官僚 超難関試験を突破し政策決定に携わる憧れの上級公務員

官僚とは仕事解説

勉強のエリートのみがなることを許される公務員のトップ的存在…それが官僚(かんりょう)です。

普段の生活ではなかなかその名を聞かない、いわば雲の上の存在…?政策の決定をサポートする、謎に包まれた上級公務員の官僚について調べてまとめました。

スポンサーリンク

官僚とは?

官僚とは、簡単にいうと、国家の政策決定にかなり影響力を持っている公務員として位置づけられています。
公務員ですが、公務員の中でも、一定以上の地位、高位の者を指します。

日本では、官僚というとキャリア制度という昇進システムによって選抜された者たちをさします。国家I種の「行政」「法律」「経済」区分に合格した者を指すことが多いです。

官僚の平均年収は30歳で500万程度、40歳の役職クラスで1000万程度。




ネット上の官僚の評価…「年収や地位は羨ましいけど激務すぎ」

帰りに終電はない模様

年収に換算されない部分で色々もらってるけどな
中小企業で言えば800万くらいはある

知り合いで官僚になったやつ朝5時帰宅で定時出勤とかアホなことを忙しい時期は毎日やってた。
残業代もつかないって泣いてたけど、それ選んでるからしゃーないわな。
国も上の給料下げて職員増やせばええやんか。

まあ官僚になるような奴はそれこそ金の問題ちゃうからな
良いとこのボンボン多いし
「ワイが日本を背負ってるんや!」って言うバイタリティをもった人の集まりや

公務員になりゃわかるけど、議員に気を使いながら
仕事を進めてくのが一番大変
だから時々わけのわからんものが出来上がる

だから霞ヶ関はストレス社会だとあれほど

社会問題を法令で解決するのが基本的な仕事です。
法令を改正するときには、改正後にだれかがものすごく損をしてしまわないかどうかや、
仮に損をする場合にも、その人たちに事前に説明をしたり、代替手段や経過措置を考えたり、
などをする仕事です。

プライド高い人多いですよ。
東大が集まればどこでもそうなるのでは。

官僚の仕事の魅力

一つは仕事の大きさです。私が退官する直前まで携わっていた仕事では年間数十億、数百億という単位の研究開発資金の差配を担当していました。これだけの規模のお金を30歳で任されるということは、他の仕事でなかなかないでしょう。

もう一つは、法律や税制の仕組み作りなど直接的に”権力”に携われるということです。新しい制度を作る時は、一流の研究者や会社経営者など多くの優秀な方と議論する機会が得られますし、そうした知見を活用して法律にまとめあげていく作業は激務ではありましたが大変勉強にもなり結構楽しかったです。

さらに、交渉において国を代表する誇りを味わえることです。古いようですが日の丸を背負うというのはやはり日本人冥利に尽きるという部分があります。

官僚の知名度が低いのは政治家の裏方役だから

官僚仕事内容



スポンサーリンク



誤解を恐れずに言えば官僚の仕事は黒子に徹する仕事。常に縁の下の力持ちでいなければいけない。
中央官庁はあまり表に出てこないし国民生活に直接に接する機会は少ないから、世の中の普通の人は官庁が何をしているかも、それがどういう形で役立っているか、よくも悪くもわからない。
例えば法律を改正したら政治家は「我が党の政策のおかげです」というし、官民連携プロジェクトが成功しても民間企業は「我が社の技術力の成果です」っていうからね。
逆に官庁が「自分たちが頑張りました!」っていうとバッシングにあっちゃうから、成果を人に胸を張って誇れない仕事なんだよね。
こっそり裏のスナックで「あのプロジェクトは俺達がいなければ成り立たなかったんだぜ」っていうのがせいぜいかな。
世間の一般の人には官僚という存在を理解してもらうことは本当に難しい。

(キャリア官僚のインタビュー)

とてつもない難易度…官僚になる為の国家公務員一種試験

国家公務員一種試験合格大学

高学歴の人がしっかり勉強し続けてきても狭き門である国家公務員試験一種。有名大学出身者がひしめき合うなか、合格率は5~6%となっています。

日本の根幹に関わる最前線の仕事に携われるだけあって納得の難易度です。ちなみに司法試験、公認会計士試験、国家公務員試験一種試験が日本三大試験と言われ最難関の資格となっています。

国家公務員試験一種の試験には教養試験と専門試験があります。

専門試験は「行政」、「人間科学」、「工学」、「数理科学・物理・地球科学」、「化学・生物・薬学」、「農業科学・水産、農業農村工学」、「森林・自然環境」、「法務」の8項目あり、自分で選ぶことができます。

なかでも「行政」を選択する人が多く、倍率は100倍以上となっています。「行政」に合格し採用されれば、将来は間違いなく、エリート中のエリートの道が約束されるといっても過言ではないことが人気の理由です。

国家公務員一種試験と東京大学の関係

東京大学入試難しさ

国家公務員一種試験の合格者のほとんどが名門大学出身者です。
受験資格は21歳以上、33歳未満の者と年齢制限だけですが、キャリア官僚(※国家公務員一種試験に合格して採用されエリートコースを歩む官僚)には東京大学出身者がかなりの割合を占めています。

毎年の傾向として受験者の学歴はかなり高く、合格者の東京大学、京都大学など旧帝国大学の国立大学の割合が高いです。 毎年、合格者の約半数が東京大学・大学院の学生や卒業生です。

進学先は東京大学がベスト。東京大学以外でも、国家一種合格者の多い有名大学に進学しておいた方が何かと都合がよいでしょう。

東京大学入試…センター足切り&大量の難問を高速で解く試験
日本で最高の知名度とブランド力をもっている大学といえば、文句なしに東京大学!入学試験を突破するために必要な偏差値も、もちろん...

東大生同士でごく限られた椅子を奪い合う世界なので、その難易度は想像を絶します。東大に合格するには文系・理系の各種コースを平均して、だいたい偏差値75前後が必要なのですが、「日本には東大以上の大学が存在しないから仕方なく東大に入る」という理由で、東大合格に必要な偏差値を遙かに超えた化け物のような人も入学してくるといいます。他の国立大学と違い、東京大学は青天井の世界なのです。

そういった化け物東大生と戦わざるを得ない国家公務員一種試験は、同じ東大生ですら合格するのが難しいのかもしれません。




おまけ:ブログ管理人が官僚を知った漫画「GTO」

勅使河原優gto

登場人物の一人の勅使河原優先生の家は、代々続く官僚一族。超優秀な兄との差に幼い頃から苦しみながらプレッシャーの中で勉強を重ね、東大に合格するも、国家公務員一種試験に不合格になり、不本意ながら私立中学教員になる。そのことが彼を極度に歪めてしまった。

実は、そろって高級官僚の父と兄が、政治家のスキャンダルでトカゲのしっぽ切りのように官僚を辞めさせられていたため、親族の勅使河原先生も上から手を回されて国家公務員一種試験に不合格になったのでは?と後から語られる。

現・財務省の事務次官(キャリア官僚の出世レースのゴール的ポジション)を目指しひたすらエリートコースを突き進んでいた父は、官僚でいられなくなったショックで精神崩壊を起こし、廃人になってしまった。

すごーい!いつでもフレンズたちに会えるー!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ