を出せないのよ」

香月夕呼マブラヴ オルタネイティヴ

オルタネイティヴIV計画の最高責任者で、天才科学者。その叡智のみならず、先を見越した政治的根回しや不動の精神力には驚愕すること必至。ただし、もう後が無い人類を救うためにはあらゆる犠牲をいとわない性格なので、外道と思う人も多いかも。夕呼先生の言葉は真理を突いた名言が多い。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ