ADHD…集中力と注意力の欠如等の脳機能障碍症状とその対策

adhd解説症状対策

やたら落ち着きのない子どもが「ADHD」だと診断されることが近年増えてきました。ネット上でもADHDの方の報告をよく目にします。

ADHDとはどのような病気なのか?調べてまとめました。

スポンサーリンク

ADHDとは?

ADHDとは症状

ADHDAttention Deficit / Hyperactivity Disorderの略であり、日本語訳すると注意欠陥・多動性障害となる。

多動性(落ち着きがない、しゃべりすぎる等)衝動性(順番を待つのが難しいなど)不注意(ケアレスミスが多い、忘れ物が多い)などの症状が生まれつき存在していることが特徴で、それによって著しく生活が困難な場合、ADHDの可能性が高い。

7才程から症状が表面化され始め、ADHDの子供は健常児が難なくできることができないために自尊心が通常よりかなり低いことが多い。忘れ物や授業中の私語も多いため教師からの評価は低くなりがちとなる。

また、昔よりかはマシになったとは言え未だに理解が進んでいるとは言えず、「しつけの問題」と親の責任にされてしまうことが多い。それによって親はより厳しくしつけようとして子供に強く当たるがそれが負担となり、また失敗を繰り返して……の負の無限ループに陥りがちで、家庭崩壊に繋がることもある。




スポンサーリンク





ADHDの原因は脳機能障害であり親のしつけとは一切の関係はない。

学習障害?アスペルガー?発達障害のわかりやすい症状解説
ネット上でよく目にする、「発達障害」という言葉。発達障害でない人達にとっては、いずれ治る病気なのか、生まれ持った障害なのか、...




ADHDの症状…集中困難・過活動・不注意

ADHDの症状

集中困難・過活動・不注意などの症状が通常12歳までに確認されるが、過活動が顕著でない不注意優勢型の場合、幼少期には周囲が気付かない場合も多い。

年齢が上がるにつれて見かけ上の「多動(落ち着きがなくイライラしているように見える)」は減少するため、かつては子供だけの症状であり、成人になるにしたがって改善されると考えられていたが、近年は大人になっても残る可能性があると理解されている。

その場合は多動ではなく、感情的な衝動性(言動に安定性がない、順序立てた考えよりも感情が先行しがち、論理が飛躍した短絡的な結論に至りやすい)や注意力(シャツをズボンから出し忘れる、ファスナーを締め忘れるといったミスが日常生活で頻発する、など)や集中力の欠如が多い。

根性論ばかりの日本では理解されづらい発達障害者の声まとめ
高度成長期や人情が重んじられていた時代は社会に余裕があり、ちょっとくらいできない人も抱える余裕がありました。しかし、経済成長...
甘えや努力不足で一蹴される発達障害者の辛い人生と楽な生き方
注意力が散漫すぎてミスを多発したり、言葉の裏を読むことができずにコミュニケーション能力に難があったりする「発達障害」は、一見...

ADHDの主要な症状への対策

ADHD症状対策



スポンサーリンク



集中先が移動しやすい

解決策・・・メモ帳を持たせる、「これをやったらこれをして良い」「これをしたらご褒美を上げる」と条件を付ける。そしてその条件は絶対に守る(信頼関係構築のため)。

勘違いされやすいがADHDは集中力がないのではなく集中先が移動しやすいだけである。
具体例を上げると『宿題をやる前にコーヒーを飲もうと砂糖とコーヒーの素をカップに入れた……が、その時猫が擦り寄ってきたので遊んでいると猫の餌が無くなっていたのでそれを補充し、ふとTVに目をやりそういえば自分の好きな番組がやる時間だったなと思いさっきとは別にコップを出してジュースを入れて座って見た」といった風である。
先述のとおり集中力そのものは低くなく、もし自分の好きなことの場合は逆に何時間でも集中が続いてしまう。

癇癪を起こしやすい

解決策・・・癇癪を起こしそうかな、と思ったら外に出して思いっきり遊ばせる。いざ起こした場合は放っておき(叱ったりすると逆に癇癪がひどくなることが多く、さらに自尊心が傷つく可能性もある)癇癪が収まりきった時に冷静に対応する(何で怒ったか、次からどうして欲しいかを聞く)。

ADHD患者は感情のコントロールが下手(さっきまで上機嫌でニコニコしてたのに数分後には不機嫌になる)で、ちょっとしたことですぐに癇癪を起こす。
傍から見ればなんでそんなことで癇癪を起こすのかが理解できず、わざとやっているとさえ思われてしまう。が、ADHD患者自身「なぜ自分がこんなことで怒るのか」がわかっていない。けどその時は腹が立ったので癇癪を起こした、ただそれだけである。
そしてADHDを知らない人々から「親のしつけ不足」と勘違いされ(ADHDだということを教えても言われることも多いが)親はより厳しくしつけようとするが、ADHD患者が一朝一夕で感情コントロールが身に付くはずもなく負の無限ループにハマることになる。

負のオーラが充満する汚部屋&ゴミ屋敷の恐怖現象と片付け方
物が散らかっている部屋は、いつの間にか買っておいた物が無くなっている、害虫が出現、捜し物が見つからない、ゴミの山のせいでじわ...
ゴミ屋敷…精神病や発達障害により粗大ごみで家が埋まった状況
テレビ番組などで特集を組まれる「ゴミ屋敷」は、家の内側からあふれ出したゴミの山によって家が埋まっている、という汚部屋(おへや...

ネット上でのADHDについての意見

記憶の喪失がやばいADHDの傾向はだれにでもあるただ生活にそれで支障があるレベルだとこの病気おととい診断が出てショックだったけどホッとしてる。
ADHDっていう自分の脳の仕様なんだって知れば、スレにあったように詳細にタスクを書きだすとか、やってみたら本当ラク
対策が分かって本当によかった
努力が足りないと思い込んで空回り、悪循環してても何のためにもならないからさ
生活がかなり改善できそう
あと周りの人への感謝はこれまで以上に忘れないでいこうと思ってるよ

ADHDの特徴のひとつに自己つっこみがある
それで余計に自己肯定できなくなってる人が多い
上手くいかなかった経験だけでなく、自らを打ちのめす癖が自信のなさに追い討ちをかけてる部分がある
つらい人は病院でカウンセリングだけでも受けてみな
俺はかなり楽になったよ

俺は脳内メモりが極度に小さい。
同時に2つ以上言われると、1つも頭に入らない。

よくあるのはAの業務をしながら、気づくとBの業務のこと考えてる。
無意識に。で、Aの業務がケアレスミスしたりしてる。

ADHDの原因…脳が部分的に縮小

ADHD原因脳

遺伝的な要素が指摘され、一卵性双生児ではきわめて高い頻度で一致し、血縁者に共通してみられることも多い。遺伝的な要素に様々な要因が加わり、症状を発現させる。抑制や自制に関する脳の神経回路が発達の段階で損なわれているという点までは確からしいが、その特定の部位・機能が損なわれる機序は仮説の域を出ない。

機能不全が疑われている脳の部位には、大きく3箇所ある。ADHDの子供達はこれらが有意に縮小していることが見出される。

・右前頭前皮質
注意をそらさずに我慢すること、自意識や時間の意識に関連している
・大脳基底核の尾状核と淡蒼球
反射的な反応を抑える、皮質領域への神経入力を調節する
・小脳虫部
動機付け




ADHDと発達障碍の関係

ADHDと発達障碍の関係

発達障碍とは、自閉症やアスペルガー症候群、ADHD、多動性障碍などといった先天性の発達遅延症状の総称。

発達障碍とは、頭脳や精神のうち「どこか一部」の発達がほぼ不可能であるか実年齢に対してものすごく緩慢である状態をいい、広義には知的障碍も含むのだが一般には知的障碍を含まない軽度発達障碍を指す場合が多い。

平成24年の文部科学省の調査によれば、小中学生の6.5%に発達障碍の可能性がある。また、全人口の2~6%が発達障碍者であるとも言われている。

発達障碍に共通して現れる症状はマルチタスクや論理的思考が苦手(物事の先が読めない)、空気や行間が読めない、注意散漫などといった症状があり、発生は先天性、または後天的でも事故などによって発生するものであって環境のせいではないとされ根本治療は出来ないが投薬で症状を抑え込んだり、環境を整えてやればかなり軽減可能である。

代表的なものに、LD(学習障碍)、ADHD(注意欠陥多動性障碍)、広汎性発達障碍(自閉症、アスペルガー症など)があるがこれらは程度が様々であり、その症状も千差万別でスペクトラム上に分布されるという考え方から、どこからどこまでがこの障碍という明確な線引きは不可能である。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ