いつも努力できない人と努力できる人が違っている3つの点

努力できる人できない人違い

まるで空気を吸って吐くかのように当たり前に努力ができる人が存在する一方で、どうしても怠ける方へ気持ちが向かってしまって努力が続かない人がいます。後者の方がメジャーで、前者の方はレアな存在です。

努力できる人は普通の人と何が違っているのか?調べてまとめました。

スポンサーリンク

「努力できる」という遺伝的資質に恵まれている

努力できる人違い

2014年6月、『Psychonomic Bulletin & Review』に掲載された新しい研究結果によれば、
「すぐれた音楽家は、その技能を獲得するために必要な長時間の練習ができるよう遺伝子にプログラムされている」という。米ミシガン州立大学心理学教授のザック・ハンブリック氏らによって発表された。

音楽やスポーツなどの専門的技術の発達については、これまでにも「生まれ(遺伝)か育ち(環境)か」 という論争が繰り広げられてきた。最近は「遺伝と環境が相互に関連している」とする説が有力だ。
過去には、エリート音楽家は20歳になるまでに平均して約10,000時間も練習に費やし、 普通の(エリートと呼ばれる域に達しなかった)音楽家より数千時間も多いという研究結果もある。
生まれつき音楽的な才能に恵まれていても、大成するには努力が不可欠だとわかるが、 今回の研究のユニークな点は、その「努力」さえも遺伝の影響を受けていると示唆した点だ。

エジソンは「天才は1%のひらめきと99%の努力だ」と言ったが、「努力」できること自体が天賦の才能であるらしい。

努力する才能は実在する 気合いの量は問題解決にならない
「努力できる才能」という言葉を、ネット上でよく見かけます。 「いやいや、才能はともかく、努力だけなら根性でできるだろ!...
努力が嫌いな人大歓迎!なるべく努力せず楽に恋愛を始める方法
現代は、とにかく恋愛のハードルが高くて恋愛をするのが難しい時代。しかし、それでも恋をしたいと思うのが男女です。なるべく低負担...




不屈の精神「Grit(グリット)」という性格傾向をもつ

努力できる人違い

Grit とは「不屈の精神」「気骨」などと訳される言葉ですが、Clutter と同様、擬音語でもあります。困難を前にして歯ぎしりをしている、あのギシギシという音です。

この Grit が、今心理学者の間で子供の成長と成功を導く一つのバロメーターとして注目されているそうです。

こうした Grit をもっているかもっていないかは、知性とは関係がないというのが面白い点です。たとえば記事で紹介されている例に、過酷な軍隊学校を卒業できるかどうかを客観的なデータで予測できるかを試した例があります。

この研究例では、本人の体力や、知能テストを使っても予測の精度が高くならなかったのに対して、「私は失敗でくじけない性格だ」などといった Grit を調べるアンケート調査を行ったところ、そうした特性をもっている人であるかどうかによって、より正確に軍隊学校を卒業できる可能性を予測することができたそうです。

能力を長期的に一カ所に投入する力
Grit をもっている人にありがちなもう一つの特徴は、「一つのことに集中する」という特質だということが記事では挙げられています。



スポンサーリンク



おすすめ!正しい方向の努力を解説した当ブログでの特集ページは↓からどうぞ。

努力の適性と戦略的撤退も含めた現実的で正しい方向の努力方法
「努力は誰にでもできる!」「努力は素晴らしい!」「ほんのちょっとだけやる気を出してみよう」などと、具体性を欠いた精神論と、い...

ネット上の努力できる人への認識…「生まれそのものが違う」

でも天才は努力してるという意識さえなかったりするんだよな

努力を努力としないほど容易く、ストレスなくできるってことなんだと

おっけ安心したわ
こうなったのもやっぱり遺伝のせいか
両親には責任もって一生かけて償ってもらうわ

天才には努力=生活することだから努力なんて存在しない

つくづく思うんですが,俗に言う「努力さえすれば」というのは,できる人の目線ですね。
努力も能力のひとつであって,誰でもできるわけではないでしょう。

努力が出来る奴はすでに素質を持ってる。
何の素質もないやつは1日10時間も努力できない。
苦痛で苦痛で仕方ないんだ

何が怖いって
ただ単に要領がいい天才よりも
好きなものに才能を発揮できるやつが一番怖いんだよ
やつら普段やってることでも努力と思ってない。ただ好きだからやってるって感覚なんだよ。
ようは好きなもの見つけてそれを苦痛に思わずやり通すことができるやつが世の中勝ち組なんだよ。
他人と比べて劣等感感じるやつほど自分のないやつはいない

生まれ持った苦労を厭わない性格(脳内物質)
努力をしようと思える環境(教育等)
興味を持った物事に才能を発揮できる運
成功する人間はどれか持ってるんやろ

努力は頭のつくりの問題だぞ
そもそも努力ってのは目標に対する行動力のことだ
耐える力、飽きない力
これはもう、どうしようもないくらい脳のつくりで個人差が出る

同じ事をしてる場合、努力したと感じる奴と
努力していると感じることのない奴との違い
周りからは努力していると見られるが
本人はそうとは思っていない
この違いが大きい


努力で脳がキリキリ悲鳴を上げる感覚!努力できない人達の常識
男性にとってみれば女性の感情豊かな日常を実感しにくいですし、女性にとってみれば男性の感情を排した味気ない実務主義は実感しにく...




努力できる人は努力してきたから努力できる

努力できる人違い

「は?」となるようなタイトルですが、子どもの頃から努力を繰り返してきた結果、努力的行為に長けている・慣れているという意味です。場慣れしていると言い換えても良いでしょう。

「目的意識が強い」「ストレスを感じにくい」「好きなことには寝食を忘れて没頭できる」という性格傾向を生まれ持ったり、そういう風に育てられた結果、日常的に努力を続けてきたので、普通の人ならすぐにねを上げてしまう長期間の努力や、先が見えない挑戦事にも努力できるのだと推測されます。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ