シオヤアブ…大型肉食昆虫を背後から静かに仕留める暗殺者

シオヤアブ解説暗殺奇襲

日本最強の昆虫は?そんなネット上での議論に、オオスズメバチ、カマキリ、オニヤンマなどなど、攻撃性の高い有名な昆虫に混ざって、「シオヤアブ」という聞き慣れない昆虫名が必ず入ってきます。

オオスズメバチをよく統率された屈強な兵士だとすれば、シオヤアブは民間人に偽装した凄腕で無慈悲の暗殺兵。独特の隠密行動と一撃必殺の暗殺技を駆使するシオヤアブについて調べてまとめました。

スポンサーリンク

シオヤアブとは?

平地、山地などで見かける獰猛なアブ。大きさは23mm~30mmになる。

他の昆虫を捕まえて、消化液を注入し、体液を吸い取ります。その中でも特に、コガネムシ類を好んで捕食するが、そのほかにも、ハエ、ハチ、セミなども捕まえて体液を吸います。飛翔中の昆虫を後ろから追いかけ、足で鷲掴みにして捕らえます。




草むらの暗殺者…シオヤアブの背後からの暗殺

シオヤアブ暗殺奇襲

一見すると、派手な彩色もない茶色く、しいて言うなら大きな複眼が特徴の普通のアブである。
そんな彼らの武器は強力な毒でも、強靭なアゴでもない。ただ針のように鋭く硬くなった口吻(こうふん)だけ。
普段彼らは木の枝や葉の裏側でじっとして獲物が通りかかるのを待ち続ける。
そして獲物となる虫が飛んでくると、こっそり背後から近寄り狙いを定め、次の瞬間その鋭い口吻の文字通り一撃によって獲物の神経節を切断。即.死させるのである。
この攻撃の元では、同じ飛行昆虫で最強と謳われるスズメバチやオニヤンマでさえもなすすべはないのだ。

スズメバチ…力ある存在&生まれついての完全戦闘生物
「強いモノ」というのは人々に好まれます。著名な格闘家や世界チャンピオンのボクサー…肉体面に限らず、テレビで活躍している人々は...

ネット上でのシオヤアブ評価…「奇襲・暗殺にロマンを感じる」

シオヤアブは葉の上や石畳などで獲物が目の前を通るのをじっと待つ。
そして獲物が横切ると一気に背後から飛び掛り、鋭い口吻を相手の頸部に突き立てる。
スズメバチでもチャイロやコガタなど中型クラスのヤツは餌食になるらしい。
これは「スズメバチの科学」(小野正人著)に写真入りで掲載されていたはず。
ただオオスズメバチだと分が悪いんじゃないかな、てか襲わないだろうな。
ましてカマキリみたいにあまり動かないヤツは獲物として認識できないと思う。
逆に獲物にされそうな気がする―どちらが強いとかじゃなくて、その狩猟行動から推測してだけど。

毒ももってないのに一突きだもんな
カッコええ

シオヤアブをオニグモとセスジアカムカデ相手に戦わせたらシオヤあっさり負けました。
やっぱり奇襲系なんだろうなと思った。

シオヤアブは暗殺者だからな。
仮に正面からやりあったら勝てない。



スポンサーリンク



武器自体は鋭い顎だけで毒もない
こいつらがすごいのは背後から忍び寄って首の神経を切断するという物理特化型&スニーキングの天才なとこだ

サイズからしたら遥かに小さいし、毒も無い
ただし恐ろしいのはその戦法
絶対に気付かれず、じっと敵を待ち、相手が枝葉に止まった瞬間背後から一気に強襲し人間でいう頸椎を食いちぎり仕留める
このやり方を徹底しているため、シオヤアブVSオニヤンマはまともな勝負にすらならず、まずシオヤアブが勝つ バトルロイヤル?ははっワロスなまさに暗殺アブ

オニヤンマ 巨大さと高速飛行でスズメバチさえ食べる空の王
トンボの飛行能力は鳥を含めた生物界全体でトップ、と聞いたことがあります。現代のヘリコプターの航空機動力をはるかに凌駕する、急...

シオヤアブの奇襲方法詳細

シオヤアブ奇襲攻撃方法

①潜伏

シオヤアブは明るい草むらで草や石など少し高めで見通しの良い位置でじっと待ち伏せしている。
シオヤアブに限らずムシヒキアブ科のアブは匂いや触覚ではなく、視覚で狩りを行う。恐ろしく動体視力が良い。

②縄張りに入った昆虫に奇襲を仕掛ける

シオヤアブの周囲数mの範囲(縄張り)を飛翔する物体を無差別で攻撃する。カミキリムシやコガネムシなど飛翔スピードが遅い昆虫は格好の獲物となる。ほぼ全ての昆虫は襲われるまでシオヤアブの存在に気付いていない。
自分の何倍もの大きさのあるセミ、最高レベルのハンターであるオニヤンマやオオスズメバチであっても発進・襲撃する。実際にこれらの大型肉食昆虫を獲物にした例は数多く報告されている。

③空中で獲物を捕獲

獲物を捕獲した後の様子から推測すると、背後から近づきレスリングでバックをとるような感じで棘のある足で抱えるように捕獲すると思われる。ほぼ全てのケースでバックを取った状態になっている。オニヤンマ相手に正面から向かうことは自殺行為なので、やはり後ろから近づく洗練された技術を身に付けていることは間違いない。
また、彼らの襲撃は1回限定。襲撃に失敗したら諦め、同じ獲物を追い回すことはない。おそらく、後翅が退化しているアブであるため、それ程飛翔力には長けていないからであろう。

④尖った口器を獲物に刺しながら着地

ヒトが刺されても痛そうな太い口器を背中側から刺す。この口器は強力で、コガネムシ等硬い翅を持つ甲虫類の背中も突き破る。
小さな獲物だと捕獲後綺麗に着地するが、自分と同等、それ以上の獲物の場合は、墜落するかのように転げ落ちてくる。このシーンは、一瞬、2匹の昆虫が取っ組み合いの喧嘩をしているように見えるが、シオヤアブが凶器を突き刺し仕留める段階であり、既に勝負はついている。どんな昆虫であろうが助からない。シオヤアブの貪欲さは凄まじく、たとえヒトが拾い上げようとも獲物を殺すことに集中していて殆ど気付かない。

ゴキブリ…おぞましい姿形から駆除の対象&数々の超絶生命力
不快害虫の筆頭に挙げられる「ゴキブリ」。生理的嫌悪感をもよおす姿と動作で、家の中で見つかると真っ先に抹殺対象にされる存在です...




おまけ:ネットで人気の高い、生まれついての殺戮系昆虫

・スズメバチ
花の蜜ではなく他の昆虫の肉を喰らう最強種、それがスズメバチだ。
2枚のノコギリを備えた特殊な毒針で肉を切り裂きながら突き刺し、巨大な大顎で筋組織を喰いちぎる。
旧約聖書に多数の記述が見られ、それ故に畏敬の念を込めて“死をもたらすもの”と呼び称される。

・シオヤアブ
通称“暗殺者” 物陰、草むらに潜み獲物を待ち、背後から飛び掛かり防御の効かない頸部に直接牙を突き立てる。
スズメバチでさえも捕食する恐るべき暗殺者、それがシオヤアブだ。

・オニヤンマ
昆虫界最強の制空能力を誇る“空の王者”オニヤンマ。
人類でさえ未到達な領域の航空技術を持ち、驚異的な破壊力を持つ大顎で、獲物を“噛みちぎり”抹殺する。
彼の背後を取れる昆虫は皆無。それ故に空対空で彼に勝てるものもいない。
スズメバチはおろか、シオヤアブでさえもバリバリ噛み砕く。

・アフリカミツバチ
進化を繰り返し、急激な台頭を見せる“空の軍隊蟻”
スズメバチをも上回る攻撃性、獰猛性、俊敏性を持ち、テリトリーに近付く敵があろうものなら驚異的な速さで反応し(その感知速度僅か0.5秒)、何百万という大軍を率いて侵入者を死ぬまで追跡し刺し殺す。
迂闊にも足を踏み入れたものは、全身に穴を開けられ即.死する。

すごーい!いつでもフレンズたちに会えるー!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ