赤は情熱青は誠実…色から受ける心理的イメージと印象まとめ

色心理的イメージ印象

「赤」は熱い・危険・情熱的、「青」は寒い・理性的のように、人が色から受けるイメージはある程度固まっていて、それらの統計データをもとにデザイナーは配色を決定したりします。

あなたの服のコーディネートの色の組み合わせが他者へ与えるイメージ、恋愛関係の贈り物が相手へ与えるイメージなどなど、色から受けるイメージというものは目立たなくても重要な物があります。色のイメージについて調べてまとめました。

スポンサーリンク

赤のイメージ

赤のイメージ

  • 【プラスの心理】:情熱的、強さ、エネルギー、注目、暖かい、購買意欲、食欲増進、リーダー、主人公、目立つ、勝利
  • 【マイナスの心理】:安っぽい、危険、暴力
  • 【連想される物】:太陽、暑い、熱い、炎、ポスト、りんご、血液、火星、てんとう虫、ハート、ルビー、薔薇、いちご、彼岸花、赤ワイン、ミニー

ある心理学の研究によれば、「赤」というのは、交感神経系に刺激を与え、血圧や体温・興奮作用を高めるといった効果もあるそうです。

また、「赤」には食欲を増進させるための効果も持っているので、飲食店なんかは、店内や店頭デザインに「赤」を使うと、効果的に食欲を増進させ、売り上げに繋げていくことができます。




ピンクのイメージ

ピンクのイメージ

  • 【プラスの心理】:女性的、ロマンチック、優しい、華やか
  • 【マイナスの心理】:繊細、不安定、弱い
  • 【連想される物】:桜、春、桃、頬紅、ハート、ネイル、ピンクイルカ、星のカービィ、豚、ピンクダイヤ、ピンクゴールド、ピンクリボン

女性らしさの代表の色。やわらかい色なので、女性向けで使いやすい色です。
淡いピンクにすると安心感や安らぎを、ビビットなピンクになるとお洒落や元気なイメージにも。

また、色の組み合わせによっては男性向きにもなります。

紫のイメージ

  • 【プラスの心理】:高貴、上品、大人っぽい、神秘、古典、ムード、優雅、魅力的、神秘的パワー
  • 【マイナスの心理】:恐怖感、孤立、独特、不思議、近寄り難い
  • 【連想される物】:茄子、スミレ、菖蒲、紫キャベツ、京都、紫芋、占い、数珠、アナスイ、ベリー、紫外線

赤系から青系まで幅広い紫。使い方が難しく、センスがある印象を与えます。神秘的で上品、時には近寄り難い印象にも。

黒と合わせるとより高貴に、ピンクと合わせると女性らしくなります。

黄色のイメージ

黄色のイメージ

  • 【プラスの心理】:活発さ、開放感、明るさ、希望
  • 【マイナスの心理】:軽率、幼さ、奇抜さ
  • 【連想される物】:夏、子供、太陽、ビタミン、月、星、バナナ、卵、ひよこ、とうもろこし、ゆず、たんぽぽ、ひまわり、菜の花、黄色の信号、ピカチュウ

黄色には、脳の活性化がよくなり頭の回転が早くなるといった効果もあります。

さらに、黄色い光は「交感・副交感神経」を刺激するため、注意を喚起しやすいです。なので、道路工事や信号などに使われています。

スズメバチ…力ある存在&生まれついての完全戦闘生物
「強いモノ」というのは人々に好まれます。著名な格闘家や世界チャンピオンのボクサー…肉体面に限らず、テレビで活躍している人々は...



スポンサーリンク



緑のイメージ

緑のイメージ

  • 【プラスの心理】:安心、生命力、平和、リラックス、癒やし、健康、ベジタブル、安全、若々しい、爽やか、鎮静作用、やすらぎ、自然的
  • 【マイナスの心理】:未熟、目立たない、無難
  • 【連想される物】:葉っぱ、木、カエル、草原、抹茶、非常口、エメラルド、松、細胞、メロン、野菜、黒板、クローバー、人工芝、熟す前の果物

よく「遠くの緑を見ると目に良い」と言われているように、「緑」には、目の疲れを癒す効果もあります。

安心感のある優しい色です。エコや地球、信頼感を高めたい時によく使われる色です。中間色であるので、派手すぎない落ち着いた印象にできます。

青のイメージ

青のイメージ

  • 【プラスの心理】:リラックス効果、若々しい、清潔、誠実、クールさ
  • 【マイナスの心理】:食欲減退効果、寒色効果
  • 【連想される物】:水、海、青空、ソーダ、地球、氷、ハワイアン、信号の青、ブルーシート、ドラえもん、聖母マリアのマント、静脈、サファイヤ

爽やかで清楚なイメージ。青空や海や地球も連想することから、「綺麗」「清潔感」の表現に適しています。実際、信頼感が重要な金融関係や会社案内等でよく使われます。

「青色」には、気持ちを沈静化させ、集中力が増すといった効果もあります。受験漫画で有名な「ドラゴン桜」でも、”青いペン” を使う場面があるそうです。

青色には「食欲減退効果」があります。自然界には、あまり青い食べ物がないため、気味が悪いと感じ、食欲が減るんですね。なので、ダイエットとして、食事前に「青いモノ」を見るといった手法もあるほどです。

灰色のイメージ

  • 【プラスの心理】:落ち着き、調和、どの色とも合う、思い出
  • 【マイナスの心理】:無機質、不安、暗い、寂しい、迷い、汚れ
  • 【連想される物】:ねずみ、曇り、コンクリート、灰、煙

彩度が無い色。どの色とも合うため、背景色でよく使用されます。

単体で使うとマイナスイメージになりやすいので、メインとなる色を引き立たせるために組み合わせる色として使うのがオススメ

空が灰色だから 阿部共実の独特の世界観がクセになる漫画
本屋で見かけるとつい手に取りたくなる、非常に独特なデフォルメ絵の表紙。女性雑誌に出てきそうな女性向けファッションアートのよう...

白色のイメージ

  • 【プラスの心理】:清潔、純粋さ、軽量色、シンプル、光
  • 【マイナスの心理】:冷たい、空虚、味気ない
  • 【連想される物】:雲、天国、天使、雪、米、白鳥、白馬、牛乳、ヨーグルト、バニラアイス、しろくま、白蛇、白衣、ノート、白玉、クリーム、砂糖、グラウンドのライン、歯、ウェディングドレス、お皿

白色は、清潔感があり、広々とした空間を演出します。病院や美術館などが、まさにそうでしょう。

また、明度がもっとも高いことで目の錯覚をおこし、白い服を着ると膨張して太って見えるといった特徴もあります(逆に、黒はスマートさを演出します)




黒のイメージ

黒のイメージ

  • 【プラスの心理】:高級感、ゴージャスさ、力強さ、知的さ
  • 【マイナスの心理】:不安、暗闇、恐怖
  • 【連想される物】:夜空、宇宙、夜、ブラックホール、スーツ、カラス、墨、まっくろくろすけ、筆、黒猫、ビル

全ての色を混ぜると黒になるため、支配力が強いイメージがあります。ベースを黒にするとカッコよく、スタイリッシュに。

「黒」というのは、上記の通り、不安や恐怖によって、人間の活動エネルギーを低下させ、絶望感を抱かせる色です。なので、長時間、黒一色の空間に人間を置くと、各臓器の活動が著しく低下するといった研究結果も出ています。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ