森薫…描き込み大好き!メイド超好き!超画力の乙嫁語り作者

森薫特徴画風作風解説

良い意味で異常と評すべき、あまりにも丁寧な描き込みと繊細で美しい絵柄、そして女性の心理を細やかに描いた作品内容。

正統派本格メイド漫画「エマ」&「シャーリー」や、異国の情緒が香る「乙嫁語り」で大人気を博している異能の女性漫画家・森薫(もり かおる)の紹介です。

スポンサーリンク

森薫とは?

森薫とは

森 薫(もり かおる、女性、1978年9月18日- )は、日本の漫画家。東京都出身。代表作に『エマ』など。

高校生の頃から漫画を描き始め、県 文緒(あがた ふみお)名義で同人誌活動を行なっていた。その後同人即売会にて編集者に声をかけられ、2001年発行の『コミックビーム』(エンターブレイン)2002年1月号に掲載された『エマ』第1話でデビューする。この『エマ』は2005年と2007年に『英國戀物語エマ』『英國戀物語エマ 第二幕』のタイトルでそれぞれテレビアニメ化され、2005年に第9回文化庁メディア芸術祭マンガ部門の優秀賞を受賞した。

2008年10月より刊行が開始された漫画誌『Fellows!(現:ハルタ)』(エンターブレイン)にて、新連載『乙嫁語り』(おとよめがたり)を開始。『乙嫁語り』は2011年にマンガ大賞2011の2位を受賞、2012年に第39回アングレーム国際漫画祭世代間賞、2013年にマンガ大賞2013の2位を受賞、2014年にマンガ大賞2014では大賞を受賞した。

2014年7月には、『乙嫁語り』の中央アジアを舞台にした事が縁で、外務省の「中央アジア+日本」対話10周年を記念したイメージキャラクターを手掛け、交流促進に貢献した。




森薫の漫画単行本

森薫の漫画単行本

  • 『エマ』、エンターブレイン 〈ビームコミックス〉 2002年 – 2008年、全10巻
  • 『シャーリー』、エンターブレイン 〈ビームコミックス〉 2003年 – 、既刊2巻
    • デビュー前の同人作品を収録。(第1巻)
  • 『乙嫁語り』、発行:エンターブレイン / 発売:角川グループパブリッシング 〈ビームコミックス〉 2009年 – 刊行中、既刊7巻
  • 『森薫拾遺集』、発行:エンターブレイン / 発売:角川グループパブリッシング 〈ビームコミックス〉 2012年2月27日初版初刷発行(2月15日発売)、短編集
    • この短編集発行までに描かれた「シャーリー・メディスン」以外の読み切り作品全てと、様々な媒体で発表されたイラストなどを収録。

森薫の作風と画風

森薫の作風と画風

同人時代からメイドが主人公の作品が多く、19世紀末期のイギリスの風俗描写や背景・衣装などの装飾品に対する描き込みには非常にこだわっている。このような通常アシスタントが行なうような作業も、なるべく自分で描くようにしているという。その作画スピードは『ゲッサン』(小学館)編集長の市原武法によると、「これまで見た100人を超える漫画家さんの中でぶっちぎり」に速いとのこと。

画力の向上がすさまじく、同人時代の作品である『シャーリー』の頃、プロデビュー直後の『エマ』初期の頃、そして現在の『乙嫁語り』に至っては別人とも呼べるほどの画風になっている(『エマ』の中期頃から現在の画風になっている)。作画速度は「ぶっちぎりに早い」との評もあるが、凄まじい密度の描き込みを本人自身で手がけることにその速度は費やされている様子。

作品の傾向からもうかがえるように、自他共に認めるメイド好きである。ディテールにこだわった演出に定評があり、単行本『エマ』に収録されている「あとがきちゃんちゃらマンガ」では、「そこが大事なんです!!」と編集者を説得した様が描かれている。また、その趣味を全開にした作風から、『コミックビーム』編集部内では「『メイドの人』と呼ばれている」ほか、読者からもある種変.態的な嗜好から「『本当に女性なのか』と疑惑を持たれた」とも吐露している。

どの作品にも単行本巻末には必ず、「あとがきちゃんちゃらマンガ」が付いており、作品制作の裏事情や周囲との交流エピソードなどもそこにて語られている。それを読むと、本当に(良い意味で)「変なねえちゃん」という表現が相応しいことがよく分かる。要するに(女性にしては)変わった趣味の、面白い御仁である。

萌え用ではなく職業人としてのメイド…「エマ」

エマ森薫

ヴィクトリア朝時代のイギリスを舞台に、階級社会の光と影を穏やかに淡々と展開するストーリー。端々には作者特有のユーモアも見られ、原作は平成17年(2005年)度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞している。

舞台は1890年代、街にはまだ馬車が行き交うヴィクトリア朝時代のイギリス。そこには、持てる者と持たざる者との間に厳密な境界がある、階級社会があった。

主人公のエマは、良家の家庭教師を引退してロンドンで隠遁生活を送っている老婦人・ケリーの下で使用人としての教育を受け、家事全般を一人で取り仕切るメイドとして暮らしていた。そこへある日、ケリーの元教え子で有力な貿易商ジョーンズ家の跡取り息子・ウィリアムが訪れる。ウィリアムはそつなく控えめに応対したエマに強く惹かれる。

「働く女性は美しい…」としみじみ感じさせてくれる正統派メイド漫画。使用人と上流階級の身分を越えた恋の物語にハラハラドキドキする。物語当時のイギリスの時代背景なども詳しく知ることができるインテリ風漫画。7巻くらいから、すでに作画力が凡百の漫画家のそれとは一線を画していた。仕事に生きる知的でクールなメイド長・アデーレがかっこいい。

森薫は短編も上手いなあ…「森薫拾遺集」

森薫拾遺集森薫



スポンサーリンク



収録内容:「モードリン・ベイカー」「見えるようになったこと」「ブカちゃん」「昔買った水着」「お屋敷へようこそ旦那様!」「巣穴紳士倶楽部」「クレールさんの日常茶飯事」「すみれの花」ほか。短編漫画約120ページを中心に、漫画家・森薫が連載の合い間にこつこつと描き貯めてきた、イラストレーション、サイン会インフォメーションペーパーなど約80ページをあわせて収録した”拾遺集”。 短編漫画からイラストレーションまで、森薫の軌跡がこの一冊に。

実験作的な斬新なストーリーや展開の短編が多く、「やはり絵が上手い」と思わせる綺麗な作画。初めての眼鏡や、サイズが合わないブカブカの制服、教師と不倫をする友達との奇妙な友情関係など、青春の1ページを鮮やかに切り取った作品が印象的。

健気で有能な少女メイドと気さくな女主人の物語…「シャーリー」

シャーリー森薫

エドワード朝時代のイギリスを舞台に、女主人が一人で暮らす家に住み込みで働くことになった少女、シャーリー・メディスンのメイド生活を描く。

ある日、カフェ「モナ・リザ」を営む独身女性ベネット・クランリーの元に、メイドの職を求めてきた13歳の少女、シャーリー・メディスンが現れる。そのあまりの年若さにベネットは雇うことをためらうが、他にシャーリーを受け入れる先があるとも思えず、またシャーリーの様子に行くあてが他にないのを察して頭を抱える。結局、 シャーリーに料理の心得があり、特にティプシーケーキを作れることを知ったベネットは、それを理由にして住み込みで雇うことを承諾する。

年齢の割には有能なメイドとして働くシャーリーの日常と、カフェで常連客を相手にするベネットの日常と、あまり自分の素性や本心を明かそうとしないシャーリーがベネットの家族として受け入れられていく様子、上流階級と距離を置こうとするベネットの悩みなどが描かれていく。

本ブログでのシャーリー特集ページは↓から

シャーリー 乙嫁語りの森薫のメイド愛が宿るおすすめ漫画
エドワード朝時代のイギリスを舞台に、女主人が一人で暮らす家に住み込みで働くことになった少女、シャーリー・メディスンのメイド生...

暴力・殺人級のハデな事件や恋愛沙汰やファンタジー要素が無いと、普通、漫画はつまらない。このメイド漫画もそういった「ないない尽くしの日常漫画」なのだが、何度でも読みたくなる不思議な吸引力と面白さがあり、驚愕の一語。「何でもない日常を(読者にとって)とんでもなく面白く描ける」という能力の高さは、日常系漫画のトップであるよつばと!の作者のそれにも匹敵する。

よつばと!…ダンボーフィギュアを生んだ日常系漫画の最高傑作
日常系漫画のトップに君臨し、他の日常系漫画からすれば「超えられない壁」として何年間も立ちはだかる「よつばと!」。 特に...

少女メイドのシャーリーがあまりにも可愛い事が特徴。




異国の民族衣装や生き生きとした生活感が楽しい…「乙嫁語り」

乙嫁語り森薫

19世紀後半の中央アジア、カスピ海周辺の地域を舞台に、「乙嫁」をキーワードに、厳しい自然の中に生きる人々の生活と文化、時に人間の愚行を織り交ぜた物語を緻密で丁寧な画で描く。乙嫁とは、「弟の嫁」「年少の嫁」を意味する古語である。出版元であるエンターブレインのサイトでは乙嫁を「美しいお嫁さん」の意であると記している。『乙嫁語り』は2011年にマンガ大賞2011の2位を受賞、2012年に第39回アングレーム国際漫画祭世代間賞、2013年にマンガ大賞2013の2位を受賞、2014年にマンガ大賞2014では大賞を受賞した。

19世紀後半の中央アジア。街に定住するエイホン家のもとに、北方の移牧民(半定住・半遊牧民)ハルガル家から20歳の花嫁、アミルが嫁いできた。花婿カルルクはまだ12歳。それでも二人は互いを大切にし、少しずつ夫婦の絆を深めていく。

本ブログでの乙嫁語り特集ページは↓から

乙嫁語り 美しい画と異国の空気感が伝わる魅力大の漫画
マンガ大賞2014で大賞に輝いた「乙嫁語り」についてまとめてみました。ブログ管理人の愛読書です。 乙嫁語りのストーリー 美貌の娘...

異常に細かく描き込まれた民族衣装や、その時代・その民族の背景事情を丁寧に作品に反映している作風、上記のシャーリーでも触れた「日常をとても面白く描く」という作者の技術があいまって、他に類を見ない突き抜けた完成度になっているお嫁さん漫画。旅行者のスミスの視点に合わせて、色々な地域の色々な種類の乙嫁の生活が描かれるのが特徴。

猟をして獲物を料理をして食べているだけの日常でも、非常に面白くて作中世界へ引きずり込まれる。不器用な性格のパリヤと、じゃじゃ馬な褐色肌双子娘がブログ管理人のお気に入り。

2017年冬アニメの視聴継続中の作品 第1位!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ