広告代理店…華やかで高給イメージ&要求水準が高い仕事内容

広告代理店年収仕事内容

華やかでクリエイティブ、しかも高給のイメージが強い、広告代理店という仕事…。合コンでの女性ウケもばつぐんだと言われています。もはや電通・博報堂などの大手広告代理企業は大卒就活生にとって羨望の象徴…。

しかし、その一方であまりに過酷な労働環境の噂が各所でささやかれています。広告代理店とはどのような仕事なのか?仕事内容や年収について、調べてまとめました。

スポンサーリンク

広告代理店とは?

広告代理店とは

広告代理店とは、広告を扱う会社の総称である。

メディアの広告枠を広告主(クライアント、 顧客)に売り、手数料(コミッション)を得るというのが基本的企業形態である。

従来は純粋にそれだけを行っていたが、時代とともにその役割は広がっており、その枠に載せる広告を制作指示するのも広告代理店の業務となっている。制作部門を持つ広告代理店の場合は、制作部門が広告制作会社と共に行う。また顧客企業の商品開発、顧客企業や取り扱う製品のイメージの構築(CIなど)、イベントのプロデュースあるいは運営を行っている。


現代の集客や商売成功の鍵を握るマーケティング戦略が面白い
あるサービスや商品の特徴が、こちらの心を見透かされたかのように個人の好みに完全マッチするもので、ふらふらと購入をしてしまうこ...




日本の広告代理店の種類

総合広告代理店
あらゆるメディアに全方位で対処していく。大手の総合広告代理店は傘下に製作会社や分野を特化した広告代理店を子会社として持っていて、それらを連結してグループを形成している。主な該当企業は電通、博報堂、アサツー ディ・ケイ、大広、読売広告社、朝日広告社など。
専門広告代理店
大きくはないが、特定の分野に秀でている特長を持っている。主な該当企業はオプト、サイバーエージェント、セプテーニなど。
ハウス・エージェンシー
広告会社を除く親会社の宣伝活動の補佐のために存在する事業子会社。鉄道会社の多くがハウスエージェンシーを持っていて、こういったハウスエージェンシーは親会社が保有する広告媒体の管理を行っている場合が多い。総合広告代理店として知られる東急エージェンシーも元は東急のハウスエージェンシーであった。主な該当企業はジェイアール東日本企画、ジェイアール東海エージェンシー、JR西日本コミュニケーションズ、、デルフィス、フロンテッジ、京王エージェンシー、小田急エージェンシーなど。

日本で就活生に人気の広告代理店TOP3

広告代理店人気企業

<広告代理店人気ランキング>

NO.1 電通

  • 電通はテレビラジオからの会社で、体育会系で営業に強いという特色があるようです。
    映画やアニメ制作、出身者に著名人が多い会社です。

NO.2 博報堂

  • 博報堂は雑誌からの会社。アサヒスーパード/ライや伊右衛門、他に数多くの有名な作品を手掛けています。また、著名なクリエイターを多数輩出している会社でもあります

NO.3 ADK

  • ADKはアニメに強い会社。社風は明るくドラえもんやクレヨンしんちゃん他、老若男女を問わず誰でも知っているおなじみの漫画制作などに関わる会社です。

広告代理店業界の年収

平成24年7月~平成25年6月決算では平均年収は575万円。



スポンサーリンク



ちなみに、平均年齢は34,6歳となっています。

広告代理店全体として見ると、「ものすごく高い」というわけではないようです。

ですが、大手の電通や博報堂は平成25年3月決算で年収1,000万以上。やはりさすがですね!

「広告代理店はすごく年収が高い」というイメージは、こうした大手企業の存在が大きいのかもしれません。

それもあり、広告代理店に就職するなら電通・博報堂を目指したいという就活生は多いのでしょうね。

高給の代償…広告代理店業界の激務ぶり

広告代理店業界激務

実際の平均勤続年数や離職率、転職状況などはどうなっているのでしょうか?

まず、平均勤続年数からですが、平成24年7月~平成25年6月決算では6.6年だそうです。

残業が多く、休日も不規則。給料は悪くないですが、仕事は激務を極めます。

クライアントや上司からの要求も厳しいため転職率・離職率ともに高いようですね。

広告代理店の仕事は、具体的には、広告掲載主と広告を出したいと思っている企業という両者のパイプ役として活躍する仕事になります。

職種は主に、営業・企画(マーケティング)・クリエイティブの3部門となっているようです。

テレビ業界などとも繋がりが深く、華やかなイメージの広告代理店。しかし、クライアントからの要望を満たせなければボツが続く地獄の状況に突入するので、決して楽ではない激務高給の業界です。




おまけ:早死にする職業ランキングTOP10

【早死にする職業トップ10】
1位 大手広告代理店の営業
2位 IT企業の下請けSE
3位 チェーン飲食店店長
4位 若手官僚
5位 病棟勤務の看護師
6位 タクシー運転手
7位 LCCの客室乗務員
8位 自衛官
9位 公立学校の教員
10位 トラック運転手

事故が起こりやすい危険度の高い仕事などを除いた場合、職業が寿命と関連する要因は大きく分けて2つあります。

ひとつは、『裁量権の有無』。自分で自分の仕事をコントロールできる人ほど、ストレスが低いので長生きする傾向がある。

もうひとつは、『過重労働・暴飲暴食』。深夜までの残業や徹夜が当たり前の長時間労働や、接待続きなどの過剰飲酒は、当然体には悪い。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ

コメント

  1. […] 出典:http://iitokoronet.com/2015/10/12/post-2254/ 広告代理店というとイメージが湧きにくいという人も多いかと思います。簡単に広告代理店の仕事を説明するとテレビやネットなどの広告を掲載するメディアと広告を出したい企業をつなぐ役割を果たします。メディア関係やインターネットを使った宣伝や広告に興味のある方はこちらにさらに詳しい仕事内容が書かれていますのでご覧ください! […]