絵を仕事にしたい人のためのネットをフル活用した4つの方法

ネット絵仕事方法まとめ

「絵を描くことが好きで、絵を仕事にしたい!」という人は多いものです。ブログ管理人も、ネット上に公開された素敵なイラストを保存して収集するのが趣味の1つなので、絵描きの方にはどんどん商業デビューして欲しいと願っています。

誰でもネットが使えるこの時代で、絵を描くことを仕事にする方法を調べてまとめました。

スポンサーリンク

自分用のイラスト用ブログ・サイトを立ち上げる

イラスト用ブログ・サイト

新しい作品が出来ればアップし、古くて今は描いていない作品は削除するなど、マメに更新する。

自分が雇い主になったつもりで、プロのイラストレーターのサイトを複数見る。作品の見せ方や仕事の頼みやすさなど、自分のサイト作りの参考にする。

描いたイラストをスキャナーで取り込んだり、あるいは始めからペンタブレット等で描くことでデジタルデータとして保存し、それらを自分のイラスト用ブログに整理してアップしましょう。

TwitterやFacebookのみでは、それらのSNSにアップした絵がどんどん過去ログに押しやられてしまい、非効率です。最新から過去まで一覧にしてイラストが公開できる場というものはどうしても必要です。

「お仕事の依頼はこちらから!」とメールフォームを設置すると、会社からのイラストのお仕事依頼が届くようになります。

FC2やライブドアのような大手無料ブログサービスを利用して無料でブログ運営もできるほか、それに慣れてきたら、独自ドメインを取得して自分だけの本格ブログを立ち上げましょう。将来のことを考えれば、最初からこちらの方が何かと有利です。

独自ドメイン 本格ブログ運営時にメリット大の自分用URL
大手WEBサービス会社が提供している無料ブログを利用している方も多いと思われますが、無料ブログだからどうしても広告が勝手に入...

また、下に詳細を描きますが、人が大勢集まる人気イラストブログを構築することは、「Google AdSense(グーグル アドセンス)」という広告設置で収入を得ることもできるようになります。

画像付き解説!イラスト絵制作で簡単に有名になれる6つの方法
趣味のイラスト制作で有名になりたい!という人はとても多いです。ネットなどを通して有名になれば、自慢の絵の感想も日々どんどん寄...
絵の素人鑑賞者達がイラストで見ている8つの重要評価ポイント
まず最初に申し上げておくと、ブログ管理人は絵が描けません。絵の素人の意見なので、絵描きの方々からすればてんで的外れな...
10年分以上の時間と経験を先取り!絵を描き続けてわかったこと
長年、絵を描いてきてわかったこと、痛感した事、発見した法則などを調べてまとめました。この情報を有効活用することにより、十数年...
絵が下手で心が折れそうな人達の言葉で少しだけ筆休めのススメ
絵の練習で、思うように伸びずに悩むことは日常茶飯事です。そんな時に解決策や前向きな意見をネットで調べるのは王道ですが、同じよ...




Google AdSenseによって絵でお金を得る!

「Google AdSense」(グーグル アドセンス)とは、自分(自社)のWebサイトに広告を掲載することで収益を得ることができる、Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスです。

個人でブログを運営している人なら、ブログから得られる収入で生計を立てることも夢ではなくなります。Google AdSenseは企業や個人を問わず、あらゆるサイト運営者が自分のサイトを「広告メディア」として活用できるサービスなのです。

自分のサイトに広告を掲載する方法も簡単です。Google AdSenseから提供される「広告コード」を自分のサイトのHTMLソースコードに挿入するだけで、サイトの内容に適した広告が自動的に配信されます。たとえば、サッカーのニュース記事を掲載しているサイトに広告コードを挿入すると、サッカーグッズやスポーツ用品の広告が自動的に表示されるのです。そして、訪問者が広告をクリックすることにより、広告掲載の報酬、つまり収益が発生します。

Google AdSenseを利用すれば、いつも通りにサイトを運営しているだけで、広告が収益を生み出していきます。どのような広告を表示するかを細かく管理したり、広告主とのやりとりを気にしたりする必要はありません。収益を得る一方で、これまで通りのサイト運営に集中できるのも、Google AdSenseの大きな魅力といえるでしょう。



スポンサーリンク



イラスト用ブログを立ち上げることは、絵の仕事をもらいやすくなるのと同時に、Google AdSense設置で収入を得られることもなります。いよいよ、絵でお金を得ることにつながるわけです。

たくさんの人が自分のブログを訪問してくれるように、魅力的なイラストを定期的にアップしていきましょう。

ただし、Google AdSenseは設置できるブログ・サイトを「親が小さな子どもといっしょに見ても問題のない健全なブログ・サイト」に限定していることで有名です。エ.ッチなイラストや暴力的なイラストの掲載はGoogle AdSenseの規約違反となり、Google AdSenseを設置できないので、そういうイラストは掲載しないように細心の注意を払いましょう。(そういうイラストを掲載したいのなら、それ専用の、Google AdSenseを設置しないブログを別途に立ち上げましょう)

→Google AdSense公式サイトはこちらから

各種SNSを最大限に活用せよ

絵イラストSNS

Facebook、Twitter、PixivなどのSNS、CREATORS BANK、@CREATORZなどのクリエイター系のポータルサイトを併用。

TwitterやFacebookはもちろん、特にPixiv(pixiv(ピクシブ)は、ピクシブ株式会社が運営する、イラストの投稿に特化したソーシャル・ネットワーキング・サービス)を最大限に活用していきましょう。

Pixivは自分のファンも付きやすく、お仕事の依頼も来やすいので、自分の絵を宣伝する場としては最適です。ユーザーの数が非常に多いサイトなので、自分のイラストが人の目に触れるチャンスが、ただ自分用のイラスト用ブログを人知れず運営しているだけとは段違いです。

→Pixiv公式サイトはこちらから

これらのSNSを活用する時には、常に「絵のお仕事を受け付けています!」の文章と「イラスト用ブログはこちら!(URLの記載)」の2つを忘れずに。常に仕事を受け付け、自分のイラスト用ブログにファンや会社の人を誘導することを心がけましょう。

当ブログでのイラストレーターの仕事事情をまとめた特集ページは↓からどうぞ。

好きな事で生きていけ!プロイラストレーターの仕事と業界裏話
好きなイラストを描いて生計を立てる「プロのイラストレーター」は、ネット上でイラスト制作活動をしている人達の憧れの的であり、プ...
ネットで仕事を受けている在宅イラストレーターが語る裏事情
pixiv(ピクシブ)のようなイラスト投稿専用SNSも増えつつあり、またイラストレーターの大量確保が急務であるソーシャルゲーム業界も...




他にもイラストで仕事をするためにやることは多い

絵仕事やること必要

デザイン事務所や印刷所、ミニコミ誌編集、CD素材集を扱う出版社、ソーシャルゲーム制作会社など、ありとあらゆる所に営業活動をする
・アポイントを取る・飛び込み・DMを送る・Eメールするなど

公募やコンペに応募し、実績を積み上げる・公募ガイド
http://www.koubo.co.jp/
・コンテスト 公募 コンペ アワード コンクールの[登竜門] JDN運営
http://compe.japandesign.ne.jp/
・digmeout.net
http://www.digmeout.net/
・Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード – Yahoo! JAPAN
http://creative-award.yahoo.co.jp/

略歴に受賞履歴やコンペによる制作実績を載せることで、仕事への信頼度を高めることができます。
たとえ受賞を逃しても、公募やコンペに応募すること自体が、ニーズや課題にいかにして答えるかという、制作のトレーニングにもつながります。

絵や小説のプロ志望は必見!1000記事書いて判明したウケるコツ
イラスト、漫画、ゲーム、小説、ライター、音楽、アートなどなど、創作者になりたいと思っている人はこの世に数多くいます。各種SN...

クラウドソーシングサービスで絵の仕事を探す在宅で仕事をしたい人は登録必須のサイトです。
ロゴ作成やイラスト作成、ライティング、タスク・作業など、絵の仕事の募集が、日々、クラウドソーシングサービス上で行なわれています。これらに応募して仕事をこなすことで収入を得られます。

リアルな「場」に赴き、ソーシャルでつなぐ個展・グループ展や、デザイン・フェスタのようなクリエイター、アート系イベントへの出展。交流会への参加。
コミックマーケットに参加し、同人誌やイラスト集を販売したり、参加することを自分のイラスト用ブログや各種SNSで積極的に宣伝しましょう。ファンと交流できて生の意見をその場で聞けたり、出版社のスカウトの人から声がかかることもよくあります。


仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ