アメリカのスクールカースト2 中間層からギーク等負け組階級

スクールカースト解説まとめ

格差社会、格差社会といわれる最近の日本でも、世界全体でみれば日本の格差は小さい方で全然マシなレベル。

もともと階級社会のアメリカでのスクールカーストは、日本人の想像を絶する超体育会系・美女崇拝の、はっきりとした階層構造を成しています。

前回特集の「ジョック」「クイーンビー」「サイドキックス」の解説ページは↓からどうぞ。

アメリカのスクールカースト1 筋肉とハデさ信仰!勝ち組階級
日本の学校でも、リア充・オタク、モテ・非モテ、運動部系・文化部系、DQ,N・真面目、脳筋系・知識系、文系・理系、と、それぞれ...

今回はアメリカのスクールカーストの、中間層と、その下の負け組階層をそれぞれ解説をしていきます。

スポンサーリンク

スクールカーストの中間層

スクールカースト解説まとめ

プレップス(Preps、予備校(Prep school)から)

文化系の上澄み・上位者(吹奏楽部のような文化系部活の最上位層)、お金持ちのお坊ちゃま、プレッピー(Preppy)とも。

メッセンジャー(Messenger、使いの者という意味)

不良グループやメジャー系運動部の使いパシリ。日本でいう「キョロ充」に相当。

スラッカー(slacker、怠け者という意味)

抜け作、馬鹿。

これらのカーストは、最上位へ昇ることはできないが、上からいじめられることもない、という中間的な位置づけです。ブログ管理人としては、スラッカー(抜け作、馬鹿)が中間層にいられることが意外でした。バカでも何でもともかく陽気なら、アメリカの社会では受け入れられやすい、ということでしょうか。




スクールカーストの下層…いわゆる日陰者たち

スクールカースト解説まとめギーク

ギーク(geek、グロテスクな見世物をするサーカス芸人・奇人・変人などの意味)

パソコンやSFなどのオタク。スクールカースト最上位の「ジョック」や「クイーンビー」にいじめられることが多いので、ギークが社会人になって映画監督のような影響力のある仕事に就くと、学生時代の意趣返しをこめて、「ジョック」を思わせる筋肉バカや「クイーンビー」を思わせるハデな身体のバカ女が序盤で無残に死ぬ、という展開の映画やドラマが数多く作られる(ホラー系の作品で特に顕著)

ギークとしては最上級に成功しているマイクロソフト社のビル・ゲイツ氏は「将来、君が働くのは今バカにしている連中の下だぜ」といった趣旨の発言をしており、オタクで勉強ができるギークが将来的に社会で出世することも多い。



スポンサーリンク



ギークとナード(nerd)の違い

ギークとナードの違い

全体的な傾向でいうと、ギークは特定のテーマに熱中しているファン、ナードはそのテーマを実践している人に分けられるようです。

その境界線を見ると、「音楽」は軽度のギーク寄り、「MacBook」や「ジェダイ」はかなり突出したオタクでギーク寄り。逆に「ゲーマー」や「眼鏡」はたいへん徳の高いナード寄りとなっている。

また、スクールカーストの中間層を総称して「ナード」と言う場合も多い。

ブレイン(brain、ガリ勉、脳・知力などの意味)

ガリ勉、勉強ばかりしている人を指す。

ゴス(goth、野蛮さなどの意味)

ゴシック系・ホラー系の怪奇趣味に傾倒する人を指す。「私、幽霊が見えるの…」という感じの人。

アメリカでは上記の非・体育会系の人種は特にヤバい…

ま、アメリカのこれに比べたら日本のスクールカーストなんて生やさしいでしょ。
いじめは日本の文化、とか陰湿、とかいうけど本場はやっぱりアメリカなんだよ。
しかも向こうは運動部員のマッチョがガリガリやデブのナードを
一方的にぶん殴る。そして学校もそれを黙認っていう感じだから
体型的に大きな差が生まれにくいアジアンと違って歯向かうのも簡単じゃない。
日本はオタでも何でも普通にコミュニケーションが取れるなら
そうそういじめられる事はないしな。日本はイージーモードだよ。

一般には「スポーツを不得手とする種類の者」、特には「スポーツ以外の趣味に打ち込む者」のことで、しばしばジョックと二項対立をなす存在として、そのなかでジョックに虐げられる存在として語られる。

背景には、スポーツ以外の「情熱的な趣味」を持つ者をあくまで変人と見做す風潮があり、加えて、その者が持つ趣味の「知識」の要求の度合いが大きくなればなるほど、その者が受ける他者からの「ナード」としての認識も強くなり、もって「ジョック」の対極に近づいてゆく。

アメリカでは「運動ができない」、「オタク趣味をもつ」というだけで優先的にスクールカースト上位層からいじめを受けるので、オタク気質の人が多い日本人にとっては恐怖。

スクールカースト最下層…「ターゲット」

スクールカースト解説まとめターゲット

その名もダイレクトにtarget(標的)。いじめの標的。必ずしもナードに属するとは限らない。ぼっち、便所飯、いじめられっ子など。体育会系の「ジョック」や「クイーンビー」からのいじめは熾烈を極めるので、ターゲットの学生生活は悲惨の一語。




特例のスクールカースト外…「バッドボーイ」「フローター」

バッドボーイ・バッドガール(bad boy、bad girl)

不良少年および不良少女。授業をサボってばかりでクラスの中にいないことが多いので、スクールカースト外。銃社会のアメリカでのバッドボーイ・バッドガールはシャレにならないほど危険なので、スクールカーストの各階層からいたずらにちょっかいを出されることも少ない模様。

フローター(The Floater、浮かんでいる者、浮いている人という意味)

不思議ちゃんといわれる。図書館で司書したり一人で本を読んだりしてる子。クラスから浮いており、最初からカースト間競争に参加しないのでスクールカースト外。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ