秋…秋の味覚が充実し花や紅葉が美しく過ごしやすい季節

秋季節解説七草まとめ

10月第2週の現在、夏の熱気はすっかりと消え、涼しくて過ごしやすい秋真っ盛りの気候になっています。

日本における秋という季節について、調べてまとめました。

スポンサーリンク

秋とは?

秋とは解説

四季の第三。夏と冬の間で、日本では9・10・11月をいう。暦の上では立秋から立冬の前日まで(陰暦の7月から9月まで)をいい、天文学では、秋分から冬至まで。昼が短く、夜が長くなる。この季節は涼しくさわやかで五穀や果物の収穫期でもある。しかし、一方では台風や前線の影響で雨が降りやすく、「秋の空」など変わりやすいことのたとえにされる。やがて木々は紅葉し、草花は枯れて、冬へ向かう。

暑さの厳しい夏を過ごして、さわやかな秋になると人々の活力も回復し種々な面での活動も盛んになる。それを表現して「芸術の秋」「読書の秋」「食欲の秋」「実(稔)りの秋」「スポーツの秋」などといわれる。




秋の天候

秋の天候天気

秋の天気の特徴は春と似て、変わりやすいのが特徴です。この時期は台風がよく接近するため、前線の活動が活発になり、大雨になることがあります。他にも、移動性高気圧が通過するようになると、よく晴れて朝方は冷え込み、霜が降ることもあります。

気象現象
・残暑:立秋から秋分の間の暑さのこと。
・秋雨:秋の停滞前線(秋雨前線)によってもたらされる秋の長雨。
・秋晴れ:秋の澄みわたった晴天のことで、秋の特徴のひとつ。
・濃霧:朝晩の気温差の大きいとき発生しやすい濃い霧のこと。
・早い日没:夕方から、意外と早くに日が沈む状態。
・早霜:秋に、例年よりも早い時期に降りる霜のこと。

秋の自然現象

秋は春と肩を並べるにぎやかな季節である。様々な花が咲き、果実が生じる。これは夏ほど暑くない、好適な気温の季節であること、それに冬を迎えるために多年生の生物は冬を越す準備を、そうでないものは往々にして生活史の終結を迎えなければならないためである。空気は晩秋へ向かうほどに透明度を増し、斜陽が独自の陰影を作る。

秋の花としては秋の七草が有名である。園芸植物では菊が代表格であり、野草では彼岸花、コスモス、芒などが秋を代表する草花として知られる。また、果実が生産されるのも目を引く。冬への準備としては落葉やそれに先立つ紅葉、冬芽、休眠芽や球根、根茎の形成などがある。

空は秋が深まるにつれ、夏の高い湿度から開放され、大陸の乾燥した空気が日本を覆い澄み渡るようになる。入道雲に代わり、積雲、いわし雲(巻積雲)など秋特有の雲が多くなり、空の色は青さを増し、高く見えるようになり、中国の諺である「天高く馬肥ゆる秋」の表現が、しばしば使われる。

食欲の秋…積極的に食べたい秋の美味しい食べ物

秋食べ物食欲の秋

  • サンマ
  • 松茸
  • 秋なす
  • りんご
  • 里いも
  • イワシ
  • 戻りカツオ
  • 秋シャケ
  • 新そば
  • かぼちゃ
  • 銀杏
  • さつまいも
  • 新米
  • ぶどう

「読書の秋」という言葉の由来

読書の秋語源



スポンサーリンク



中国・唐代の文人である韓愈(かんゆ)が残した詩の中に、「燈火(とうか)親しむべし」という一節があります。その意味は、「秋になると涼しさが気持ち良く感じられ、あかり(燈火)になじむようになる」。つまり、秋は読書に一番適した季節であるということを表現したこの言葉が、読書の秋の由来とされていま す。

また、秋は気温が14度~16度と脳の活動に最適な温度になるため、読書や勉強に没頭しやすい時期なんだそうです。

「芸術の秋」という言葉とは

芸術の秋

由来についてははっきりとしていないが、以下のように考えられている。

  1. 秋は気候的に涼しくなってきて、集中力が必要な文化的な活動をするのに最も適した季節だから。
  2. 芸術祭や絵画の展覧会などが秋に集中して行われていたから。

以上のことから、秋は絵画を鑑賞したり描いたりするきっかけとなっている。

そのほかの秋の芸術行事といえば…

  • 文化祭
  • 演奏会
  • 紅葉狩り
  • 読書
  • 絵画
  • 映画
  • 月見
  • 菊人形

スポーツの秋

運動会(体育祭、体育大会) – 祝日「体育の日」があり、その前後に多くの学校で運動会や体育祭、体育大会が開かれる。校内と地区ブロック内の年2回する学校は春と秋に実施することが多い。

そのほかの秋のスポーツ行事といえば…

  • 収穫祭
  • 神輿
  • 秋祭り
  • だんじり




なにかと哀愁を感じることが多い秋

秋切ない哀愁

  • だんだんと日が短くなり、夜が長くなっていく。
  • 植物が葉を落とし、虫たちが姿を消す。
  • 何気なく空を見たらもこもことした夏の雲がなく、青空が高く見える。
  • 恋人がいない人は特に肌寒さとともに人恋しさがつのる。

こんな時に、何とも言えない物寂しさを感じるものです。その原因としては、「秋の長雨」といわれるほど雨も多く、台風シーズンでもあり気圧も乱れがちなので、気候の変化が、体調や気分に影響を与えることもあると考えられています。

秋口はまだ温かいので、身体は活動的なまま。それなのに日照時間は短くなり脳は冬眠モードに切り替わろうとするため、精神が追いつかず、憂鬱な気分になりやすい。

日照時間の減少によって気分も落ち込みがち。外に出て光をたくさん浴びれば気分も明るくなる。朝のお散歩もお勧め。

1日15分だけ!日光を浴びてうつ病を予防し心と体の健康維持
日光のおかげで自然が循環し、私たちは地球上で生きていけます。日光による水の蒸発と雨雲になって降雨での還元、植物の光合成による...

秋は、夏の疲れを回復させ、冬の寒さに備える季節。たくさん予定を入れたりせず、何もしないでゆっくり心身を休める時間をつくるなど、無理のない生活を心掛けることも大切。




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ