お金の為・家族の為…あなたの心を強く支える4つの働く理由

お金の為・家族の為…あなたの心を強く支える4つの働く理由

働く理由まとめ

「穴を掘って、その穴を土で埋める作業をひたすら繰り返す」という無意味な作業は人間の精神を破壊して発狂させます。そこまでいかなくても、人は意味を見出せない作業には精神的疲労と倦怠感を強く感じるものです。

自分の中でかっこたる「働く理由」を見つけ出すことは、精神衛生上でとても重要です。働く理由について調べてまとめました。

スポンサーリンク

ネット上での働く理由

怠け者の私が毎日働く理由ですか
そりゃ人付き合い得意じゃないけど完全に断ち切られると死にたくなるからだよ

ニートやってたけど流石に暇
三ヶ月で飽きる
今は仕事でやりたいことやろうとしてるから楽しい

金だ、金にならなければ働かない
あと申し訳程度の自己満足

生きる為の金を稼ぐ為
体や心を壊してまで仕事するつもりは無い

行きついた結論は生活するため稼ぐだけ。大学生の頃はやりたい事やなってみたい役職あったけど、社会人1年目でどうでもよくなった。

金のために嫌々働いてるだけだしなあ……そう言われても

覚悟はいいかな?日本の仕事環境の法則と裏事情を全公開します
ネットで見つけた、日本の労働環境の実態や、働く人の心理を見事に言い表した格言を整理してまとめました。 ブログ管理人がこ...




働く理由.1 お金のため

働く理由金

なんだかんだ言っても、「真面目に働くことの意義」はヤリガイとか社会貢献とかだと奇麗事でとらえるより、
思いきり「金の為、自分の為」と割り切った方が理不尽な目にあっても、真面目性・モチベーションを維持しやすい。

欲深いとそれを達成する為に努力するから
日々張り合いがある。
しかし無欲とか欲を抑えようとすると
積極的な行動力に結び付かないから結局無気力となり廃人のようになってしまう恐れもある。
結局人間が頑張れるのは欲があるから。欲とうまく付き合う事が大切。

「生活水準を下げたくないから」「健康的な生活を送りたいから」「趣味のための機材やコレクションを充実させたいから」「娯楽も楽しみたいから」そういう理由も「仕事=お金のため」と割り切るために非常に有効。


医者に弁護士にマスメディア業界!年収1000万円以上の仕事と生活
仕事をする人達にとって、1つの到達点といえる節目が「年収1000万円以上」。もちろん、ほとんどの普通のサラリーマン達には達成...



スポンサーリンク



働く理由.2 家族を養うため

働く理由家族を養うため

ひとりの生活から家族のいる暮らしへ変わると、家族の生活を支えるため、たとえば子どもを育てたり、学校に行かせたり、みんながご飯を食べたりするには、 誰かが働いてお金を得ることが必要になる。

暮らしを支えて、家族が健康に生きていくことは、社会を支えることにもつながる。そのためには家族みんなが協 力して、暮らしを支えていかなければならない。

結婚した意味が働く理由となり、結婚生活や、子どもを育てる生活にやりがいをもてるようになる。

働く理由.3 自分自身のため

働く理由自分自身のため

幸福とは、その人間の希望と才能にかなった仕事のある状態をさす。不幸とは、働くエネルギーがありながら、無為な状態にあることをさす。

人からの指示ではなく、自らの意思で仕事をする。それが自分のために働くということ。あこがれた職業につくことは夢の実現ともいえる。辛いことがあっても、「この仕事が大好き!」「この仕事をしているときが幸せ」と、胸を張って言えたら、それはかなりうれしいこと。

仕事をしながら技術を磨き、成長していく自分がいる、自分のために働きたいと思うことは、誰にとっても当然なことかもしれない。

働く理由.4 社会とのつながりや社会貢献のため

社会貢献働く理由

すべての企業は、人のために役立つものを提供している。だから、その代価としてお金をもらう。

しかし、ボランティアやNPOはお金をもらうことだけが目的ではない。 お金はあまりもうからないけれど、人のため、社会のために働いているといえるだろう。自分が働くことで「社会ために役立っている、人が喜んでくれる」と、 実感することは働く励みになる。社会のために働くことで自分も刺激を受け、視野を広げたり、仲間と協力しあって、ひとつの仕事をやりとげたりすることが、 生きがいになる。




おまけ:自分の生きる目的を30代までにはっきりさせる事

ぶっちゃけ おっさんになるまでに必要なのは嫁でも子どもでもなく自分が何の為に働いてるのか
何が自分の幸せなのか この辺を自分の中でハッキリさせとく事だと思う
それが子どもでも嫁でもオタ趣味でもいいさ
ただ漫然と働いてると30代中盤になった辺りで端からみてどんだけ勝ち組でも焦りがくるらしい
俺は本当にこれでいいんだろうかってね




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ