矢澤にこ…ラブライブ優勝に大きく貢献した小悪魔にこにー

矢澤にこラブライブまとめ

「にっこにっこにー あなたのハートににっこにっこにー 笑顔届ける矢澤にこにこー にこにーって覚えてラブニコっ♡」

人気スクールアイドルアニメ「ラブライブ!」の主人公が結成したアイドルグループメンバーの中でも、最もアイドルらしさを追求している「矢澤にこ(やざわ-)」。ブログ管理人が好きなメンバーなので、特集を組みました。

当ブログでのμ’sの他のメンバーの「小泉花陽」の特集ページは↓からどうぞ。

小泉花陽…ラブライブ!の地味可愛い癒しメンバーのかよちん
大人気スクールアイドルアニメ「ラブライブ!」のメインキャラクターの1人にして、主人公が結成したアイドルグループ「μ's(ミュ...

スポンサーリンク

矢澤にことは?

矢澤にこ解説

音ノ木坂学院に通う、リボンとフリルの大好きな3年生。μ’s(ミューズ、本アニメの主人公が結成したアイドルグループ名)で最も小柄だが、強烈な個性を放つ。歌に自信はないようだが、笑顔とおしゃれには自信がある様子。

ラブライブ! 声優とキャラと歌が高度に融合した人気アニメ
ネット上のいたるところでその名前を聞く「ラブライブ!」。 ラブライブ!ってどんなアニメ作品なの?どこが面白くて人気なの...

ファンからの呼称は『にこにー』『矢澤先輩』『世界のYAZAWA』など。

メンバー内では唯一、幼い頃からアイドルを目指している。そのため、ドラマCD内でもアイドル活動への積極的な提言や自身のアイドルとしてのこだわりが随所に見られる。シャンプーのコマーシャルに出てくるモデルや女優のような綺麗でかっこいい女性に憧れているらしい。アイドルになったら可愛い衣装が着れることが一番の楽しみ。




矢澤にこのチャームポイント

矢澤にこ可愛い魅力

第1回ラブライブの覇者であり、プロとして通用するほどの実力をもつアイドルグループの「A-RISE」からは、矢澤にこは「アイドルグループに欠かせない小悪魔」と評価されている。小さな身体はマスコット的で可愛らしく、人目を引く。

アイドルになることへ向ける真摯な思い、ひたむきさは他のメンバーにはないものであり、そこに魅力や感動を覚えるファンも多い。相当な苦労人故かμ’sやラブライブへの執着心がかなり強く、穂乃果がμ’s解散を宣言したり第二回ラブライブの出場に消極的な様子を見せた時は真っ先に怒りを露わにした。3年生のにこが、リーダーの穂乃果に真っ向から意見してグループ崩壊の歯止め役になることも多い。

アイドルの研究とアイドルになることへの研鑽を怠らない性格ながら、自己紹介の「にっこにっこにー」というパフォーマンスが若干すべり気味だったりするのも、イヤミになってしまう完璧さをセーブする意味での愛すべきポイント。

三年生でアイドル研究部部長だが、すべり気味のアイドル熱と身体の小ささからμ’sのメンバーからはあまり敬われておらず、にこの腹黒さや威厳アピールが空回りしがちなのも注目。

当ブログでのラブライブ!の発足からファイナルライブの歴史特集は↓からどうぞ。

ラブライブ!のμ’sがファン達と歩んだ成長と栄光の歴史
ラブライブ!の曲、良いですよね。アニメのOP、ED曲はもちろんのこと、ほんのわずかな時間しか使われなかった話の中の挿入歌もレ...

たった一人でアイドル研究部を守ってきた矢澤にこ

矢澤にこアイドル研究部



スポンサーリンク



アニメ版では、1年生の時にアイドル研究部を設立したが、過酷な練習に耐えられなくなった部員が次々とやめていき、最終的に部員はにこ1人となってしまった。

それでも2年生まではスクールアイドルを続けようとしたが、3年生になりスクールアイドルの活動を諦めかけていた。

そんな中で、μ’sが誕生。当初はあまりの未熟さゆえにμ’sを気に入っておらず潰そうとしていた。しかし、それは1年生の頃にスクールアイドル結成したもののうまくいかなかったことから羨望を向けていた部分もあったということが考えられる。

アイドル活動をしていたことを知ったμ’sのメンバーがにこを誘い、7人目のメンバーとなった。にこにとってμ’sはスクールアイドル活動を続けることができた奇跡のようなものとなった。

常にまずまずの順位をキープ…矢澤にこのファン人気

ラブライブ矢澤にこ

総選挙は全順位、それ以外は全キャラ投票対象は上位3位、一部キャラ投票対象は上位1位のみ記載。

  • 第1回総選挙:5位
  • 第2回総選挙:1位→3rdシングル『夏色えがおで1,2,Jump!』センター担当
  • 第3回総選挙:5位
  • 第4回総選挙:2位
  • 第5回総選挙:5位
  • 電撃G’sマガジン カバーガール決定戦:3位
  • キュアメイドカフェ「ラブライブ!カフェ」μ’sカフェイメージペア投票:3位
  • アミューズメントガール決定戦第3回「プリントシール機が一番似合うのは誰?」:1位
  • アムラックス東京 助手席クイーン総選挙:3位
  • G’sマガジン付録 にいてんごフィギュア化決定戦:2位
  • コトブキヤ 水着フィギュア化決定戦:3位
  • ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル クリスマスカード決定戦:2位
  • 風薫るピクニックガール投票:1位

μ’sメンバーの中で唯一総選挙にて5位より下の順位に入ったことがない。
センター経験もあることからやはりコンスタントに人気を集めているキャラクターといえよう。

アイドルとしての完全無欠さが魅力のラブライブのA-RISE
人気スクールアイドルアニメ「ラブライブ!」の、主人公勢が結成したアイドルグループ・μ’s(ミューズ)のライバルグループにして...

にこの家はあんまり裕福じゃない…のか…?

矢澤にこ家族

家は裕福ではなく、母親は働き詰めである中でスクールアイドル活動をしていたようである(ちなみに裕福では無いと言う設定はアニメ、スクフェス、漫画でそれっぽいものが出てくる)。このため、UTX学院には入学できず、音ノ木坂学院に進学することになった。

テレビアニメ版の家族構成は妹2人(こころ、ここあ)と弟1人(虎太郎)。

1年の頃、スクールアイドルをやっていた関係で、妹と弟には『スーパーアイドル』と言っていたが、スクールアイドルのユニットが解消された後、やめたと言い出せず、そのまま時間が経っていき、μ’s加入後は他のメンバー8人をバックダンサーと言っていた。その後、妹と弟には本当のことを伝え、『宇宙No.1ユニット』μ’sのメンバー、『宇宙No.1アイドル』矢澤にことしてやっていくことを宣言した。

姉としての強さが描かれたり、親が病院を経営していてお金持ちの真姫へ対抗意識を燃やしがちな理由が判明したり、矢澤にこファンにとっては彼女の質素な暮らしにショックを受けるとともに温かい気持ちになれるエピソード。




自らの手で幸運を引き寄せ最高の形で引退できた矢澤にこ

矢澤にこラブライブ優勝

μ’sのメンバーとしての矢澤にこの功績は、μ’s結成の原型となったアイドル研究部を守り続けていたことや、アイドルメンバーとして活躍したこともそうですが、最大最高の功績は、第2回ラブライブで大トリとなる最後に演技する権利を、矢澤にこが抽選で引き当てたこと。当然、最後に演技した方が観客の記憶に残りやすくなり、投票で有利な立場になれます。

μ’sのダンスの質の高さと、最後の演技であることがあいまって観客から盛大なアンコールがかかり、見事μ’sは第2回ラブライブで優勝を果たしました。

スクールアイドルにとって、ラブライブ優勝は最大の栄誉。アイドル研究部で1人鬱々と過ごしていた時から、矢澤にこは一転して最高の形でスクールアイドルライフに幕を下ろすことができました。

すごーい!いつでもフレンズたちに会えるー!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ