睡眠不足・紫外線・ストレス…髪の毛がハゲる6つの生活習慣

ハゲになる生活習慣解説まとめ

20代後半から30代に入って、目に見えて分かる同期との残酷な格差がハゲているかハゲていないか…。ハゲは男性にとって非常に恐るべき存在です。恋愛や結婚での巨大なハンデになるだけでなく、自尊心まで失われます。

ハゲる習慣…ハゲの原因とは何なのか?ハゲを回避するために、調べてまとめました。

スポンサーリンク

ハゲになる生活習慣.1 紫外線

ハゲ生活習慣紫外線

「紫外線は有害でガンの原因にもなるため絶対に避けた方がいい」というのが美容業界では常識。特に夏場の強い紫外線は、髪のケラチンを破壊してキューティクルがめくれて浮き上がってくる。

髪の毛は紫外線によって痛めつけられると、ちょっと擦れただけでキューティクルが剥がれて、髪の毛の潤いを保つたんぱく質や脂質がシャンプーした時に溶け出しやすくなり、髪が変色したりカサついたりして強度が低下、結果として抜け毛に繋がりやすくなる。

頭皮が日焼けして炎症を起こしたり、日焼けした箇所の毛母細胞がダメージを受けると、抜け毛や薄毛を招きやすくなるんだよ。

だから天気の良い日に外出するなら、特に日差しが強い真夏日なんかは帽子を被ったりして出かけたほうがいい。




ハゲになる生活習慣.2 睡眠不足

睡眠不足ハゲ生活習慣

薄毛を促進させてしまう生活習慣は、「睡眠不足」。頭皮にある毛穴の数は決まっているので、髪の毛が薄くなったり痩せたりすることはあっても、基本的に髪の毛はいつでも生える準備ができています。

しかし髪の毛をつくる毛根の細胞が、うまく働かないと健康な髪は生えません。髪をつくるホルモンは、大人になっても分泌し続ける成長ホルモンの一種なので、寝ているあいだに分泌されます。

そのため、毎日夜更かししたり、生活リズムがバラバラだったりすると、ハゲやすくなるのです。起床時間にもよりますが、夜中は髪の毛が1番育つ時間です。

睡眠不足は、肌荒れを起こしたり、脳や体の休養が不十分だったり、ほかにも不調を招きます。清潔な寝具で、毎日心地よく眠るようにしましょう。

ハゲになる生活習慣.3 ストレス

ストレスハゲ生活習慣

ストレスといえば円形脱毛症では?と思うかもしれませんが、ストレスを溜めすぎると、つむじ周りに限らず、抜け毛や薄毛につながるのです。そもそも人はストレスを感じると、全身の血管が収縮してしまいます。

そうなると、摂取した栄養や排出される老廃物を運ぶ役割を担う毛細血管は、細いこともあり血流が滞ってしまいます。すなわちストレスを感じている間は、栄養の吸収が悪くなるので、体のあちこちに不調が見られるわけです。

ですからストレスを感じた場合は、自分なりの解消法でリラックスしてください。気分転換に音楽を聴いたり映画を見に行ったり、散歩や体操をしたりするのも効果的です。マッサージや入浴なども、血行が良くなるのでおすすめです。

嫌な上司や不向きな仕事のストレスで会社員がハゲる悲しい現象
会社勤めをするということは、嫌な上司や興味も無い作業に延々と付き合わされるという事。そしてそれは、巨大なストレスでいやおうな...
育毛剤より先にストレス源の解決を!ストレスで髪がハゲる仕組み
男性は中年から高齢に差し掛かるとハゲる事が多くなるのですが、その原因は単なる加齢や遺伝だけで片付けられるものではなく、「スト...
ストレス耐性を作る6つの能力とストレス診断&解消法を解説
同じ職場で同じ仕事をしている人でも、片方はストレスで胃を痛めて髪が薄くなるほど心をやられてしまっているのに、もう片方は何事も...


スポンサーリンク



ハゲになる生活習慣.4 栄養(主にタンパク質)不足

髪ハゲタンパク質生活習慣

「栄養不足」も薄毛の要因です。食べ物やサプリメントによって体内に吸収される栄養は、全身に均等に分配されるわけではありません。

脳や内臓など、生命維持にとって不可欠な場所から多く分配されていくので、髪の毛などには最後まで栄養が回ってこないのです。そのため、ただでさえ偏った食生活で栄養が不足すると、髪の毛は栄養失調になります。

脂っこい食べ物や辛いもの、甘いもの、肉類などの食べすぎはよくありません。野菜に含まれるビタミンや、亜鉛などのミネラルを取り入れてください。

よくワカメや昆布などの海藻類が髪にいいとされますが、それは美しい髪を育てるミネラルが豊富に含まれているため。一日一回は摂りたいものです。もちろん野菜だけ、海藻だけの偏った食事は厳禁。

タンパク質も髪を作る大事な栄養素なので、肉や魚、卵などもバランスを考えて摂ることが大事です。また、三食決まった時間に摂っていない、など生活リズムの乱れも薄毛につながる生活習慣なので改善を。

ミネラルの一種の亜鉛は、摂取したタンパク質を髪に変えるための非常に重要な栄養素です。亜鉛を含む食べ物を長期間食べ続けるのはなかなか難しいので、亜鉛を含むマルチビタミンサプリメントや、亜鉛サプリを購入して、意識的なタンパク質摂取といっしょに毎日飲みましょう。

ハゲになる生活習慣.5 お酒の飲み過ぎ

薄毛予防に血液の循環が大きく関与していることは先述のとおりです。その点では、適量の飲酒も、体を温め心を開放的にするので、血管拡張作用があるので有効です。

ただし効果があるのは、あくまで「適量」の飲酒。ストレス解消のため、大量にお酒を飲むのは薄毛の症状を悪化させます。まず摂取したアルコールは、肝臓でアセトアルデヒド(毒性)に変わり、その後酢酸(無毒)に分解されます。

しかし大量の飲酒で、アセトアルデヒドの分解が間に合わなくなると、血液中に排出され全身を循環します。

これが悪酔いの原因なのですが、さらにこのアセトアルデヒドは、抜け毛の原因になるホルモンと言われるDHT(デヒドロテストステロン)という物質を増やす働きがあります。アルコールの過剰摂取が、ハゲる原因になりうるのはこういう仕組みなのです。




ハゲになる生活習慣.6 他にもまだあるハゲる習慣

ハゲる生活習慣

喫煙

タバコは抜け毛を促進させます。タバコはニコチンという成分を含んでいますが、ニコチンは毛細血管を収縮させる働きがあります。

そのため血行不良になり、当然頭皮への血流も低下します。その結果、頭皮に栄養が運ばれてこず、代謝が悪くなり、髪の毛の成長が妨げられます。

髪の洗いすぎ

洗いすぎによって表面の必要な皮脂まで流されると、頭皮が傷んでしまいます。肌に優しいシャンプーを使って、指の腹で丁寧に洗って、しっかりすすぐことを心がけてください。

運動不足

長時間同じ姿勢でいたり、家でじっとしていたりすると、筋肉はストレスを感じて血行不良になります。これでは栄養不足が解消されても、全身に栄養をきちんと届けることができませんね。

運動不足の人は、毎日少しずつでもいいので、体を動かしましょう。もちろん急激な運動はかえって悪影響ですから、無理のない程度のストレッチや体操など、軽い運動が有効です。肩こりや頭痛なども解消されて、一石二鳥です。

2017年冬アニメの視聴継続中の作品 第1位!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ