なぜ勉強するのか?親も教師も知らない3つの勉強すべき理由

勉強しなくてはいけない理由

「何で勉強しなくちゃならないの?」という疑問に、私たちの誰もが一度はぶつかると思います。自分の子どもにこの質問を投げかけられる親の方も多いでしょう。

「そんなことは考えなくていいから勉強しなさい!」と頭ごなしに言い渡しても、子どもは納得しなかったり、言った方も「勉強する理由」が実は分かっていなかったり…。

人前ではおおっぴらには言えない、学校で勉強する本当の理由について調べてまとめました。

スポンサーリンク

企業は主に学歴でその人の優劣を判断している!

勉強する理由学歴

勉強なんて役に立たないけど
試験で優劣を選別して殆ど人生が決まると教えなアカンで

学歴ってのは簡単かつそこそこ確実性の高い能力値のバロメータなんだと思うよ 高学歴だったらそれなりの能力持ってる人の割合が多いってね

相手の人となりが分からん時はとりあえず学歴見るやろ?
それが全てや
その人について深く知っていたら学歴なんて何の価値も感じなくなる

RPGでNPC雇う時に他のステータスは同じで知力だけ2倍の差があったら誰でも知力高い方雇うだろ?
それと同じ。人生で出会う人間の大半は深く付き合う事もない一瞬の関わりだけでいちいち関係を育てる暇なんてない。
ステータスのわかりやすい数値で判断した方がずっと効率的且つそれで事足りる。
学歴社会においてはそのステータスが学歴ってだけだ。

勉強そのものが役に立つんじゃなくて勉強した証拠としての学歴が役に立つんやで
ほとんどの人間がオリンピック選手並みのポテンシャルあるわけないんだから、人と差をつけたければ黙って勉強しろ。学歴は人の判断する基準になることが多い
世の中不条理なこと多いけど、この国では学業にだけは平等だから。逆転するには勉強しかない。
みたいなことドラゴン桜で言ってた。

人間の不幸の源は
無知、貧困、不健康

実際的な「勉強をしなくてはならない理由」の筆頭に挙げられるのが、「より良い企業に就職するため」です。

就職時の面接では、せいぜい数十分~1時間程度で、その人を採用するかどうか決めなくてはなりません。そんな短い時間で、その人の細かな人生背景や人格の本質を完全に見抜くのは不可能です。

そこで、学歴が重要になってきます。高い学歴を持っている人は高い能力をもっている可能性が高いので、企業側は履歴書だけのデータでもぱっと分かる高学歴を積極的に採用します。逆に低学歴は能力の信頼性に欠けるのではじきます。

さらに、お金が無いという状況はただそれだけの理由で非常に高い確率で不幸な状態へ突入します。

なぜ勉強しなければならないのか?そう子どもに不満げな態度で問われたらあなたはこう答えましょう。「良い企業に就職して不幸な貧乏とは無縁の良い暮らしをしたかったら、君たちは勉強して高学歴にならなければならない」、と。



スポンサーリンク



現実の社会状況に合わせて子供を強く育てる為の6つの重要な教育
結婚して子どもが生まれても、親となった人の誰もが子育ての素人で、毎日ぶっつけ本番で教育をするしか方法がないため、どうしても他...




自分のための勉強をする方法は学校の勉強をすることで学ぶのです

勉強する理由

「勉強しないやつの末路が社.畜」と述べているが、本当にこれだ。
ただし、勉強と言っても学校で教えてくれるような「お勉強」をしなかったからではない。「学校では教えてくれない金の勉強」をしないから結局「企業のため」に働く人間になる。
上司にどやされ、サビ残をこなし、深夜に帰ってきても飯・風呂・寝るだけで一日が終わる。
人は金の話になると保守的になりやすいし、周りが全員「人にこき使われる人生」でなんとか生きながらえているのを見ると、自分もそれでいいと安易に決めてしまう。その結果ストレスばかり溜まって、大した収入もない雇われ人生を突き進む。
でも、金の勉強をしっかりしてみると、雇われと起業、どちらが得なのかというのが分かる。
こんな人生にならないためには「金の勉強」をするしかないんだよなぁ。

強制的に勉強をさせられていた学校を卒業した後も、ところどころで、自分の意志で勉強しなければならない場面に遭遇します。それは会社でより高度な仕事をするために特定の資格を取るように指示される場面だったり、子どもが生まれて育児の勉強をする場面だったり、雇われの身を辞めて起業のための勉強をする場面だったり、難病にかかって療養生活をするための場面だったり…。それらのほぼ全ては、学校では教えてくれない知識が必要です。

必要な本を買って読み込み、要点をノートに書き写し、これから起こるであろう問題に備えて必要な知識をしっかりと憶える。これって、学校でやっていた勉強とほとんど同じですよね?

そういう基本的な勉強の姿勢や習慣は、学校の勉強を通して身に付いていくものなのです。学校の勉強をサボりまくって遊びほうけていた学生は、将来、自発的に勉強をする必要に迫られた時にどうしていいのか分からなくなります。

なぜ勉強しなければならないのか?そう子どもに反抗心に満ちた態度で問われたらあなたはこう答えましょう。「学校で勉強することは、学んだ知識はあんまり役に立たなくても、毎日勉強する行為そのものが将来に自分用の勉強をするときのための練習になるからだよ」、と。

各教科の勉強内容がその後の人生でどう役立つのか具体的に解説
「勉強なんて社会で役に立たないじゃん(笑)」と言う人に「果たしてそれはどうかな?」と急所を狙ってばっさりと斬り返すための、高...




この世界をしっかりと味わうには…じつは勉強が不可欠

勉強理由

以前「ここが変だよ日本人」ってたけしの番組があったけどその中に「日本の学生の学力低下」って議題があったんだよね。
それでどっかの高校生が「学校の勉強なんて社会に出てから役に立たないじゃないですか」って
言ってるのがいたんだけど、ビートたけしが「勉強を教科の範囲内としてしかとらえられないなら相当頭悪いよ、哲学や論理的思考を養って人生を楽しむ応用が利くように、あえて国語や数学って形でパッケージして教えてるんだよ。
それを理解しようとせずに、中身を知ろうとせずに袋詰めのまま『役に立たない』ってゴミ箱に捨てちゃうなら、そりゃ時間の無駄だし人生の無駄だよ」って言ってたな。

私たちが毎日使っているスマートホンや食器や住居、いざという時にお世話になる国民健康保険や失業保険や年金のような社会保障制度、ドラマや映画の舞台設定も、私たちが日常で触れるものすべてが人間の歴史の発展の上に成り立っています。

学校で習う学問とは「学問の発展と発見の歴史を学ぶこと」です。漫画やアニメでも、設定の元ネタやパロディネタが分かると「あ、これはあの事を使っているな!」と面白さが倍増しますよね?日常で接する商品や制度や芸術や音楽の元ネタを知ることが、つまり学校で勉強することなのです。

せっかくの美味しいあめ玉を一切なめずに水でごくんと飲み込んで、いったい何が楽しいというのか?せっかくの美食をろくに味わいもせずに短時間で乱暴に口にかき込んで、いったい何のための美食なのか?日常で触れるモノをじっくりと見て深く考えようともせずに、目の前を過ぎ去るがままにただぼーっと日々を過ごしているのは、この世界をろくに味わっていないことと同義です。

「因数分解が社会で何の役に立つんだよ!」と中二病全開の子どもに問われたらあなたはこう答えましょう。「因数分解は社会の中で役に立たないかもしれないけれど、勉強した学問の歴史そのものが人生の楽しみの充実に不可欠なんだよ。勉強を通してしか養われない論理的思考とか哲学的な考え方もあまり目立たないけど人生全般で必須だよ。あ、あとね、勉強しないとろくな企業に入れなくて、遅れを取り戻したくても勉強の習慣が身に付いていないからどうしたらいいのか分からなくて、ずーっとお金に困り続けて、しかも中身がスカスカのハリボテみたいな人生を送ることになるよ」、と。

2017年冬アニメの視聴継続中の作品 第1位!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ