驚愕…可愛い猫に秘められた5つのちょっと恐くて不思議な話

猫不思議迷信オカルト

動物の猫は、そのとびっきりの可愛さと、家の中でネズミをとってくれるという役割から、人間とともにずっと暮らしてきました。

長く人間と生活に共にしてきたせいで、猫にはさまざまな不思議な言い伝えがあります。可愛い猫に隠された、ちょっと恐くて魅力的な猫のオカルト話を調べてまとめました。

スポンサーリンク

「猫には9つの命がある」

猫には9つの命がある猫迷信

「A cat has nine lives.」という英語のことわざは翻訳され、日本人にもよく知られている。猫はなかなか死なない、といった意味だ。

猫は多産で繁.殖力が高いだけでなく、生命力もとても強い。人間の基準ではまず助からないであろう重傷からも回復することがある。

つい最近もアメリカのフロリダ州で医師が死亡を確認し、埋葬までされた猫が5日後に自力で(!)飼い主の元へ戻ってきたニュースが話題になった。
これを紹介した海外紙の見出しが「Rise of the zombie cat(ゾンビ猫の復活)」なのだから周囲の驚きようがうかがえる。

また、猫は身体能力がすぐれているため、そもそもケガを負いにくい。高い所から逆さ向きに落下させてもちゃんと半回転して足から着地できる。
猫がどのくらいの高さから落下しても大丈夫なのかは諸説あるが、獣医さんによるブログ「nekopedia」に興味深い記述を発見した。以下に引用する。
この論文ではフライングキャットシンドロームで飛び降りてしまった猫の怪我や生存率をまとめています。平均落下階数は2.65階。
そして落下後生存したのは98.8%、さらにその後後遺症により安楽死をした猫を死亡頭数に加えると、生存率は94%であったと記録しています。
人間なら大ケガを免れない高さから落ちても、猫は深刻なダメージを負いにくいことが研究者によって明らかにされたというわけだ。

当ブログでの猫という動物についての解説まとめは↓からどうぞ。

猫…ハンターとしての能力&ペットとして人気の可愛い動物
人々にペットとして飼われる2大動物として犬とシェアを二分する「猫」。ネット上では犬よりも猫の方が愛好者が多いように感じます。...




「猫を殺した人間は猫にたたられる」

猫祟る

殺された猫が怨霊となり、人間を不幸にする。さらに殺した本人だけでなく七代先まで祟り続ける……昔から“猫の祟り”は人々に恐れられ、怪談や絵画、ホラー漫画などの題材になってきた。

現代の最恐ホラー映画として名高い『呪怨』シリーズも、やや 変則的だが作中で殺された飼い猫が大きな存在感を放っている。

ことわざに「猫を殺せば七代祟(たた)る」というものが存在する。猫は執念深い魔性の動物であり、殺すと子々孫々までたたるという俗説。



スポンサーリンク



当ブログでの可愛いくて人気の猫種特集ページは↓からどうぞ。

たくさんの人々に愛される大人気猫種7選画像付き解説まとめ
大きな目とふわふわの身体、そして天の邪鬼のような気まぐれな性格…猫は人々の心を掴んで放しません。ネット上では猫派の勢力が犬派...

「黒猫は不幸を運んでくる」

黒猫不幸

黒猫が前を通ると不幸がおこる、黒猫をまたぐと不幸がおこる、十三日の金曜日に黒猫を見ると不幸がおこるという迷信が一部で語られている。

欧米では、かつては不吉の象徴とする迷信があり、魔女狩り等によって黒猫が殺されることがあった。たとえばベルギー・ウェスト=フランデレン州の町イーペルでは「猫の水曜日」に時計台から黒猫を投げ殺す行事を19世紀初頭まで行なっていたという。その傾向は現在も続いており、特にイタリアで顕著だという。イタリアでは、黒猫というだけで年間6万匹もの猫が迷信を信じる市民によって殺害されており、動物愛護団体が署名を募るなどしている。

迷信とは裏腹に実際の黒猫の性格がおおらかで、甘えん坊で人好きな猫が多いともいわれ(個体差が大きい)、猫の愛好者に人気が高い。

「長生きした猫は妖怪化する」

猫妖怪化化ける

「10年生きた猫は化け猫に、20年生きた猫は猫又になって人間を化かす」といった俗説。化けるまでの年数は説によって異なるようだ。

ネコが妖怪視されたのは、ネコは夜行性で眼が光り、時刻によって瞳(虹彩)の形が変わる、暗闇で背中を撫でれば静電気で光る、血を舐めることもある、足音を立てずに歩く、温厚と思えば野性的な面を見せることもあり、犬と違って行動を制御しがたい、爪の鋭さ、身軽さや敏捷性といった性質に由来すると考えられている。

猫又(ねこまた)

猫又

「妖怪」のひとつ。年月を重ねた(一説によると20年)猫が化けたもの。
外見は凡そ猫そのものだが、尻尾が二股に分かれているのが特徴。また、特筆して大きな体を持っていたり、人間に化ける能力を持つものも居る。
性格は人間に似て多種多様。凶暴で人畜に害を為す猫又も居れば、元の飼い主に恩返しをする穏やかな性質の猫又も居る。




「死期を悟った猫は姿を消す」

猫死期姿を消す

弱った野良猫を見かけることはあっても、死んだ猫を(交通事故を除けば)見ることはきわめて少ない。その意味で「死期を悟ると人前から姿を消す」は正しいようにも思えるが、実際は違っているようだ。

猫はそもそも死の概念を理解していない。ケガや病気で弱っている時に「目立たず外敵に襲われない場所でゆっくり体を癒そう」と隠れているうち、回復しきれずそのまま死んでしまう……これが結果的に“猫の死体がなかなか目撃されない”ことにつながる。

また、猫を長く飼っている人は、この俗説が真実でないことを経験的に知っているかもしれない。飼い猫は体が衰弱するとむしろ甘えてくる場合がある。
自分の腕の中で愛猫を看取ったという人も少なくないはず。きっと飼い猫にとって、一番安全な場所は“飼い主の近く”なのだろう。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ