睡眠不足の5つの深刻な害…うつ病・高血圧・作業効率激減等

睡眠不足健康被害解説まとめ

IT関係、医者、広告代理店、漫画家などなど、あまりに激務過ぎてろくに睡眠をとれない職業というものは存在します。そういった職業に就いている早死に率・自.殺率はかなり高いと言われています。

また、スマートホン操作で忙しいから若さにまかせてろくに眠らない学生の男子・女子。一生に一度の子どもの頃の成長期にちゃんと眠らないと、マジで背が伸びなくなり、胸も大きく育たなくなります。

睡眠不足がもたらす健康被害について調べてまとめました。

スポンサーリンク

年代別にどれくらい睡眠を取るのが適切なのか?

学者によって言うことが違いますが、今のところ、一般的にこんな数字が妥当とされています。

子ども:12時間
ティーンエイジャー:9時間
大人:7時間~8時間
高齢者:最低6時間

年をとってくると、成長ホルモンの出が悪くなりますので、少なくてもいいようです。

これはふとんに入っている時間ではなく、実際に寝ている時間です。睡眠不足が続くと、耐性がつくというか、それが「いつもの自分」と思ってしまいます。ですが、しっかり睡眠不足になっています。

たまに「私は5時間で大丈夫」、「6時間寝れば足りてます」という人がいます。

アメリカのカリフォルニア大学の研究によると、確かに、6時間の睡眠で普通に機能できる遺伝子を持っている人がこの世にいるそうです。しかしその率はとても低く、アメリカ国民の3%未満です。




睡眠のさまざまな回復効果

睡眠回復効果

睡眠は、心身の休息、身体の細胞レベルでの修復(いわゆる「自然治癒」)、また高次脳機能(記憶の再構成など)にも深く関わっているとされる。

下垂体前葉は、睡眠中に2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する。放出間隔は睡眠によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は睡眠時に特に促進される。いわゆる「自然治癒力」(や「免疫力」)は睡眠をしっかりとることによって増すのである。

また、ストレスの軽減にも睡眠は必要である(というよりも、睡眠不足というのは一般にひどいストレスを引き起こすものである。睡眠を意図的に不足させることは拷問に使われることもあるくらいで、つまり睡眠不足というのは拷問に使われるほどに心身にとって苛酷な状態なのである)。

睡眠不足の害.1 うつ病になる危険が高まる

睡眠不足健康被害うつ病

不眠と心の病気とは、深い関係があります。
米国のジョンズ・ホプキンス大学の医学生を対象とした調査では、学生時代に不眠を経験した人は、経験しなかった人と比べ、その後数十年間でのうつ病発症リスクが高いことが分かっています。



スポンサーリンク



ブラック企業の社員がうつ病になりやすいのは、パワハラ・モラハラ・薄給等に加えて、激務過ぎて慢性的な睡眠不足状態にあるから、という理由が大きいと考えられます。

不眠はうつ病の症状として現れることもあるので、“不眠が原因でうつ病になる”、“うつ病が原因で不眠になる”という2つのケースが考えられますが、いずれにせよ睡眠不足がうつ病と密接な関係にあることは間違いありません。

絶対回避せよ!うつ病は心の風邪どころじゃない怖い病気
ブラック企業の特徴や危険なところがネット上で情報交換されるとともに、ブラック企業の激務と悪質な労働環境で心をやられた人が「う...

睡眠不足の害.2 記憶力が落ち作業パフォーマンスが激減

睡眠不足健康被害

睡眠は、脳のはたらきに深く関係しています。睡眠不足だと、注意力、集中力、論理的思考力、問題解決能力が落ちるので、仕事や勉強の効率が落ちるのは必至です。

また、睡眠中、脳は記憶を整理したり、定着させたりする役割を果たしています。このため、睡眠不足だと、日中に学んだり経験したりしたことをきちんと記憶できなくなってしまうのです。


睡眠障害…不眠症や過眠症で集中力と自由時間に支障が出る病気
人生のほとんどの時間を占めているのが勉強・仕事と、睡眠なので、いかに睡眠の質を上げるかがそのまま人生の充実に直結します。 ...

睡眠不足の害.3 やばすぎ…死亡率そのものが高まる

イギリスでおよそ10,000人を20年以上調査した結果、睡眠時間が5~7時間、あるいはそれ以下という人は、あらゆる原因において死亡率が高くなることがわかりました。

特に、心筋梗塞や狭心症など、心臓や血管にかかわる病気による死亡率は、睡眠不足によって2倍に高まるのだそうです。

睡眠不足の害.4 お肌が荒れる

睡眠不足健康被害

睡眠不足が続くと、ストレスホルモンのコルチゾールが過剰に分泌され、他方、成長ホルモンの分泌が減るので、肌のハリが失われ、シワができやすくなってしまいます。

睡眠不足が続くと、エストロゲンの分泌が低下します。エストロゲンには、女性らしさや、肌のハリ・ツヤの維持など、美容的にも重要な役割を担っています。「睡眠不足は美容の大敵」という格言は全面的に正しかったようです。




睡眠不足の害.5 その他もろもろの睡眠不足の害

睡眠不足健康被害

  • 睡眠不足は成長の遅れや食欲不振、注意や集中力の低下、眠気、易疲労感などをもたらします。
  • 睡眠不足の状態が続くと満腹中枢に影響を及ぼし、食べても食べても満腹にならないと言う状態に陥ってしまいます。(つまり肥満になりやすくなる)
  • 睡眠不足が慢性化すると、心臓病、高血圧症、脳卒中、糖尿病といった生活習慣病にかかるリスクも高まります。
  • 睡眠不足は飲酒運転と同じく、交通事故の大きな要因だと考えられます。
今日も一日がんばるぞい!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ