オニヤンマ 巨大さと高速飛行でスズメバチさえ食べる空の王

オニヤンマ特徴スピード強さ

トンボの飛行能力は鳥を含めた生物界全体でトップ、と聞いたことがあります。現代のヘリコプターの航空機動力をはるかに凌駕する、急停止、飛んだままでの空中静止、急加速が可能だとか。

日本のトンボの中でも格段に大きなオニヤンマは、あの凶悪極まりないスズメバチでさえ補食します。オニヤンマの能力や魅力について調べてまとめました。

スポンサーリンク

オニヤンマとは?

オニヤンマ特徴解説

オニヤンマ(鬼蜻蜓、馬大頭)、学名 Anotogaster sieboldii は、トンボ目・オニヤンマ科に分類されるトンボの一種。日本最大のトンボとして知られる。

成虫の腹長はオス70mm・メス80mm、後翅長はオス55mm・メス65mmほど。頭部から腹の先端までは9-11cmほどに達する。メスはオスより大きく、尾部に産卵弁が突き出る。

左右の複眼は頭部中央でわずかに接する。生体の複眼は鮮やかな緑色だが、標本にすると黒褐色に変色してしまう。体色は黒だが、胸の前に「ハ」の字模様、胸の側面に2本の斜め帯、腹の節ごとに1本の細い横しまと、体の各所に黄色の模様が入る。




オニヤンマの恐るべき飛翔能力&戦闘能力

オニヤンマ飛行能力

食性はおおよそのトンボと同じく肉食性。
その飛行速度は時速70kmと、日本昆虫界では最速、トンボの種としてもギンヤンマの最高時速100kmに比肩し得る速力を誇る。
顎も非常に強力で、人間の皮膚をも食いちぎれるほど強靭なため、捕獲の際には注意が必要。
またオオスズメバチシオヤアブなど、昆虫界の名立たる殺し屋をも捕食する獰猛さも持ち合わせており、互いに“食うか食われる”という熾烈なライバル関係にある。

スズメバチ…力ある存在&生まれついての完全戦闘生物
「強いモノ」というのは人々に好まれます。著名な格闘家や世界チャンピオンのボクサー…肉体面に限らず、テレビで活躍している人々は...

ネット上のオニヤンマ評価「大きさとスピードに憧れる」

空中戦においては機動性能が全てという現実

ヤゴ状態でも水中ではかなり強い部類とか何やねんこいつ

オニヤンマでかい上にかなり速いから飛んでくるとビビる

オニヤンマの羽音ホントに怖い

空中でピタッと制止するの凄くない?
あの技術憧れるわ

空中戦でトンボに勝てる虫なんてそうそういないんだよなぁ…
ハチカスとかいう羽音に自信ニキは餌でしかないぞ

オニヤンマに超小型カメラ付けたらすげー映像取れそう
鳥よりはるかに早いからな

山行けばそこらじゅうにいるよ

数年前に山奥に行った時、道端にオニヤンマの死骸が落ちてて
「子供が落とした玩具?」と思って拾い上げたら本物ですげー衝撃だった
あんなデカいトンボが日本に存在するんだな…

けた違いの飛翔能力で
急旋回、急停止、ホバリングが可能で
なんと!あのオオスズメバチすら撃墜する戦闘力



スポンサーリンク



オニヤンマはかっこいい
ギンヤンマは美しい

うちの仕事場にたまにいるわ
名前に負けない威厳を持ってる

生きてるうちは複眼が鮮やかな緑なのに
死んじゃうと黒褐色になるんだってさ
なんかもう仮面ライダーとかウルトラマンレベルのかっこよさ

パワー型のオニヤンマ
スピード型のギンヤンマ

オニヤンマはスズメバチの天敵だよ
圧倒的に強い

あのエンジン音みたいな羽音
まさにドラゴンだわ

ヤンマですら強いのにオニが付くってやばい
昆虫のネーミング的に
オバケ>オニ>オオ>通常>ヒメ>コ
こんな感じ

トンボは機動力抜群だもんな
加速→停止→加速

体長は普通のトンボの2~4倍
羽音はでかい奴は本当にでかい

トンボはホバリングができるから空中戦では無敵の昆虫

トンボのホバリングは確かにすごいな
四枚の羽を非対称に動かしてなぜあんなに安定して空中静止できるのか

空中戦は
オニヤンマ シオヤアブ スズメバチ
の三つ巴状態やろ
先に見つけた方が捕食する

臥薪嘗胆…ヤゴが成虫になるには5年もかかる

オニヤンマの幼虫は他のヤゴに比べてずんぐりむっくりとした体型をしており、全身に細かい毛を生やしている。普段は泥や砂の中に浅く潜って獲物を待ち伏せ、近付いたものを顎を伸ばして捕食する。
このまま5年という長期をヤゴのまま過ごし、良く晴れた夏の夜に羽化し、朝方になって成虫として活動を開始する。それまでに10回ほど脱皮を繰り返す。
意外にも渓流や小川など、その巨体に似つかわしくない流れの穏やかな小水域で育つ。

ゴキブリ…おぞましい姿形から駆除の対象&数々の超絶生命力
不快害虫の筆頭に挙げられる「ゴキブリ」。生理的嫌悪感をもよおす姿と動作で、家の中で見つかると真っ先に抹殺対象にされる存在です...

トンボ類の優れた飛翔能力

昔からトンボは人気があり、大きな目、デリケートで透明な羽、メタリックな色は人々を魅了してきました。

トンボの一番の魅力は飛び方にあります。4枚ある羽のうち、前羽と後羽を別々に動かすことができ、このことが俊敏な飛行を可能にするのです。円を描くように飛んだり、空中でホバリング(※空中で停止している状態)したり、宙返りや急旋回をしたり、後向にも飛ぶことが出来る、まさに飛行のプロなのです。

瞬時に加速することができて、最高時速は40~50kmと一般の自動車ほどの速さで飛べます。この飛行能力によって獲物を容易に捕まえるのです。




おまけ:時速100kmで飛ぶ!超速機動のギンヤンマ

oniyanma5
ネット上でオニヤンマが語られる時にギンヤンマの名前が出ることが多く、ギンヤンマも人気の高いトンボの一種。青と緑のカラーリングが美しい。

ギンヤンマは飛行性昆虫としては最も優れた飛行能力を持つ生物の一つであり、特に飛行速度は平均時速60km、種によっては最大時速100kmという、恐るべき速力を有している。
無論、この速力は昆虫界最速の部類と判定されている。

今日も一日がんばるぞい!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ