蝶(チョウ)…美しい羽と優雅な飛翔で伝承にされる人気昆虫

蝶(チョウ)…美しい羽と優雅な飛翔で伝承にされる人気昆虫

チョウ人気解説まとめ

美しい羽の模様と、ふわふわと宙を飛ぶ優雅な姿から、「虫はちょっと…」という人にも認められる人気種昆虫の「チョウ(蝶)」。

チョウの魅力について調べてまとめました。

スポンサーリンク

チョウとは?

チョウとは?

チョウ(蝶)は、昆虫綱チョウ目(鱗翅目、ガ目とも)のうち、Rhopalocera に分類される生物の総称である。

南極大陸、大きな砂漠の中心部、万年氷床をとなる標高6,000メートル以上の高山帯を除く全世界の森林・草原・高山など、ほぼ全ての陸上環境に分布する。広い分布域を持つものもいれば、その地域の環境に特異的に適応したものもいる。17,600種ほどが知られている。

日本では250種類ほどが知られている。

チョウは、美しくて無害な生き物との感覚があり、その他の虫一般と区別されかねないくらいの評価がある。画題や意匠としてもチョウはよく使われる。花札の図柄に「牡丹に蝶」がある。

チョウは昆虫採集、およびそのコレクションとしてもっとも愛されてきた昆虫である。そのためチョウに関しては世界中どの地域においても詳しい情報があるといっても過言ではない。たとえば日本に分布しないはずの物で台風などに運ばれて南方から運ばれて発見されるものを迷蝶というが、それが広い分布域を持つものであっても、その斑紋などから起源となった地域が特定出来る例がある。

それ以外にも、鱗粉転写という方法でチョウの翅の模様を写し取り、これを工芸作品として販売する例も知られている。現在も熱帯地方ではチョウの標本やそれに基づく工芸品は重要な土産物である。しかし、これらの採集圧によって絶滅の危機に瀕した種もあり、トリバネチョウ等はワシントン条約によって販売が制限されている。




ロマンティック…神秘の象徴とされるチョウ

チョウ伝説神話

平安時代では「死者の魂がこの世に甦った姿」とされ、弔いの詠にはしばしばが使われる。ので「名前を言うのも気持ち悪い」物だったらしく、日本語では元「カハビラコ」「カービル」(川にいるヒラヒラあるいは皮の張ったびびるもの)と呼ばれた らしいのだが後中国語の「tie」を無理やり日本語発音した「てふ」が使われる。

なおギリシャ神話においてプシュケ(2世紀ローマの作家アプレイウス作「愛と心」の主人公であるが、 当時のローマが実質ギリシャ神話をそのまま受け入れて神話としていたこともあって、 一般にはギリシャ神話の一編として取り上げられる)も蝶の羽を持つ。

物事が始まる予兆や変化の兆しと例えられることも多い様だ。

中国では「老齢」を表す耄耋(mao tie)とのごろ合わせから、長寿=目出度いものの図像として「猫と蝶(mao tie)」の絵が好まれた。

猫…ハンターとしての能力&ペットとして人気の可愛い動物
人々にペットとして飼われる2大動物として犬とシェアを二分する「猫」。ネット上では犬よりも猫の方が愛好者が多いように感じます。...

世界各地に見られるチョウについての不思議な伝承

チョウ伝承伝説

世界各地にチョウが人の死や霊に関連する観念が見られる。キリスト教ではチョウは復活の象徴とされ、ギリシャではチョウは魂や不死の象徴とされる。

日本でも栃木県宇都宮市で、盆時期の黒いチョウには仏が乗っているといい、千葉県でも夜のチョウを仏の使いという。



スポンサーリンク



チョウを死霊の化身とみなす地方もあり、立山の追分地蔵堂で「生霊の市」といって、毎年7月15日の夜に多数のチョウが飛ぶという。秋田県山本郡ではチョウの柄の服を好む者は短命だという。高知県の伝説では、夜ふけの道で無数の白い蝶が雪のように舞い、息が詰まるほどに人にまとわりつき、これに遭うと病気を患って死ぬといわれる怪異があり、同県香美郡富家村(現・香南市)ではこれを横死した人間の亡霊と伝えている。「春に最初に白いチョウを見ると、その年の内に家族が死ぬ」「チョウが仏壇や部屋に現れるのは死の前兆」という言い伝えもある。

奥州白石では、チョウが大好きだった女性が死に、遺体から虫が湧いて無数のチョウと化したという話が伝わる。また秋田県上総川の上流で、かつて備中という侍が沼に落ちて死に、チョウに化身して沼に住み着き、現在に至るまで曇った日や月の夜に飛び上がって人を脅かすという。そのことからこの沼を備中沼、または別蝶沼ともいう。

漫画の中でも特別扱いのチョウ

チョウ型のキメラアント…王直属護衛軍の1匹シャウアプフ

王直属護衛軍シャウアプフ

アゲハチョウを思わせる大きな羽をもつ、美青年型で知的なボス格の一匹。羽の鱗粉を使って大多数の人間を催眠状態にして操ったり、他人の心理状態を読み取ることができる。チョウの優雅で華やか、美しいイメージを外見や立ち振る舞いに反映したと思われる敵キャラ。3匹いる王直属護衛軍のうち、他の2匹よりもパワーに欠けるため最弱と言われがちだが、それでも人類最強レベルの戦士よりも遙かに上の力。(漫画・HUNTER×HUNTERの登場人物)

捕まえると代々子孫繁栄…千年アゲハ

伝説の昆虫。この蝶を捕まえることが出来た者は、その後何代にも渡り繁栄することからこの名がついた。

カードNo.54、貴重度ランクA、カード化限度枚数25枚

漫画・HUNTER×HUNTERで登場する没入型ゲーム「グリードアイランド」の中でのレアアイテム。「グリードアイランド」をクリアするために集めなければならない100種類のカードのうちの1つ。カード化解除すると千年アゲハという名前のチョウが出現し、それを捕まえて手元に置いておくと何代にもわたっての繁栄がもたらされると推測される(漫画内で使われた描写がないので詳細不明) ランクAのカードなので、熟練プレイヤーでも入手するのは難しい。(漫画・HUNTER×HUNTERの作中設定)

HUNTER×HUNTER バトルに念能力にゲーム要素…面白休載漫画
他の漫画とは全く違う次元の面白さ、そして異常な休載率の高さ。作品が載ったり載らなかったりするのは、作者の天才ゆえのきまぐれさ...




日本で人気の高いチョウ

日常でもよく見かける「キアゲハ」

キアゲハ人気チョウ

チョウ目・アゲハチョウ科に分類されるチョウの一種。ユーラシア大陸と北米大陸に広く分布し、日本でもナミアゲハとともに全国でよく見られるアゲハチョウである。

日本の国蝶!!「オオムラサキ」

オオムラサキ人気チョウ

オオムラサキ(大紫、Sasakia charonda )は、チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科に分類されるチョウの1種。日本の国蝶。

成虫は前翅長50–55mmほどで、オスの翅の表面は光沢のある青紫色で美しい。メスはオスよりひと回り大きいが、翅に青紫色の光沢はなくこげ茶色をしている。

個体差が激しく、写真のように青い輝きと白い斑点のコントラストが際立っているものと、白い模様が黄色くて、全体の調和がやや崩れているものとがいる。

配色がおしゃれ…幸せを呼ぶ「ツマベニチョウ」

人気チョウ人気チョウ

「幸せを呼ぶチョウ」とも言われる。鹿児島以南に住む、南の蝶。「ツマ」とは「はしっこ」の意味。はしっこが紅色だからツマベニチョウ、です。色は決して派手ではないのですが、白地に鮮やかな朱色、そしてほど良く入った黒が朱色を引き立ててます。配色センスが抜群に美しい蝶です。





仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ