お風呂の入浴効果…シャワーにはないリラックスや快眠効果

お風呂健康効果解説

お風呂に入るのって、けっこう時間やエネルギーが必要です。お湯を沸かす電気代もかかるし、いざ入ろうとすると1時間あまりかかってしまって、忙しい時にはついついシャワーで軽く済ませてしまったり、お風呂に入るのをサボってしまったり…。

入浴にはどんな健康効果があるのか?調べてまとめました。

スポンサーリンク

入浴効果.1 全身の血行が良くなる

入浴は全身の血流を良くします。

これは入浴の水圧作用によるもので、足にたまった血流が押し戻され、心臓の働きを活発にし、全身の血流やリンパの流れが良くなります。

その結果、肩こり、腰痛、冷え性、むくみなど血流が原因とされる諸症状が改善されます。




入浴効果.2 精神のリラックス効果

入浴お風呂リラックス効果

入浴には自律神経を整える働きがあります。

入浴は交感神経から副交感神経への切り替えのきっかけとなります。入浴により、緊張状態にあったカラダをリラックスモードへと切り替えてくれます。

これはみなさん実感がありますね。お風呂や温泉が気持ちいいと感じるのは、緊張状態にある交感神経からリラックスモードの副交感神経へと切り替わるからです。

水の中では、体が軽くなりますよね。体重は約1/9になっています。体が軽くなるので、自分の体重にかかる重力から解放されます。無重力とまではいきませんが、重力をこれだけ感じない事は陸の生活ではまずありません。体の疲れも心の疲れも軽くなることをイメージしながら入ると、さらに効果的でしょう。

体が痒くて髪の毛ベタベタ…お風呂がめんどくさい人の特徴
スケジュールが詰まっていて忙しかったり、くたくたに疲れていて面倒だったりで、お風呂に入らないという日はちょくちょく出てきてし...

入浴効果.3 入浴が良質な睡眠導入になる

お風呂睡眠リラックス効果



スポンサーリンク



入浴は睡眠とも深い関わりがあります。

人間のカラダは夜になり、体温が低下するとともに眠りにつきます。

入浴によって、眠る前に体温を少し上げておくことで徐々に体温が低下し、スムーズな睡眠へと導くことができます。

ところが入浴をせずに床につくと眠る前から体温が下がっているため、それ以下に体温を下げることはできません。睡眠への誘導がスムーズに行えず、なかなか眠れなくなります。

毎日湯船につかるのが理想ですが、どうしてもシャワーで済ませたいときはできるだけ多めにシャワーを浴びて深部体温を上げてください。首の後ろにシャワーを浴びるのも全身の血行が良くなるため、おすすめです。

入浴効果.4 免疫力が上がる

入浴にはヒートショックプロテインを増やす効果があります。ヒートショックプロテインとは、痛んだ細胞を修復するタンパク質のことです。

ヒートショックプロテインは免疫細胞の働きを強化する力を持っています。

ヒートショックプロテインはカラダに熱が加わることで発生しますので、入浴をすることで簡単にヒートショックプロテインを増やすことができます。

お風呂の温度による効果の違い

お風呂の温度健康効果

微温浴(37~39℃)の効果

副交感神経が優位に働き、心身が落ち着きます。副交感神経は簡単に言うと「静」の神経。精神的にも安らぎ、リラックスすることでストレス解消にもつながります。体の疲れもとれますが、どちらかというと精神面の疲れに効果的。1日の疲れを癒したい時は、ぬるめのお湯にゆっくりつかりましょう。

高温浴(42℃以上)の効果

交感神経が優位に働き、心身を活動的にします。交感神経は簡単に言うと「動」の神経。新陳代謝が促進され、リフレッシュ効果が望めます。汗をかいて老廃物も排泄されるので体の疲れが回復します。眠気を一掃して活発な気分になるので、仕事前にやる気を出したい時は、熱めのお湯にサッとつかるといいでしょう。

http://iitokoronet.com/2016/07/03/post-11776/




熱すぎるお湯は危険!

熱いお風呂はこんなに危険。お風呂での事故で多いのが転倒事故です。お風呂から上がった途端めまいを起こし転倒。もともと高血圧の方の場合なら脳卒中を起こしてしまうこともあります。

熱いお湯につかると皮膚表面の血流量が大幅に増えるため、脳や心臓などへ回るべき血流量が急激に少なくなり、高齢で動脈硬化が進んでいる人には大変に危険な状態。

「湯船での入浴は面倒!」というイメージがあるのも確か。だが、調査によると所要時間は平均でシャワー派は16分、入浴派は21分とたった5分しか違わない。

入浴の、主に精神面での安定効果と快眠効果のためなら、忙しい中でもあえてシャワーではなくお風呂を選ぶという選択肢も大いにアリです。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ