寝具・椅子・服…生活の質向上に直結するお金をかけるべき3種

お金をかけるべき生活用品

お金は、不幸から我が身を守ってくれる目に見えないバリアのような物です。お金があれば不幸な状況を回避できることが非常に多くなります。

お金は大切に使わなくてはなりません。では、何に対して優先的にお金を掛けるべきなのか?調べてまとめました。

スポンサーリンク

1日に使う頻度が高い物にこそお金をかけるべき

自分自身が1日の中で長時間使うものにお金を活用していくべきです。

例えば、多くの人は24時間のうち 6−8時間は睡眠を取っているのではないかと思います。体に合っていないマットレスや枕を使っていて、起きた時の疲労感や腰痛に悩まされている方もいるのではないでしょうか?そうすると仕事の生産性も落ちるといった形で悪循環を生んでしまうのではないかと思います。

これを多少値が張ったとしても体に合っているマットレス、枕に変えるだけで翌朝の疲労感や腰痛は解消されます。この効果はこれだけではなく、一日の生活を快適により活発的なものにしてくれるはずです。




最優先!一番重要なマットレスと掛け布団

お金をかけるべき生活用品

マットレスは大きく分けて、ベッド用と布団用に分けられる。ベッド用は主にベッドのボトムの上にのせて使用する。寝心地という面ではメインになるため様々なバリエーションがある。布団用は床の上に置きその上に布団がのる。あくまで敷き布団の補助といった意味合いで使われる。

布団は人が快適に寝ることを目的に用いる。寝る際に、体温が下がらないように保温し、体重が一点に集中して、痛くなることがないようにする効果がある。このような効果を高めるために、布の袋の中に綿、ポリエステルなどの化学繊維、羽毛、羊毛などが詰められ、中綿が型くずれしないように綴じ糸やキルティングなどで固定されている。

綿や化学繊維は掛け布団にも敷き布団にも用いられるが、羽毛は主に掛け布団、羊毛は主に敷き布団に用いられる。同じ材質であれば一般的に厚みのある方が保温効果が高いが、厚すぎると重くて圧迫されたり、姿勢が曲がったりする弊害もでる。

人間が一生のうち、ベッドの上・布団の中で過ごす時間の割合(実に1/3!)を考えれば、寝具に最もお金をかけるべき。実は掛け布団よりもマットレスの方が重要度は上。寝心地に与える影響はマットレスの方が大きい。

掛け布団は軽くて保温性に優れた羽毛布団、マットレスの方は寝心地が良くて耐久性が高い10万円以上の高級マットレスを推奨。



スポンサーリンク



デスクワーカーにとってはとにかく椅子!机!

お金をかけるべき生活用品アーロンチェア

高級!高額!アーロンチェア

アーロンチェアは多機能デスクチェアとしては高価な部類であり、新品の場合ランバーサポート型はおよそ11~18万円、ポスチャーフィット型はおよそ13~20万円の市場価格と なっている。この高額な価格設定は、多くの個人にとって購入検討する際の大きな障害となり得るが、ハーマンミラーおよびハーマンミラーの正規販売代理店から直接購入後には12年間もの保証期間が設けられており、劣化・消耗部品の多くが無償修理・交換の対象となっている。(オークションなどの個人売買は保証対象外)

人間工学に基づいた椅子であり、多数の人々から非常に快適だと評価されている。その理由として、ユーザー・使用環境に応じて細かく調整できるカスタマイズ機能が挙げられる。これにより、一般的な体格である99%の成人であれば男女を問わず快適なデスクワーク環境を実現することができる。

実際に座るとトランポリンのような弾力のある座面に加え、一般の低価格チェアにはないフワリとした不思議な感覚のリクライニング機能を体感できる。それと同時にしっかりと骨盤を受け止める構造となっており、長時間座っても疲れにくくなっている。さらにメッシュ素材の座面を採用したことにより、夏場でも蒸れることなく快適に座ることができる。また、回転時やリクライニング時においてもガタつきのないしっかりした構造となっている。

デスクワーカーにとって、仕事中の大半を過ごす椅子や机は大事な商売道具の1つ。お金を掛けて、仕事をしやすい快適な環境を整えておくのは決して損ではありません。ブログ管理人もアーロンチェアを使っています。さすがに座り心地が良い椅子です。

机は「広すぎ…?」と不安を覚える位広くてちょうど良い。書類、PC用機材、ティッシュ箱、コーヒーカップ等々、机の上を占領するアイテムは驚くほど多い。




人は見た目が9割…!?高級アウターウェア

お金をかけるべき生活用品アウターウェア

アウターウェア(英: outerwear)は、コートやスーツ、セーターのように、外側に着用する衣服(外衣)の総称。内側に着る下着や中衣に対する言葉である。単にアウターということもある。これに対し、下着のことをインナーウェアといい、単にインナーということもある。

日常生活で着るアウタージャケットや、仕事用のスーツは、安物と値が張る高級品とでは、接する人に与える印象・心証がまるで変わってきます。インナーは安物でも構わないので、その分ちょっとでも高めのアウターをそろえて!



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ