体育会系…モテて就活有利等人生初期から中期で頭脳系を圧倒

体育会系…モテて就活有利等人生初期から中期で頭脳系を圧倒

体育会系就職恋愛有利

なんだかんだいって、最後の最後には体力と精神力がものをいうことが多い…。就職で有利・スクールカーストで上位・恋愛でモテやすいなどなど、色々とお得な事が多い体育会系。

オタク気質の人が多いネット上では忌み嫌われている体育会系ですが、体育会系の特徴について調べてまとめました。

スポンサーリンク

体育会系とは?

体育会系就職恋愛有利

学校の部活動においては、野球部やサッカー部、ラグビー部、バスケットボール部、バレーボール部、陸上部、水泳部、あるいは剣道部や柔道部、相撲部など、スポーツや武道を主な活動内容に据えるものを体育会系と総称する(同義語として運動部系体育系運動系などがある)

伝統的に応援団やチアリーディング部などもそのくくりに入れられる
また近年では、吹奏楽部やオーケストラ部、合唱部、演劇部、書道部など従来は文化系と見なされていた部活動の体育会系的側面がクローズアップされることも多い

またこの体育会系カテゴライズは、伝統校強豪校古豪常勝軍団などと呼び習わされていたり、あるいは全国大会や全国コンクールでの優勝など、明確な目標がある部活動ほどより顕著である。




体育会系の特徴

体育会系就職恋愛有利

  • 先輩や上司、監督/コーチなど目上の立場の者には絶対服従
  • 出された指示/命令はどんな理不尽な内容でも必ず実行
  • いかに困難な状況も気合や根性などの精神論で解決
  • 向上心が強く非常に負けず嫌いで、勝つためにはどんな苦労や努力も厭わない
  • 愛の鞭指導などと称する体罰いじめが横行する
  • 集団行動/連帯責任を好み、単独行動/個人責任を認めない
  • 文化系を根暗、根性なしなどと見下す
  • 挨拶や返事は基本大声
  • とにかく元気で明るくポジティブ

体育会系が就職活動で有利な事へのネット上の見解

理不尽社会を経験

募集が営業職とかばかりなんだろ。
リア充で知り合い多い体育会系の方がいいに決まってる。

世の中の仕事なんてバカでもできるのばっかなんだから
それなら従順で上下関係叩き込まれてて体力あるやつのが兵士には向いてるんだろ

根性論は減ってきたけど理不尽暴力は未だに根強く残ってるよ

ハッキリ喋る奴がコミュニケーションがとりやすいからじゃね

あと識には三つあるんだが
知る
見る
試す
と、
これらの中で最も重要なのが「試す」
体育会系はこの試すを最も経験しているから知識や妄想だらけの文系より優秀、地に足付いてるんだよ。

ガチガチの縦社会の部が多いし、社.畜になる下地がしっかりと出来てんだよね



スポンサーリンク



激務に耐える体力、理不尽を経験、最低限のコミュ力は備えてるからな

会社によるが
集団行動や連携が必要なケースが多いだからだろう
一人でやれる事なら会社なんか要らん

体育会系がコミュ力や忍耐力のおかげで就活で超有利な理由解説
就職活動では「文化系の学生」よりも、「体育会系の学生」の方が断然有利…。そんな話をネット上でちらほらと目にします。 な...

会社人としての耐性を問う新卒採用でも体育会系は超有利

体育会系就職恋愛有利

日本の新卒採用ではスキルや専門性ではなく“素材”を重視する。文系の学生は大学でどんな勉強をしてきたかは問われない。その点、あまり勉強してこなかった体育会学生には何のハンディも存在しない。その上で体育会学生の素材の魅力は2つある。

1つは肉体的かつ精神的タフさ、打たれ強さ、忍耐力などである。

金融業の人事課長はこう説明する。

「ひと言で言えば、不条理な世界を経験していること。体育会では上級生の命令は絶対です。たとえ上級生の言い分が間違っていたとしても、逆らうことは許されない。その世界を生き抜いてきた学生は不条理だらけの会社人としての耐性を備えています

アメリカでも体育会系はスクールカースト最上位…!

体育会系就職恋愛有利

アメリカのスクールカースト1 筋肉とハデさを尊ぶ、勝ち組階級
日本の学校でも、リア充・オタク、モテ・非モテ、運動部系・文化部系、DQN・真面目、脳筋系・知識系、文系・理系、と、それぞれに...

長身・筋肉質・アメリカンフットボール部の部長といった体育会系の学生は「ジョック(jock)」と呼ばれ、アメリカのスクールカースト最上位としてスクールに君臨する王者になります。

美女の学生を独り占め、スクールカースト下層の生徒をいじめ放題などなど、ひたすら良い目を見ているようです。

さらに、卒業後もジョックは、アメリカ社会での出世街道の王道に乗り、社会的に地位のある職業に就くことが多いようです。




ただし、年を取ると体育会系に暗雲が漂い始める…

体育会系就職恋愛有利

肉体的タフさを買って体育会系を採用する企業も少なくない。その結果、35歳ぐらいで失速する人が珍しくない。建設会社の人事部長はその理由をこう説明する。

「20代は言われた仕事を一生懸命にこなし、こなす仕事量は誰よりも多い。営業でも挫けることなくアタックする姿勢は光っています。ところが30代になると息切れして失速する社員が出てくる。共通するのは指示された目の前の仕事だけをやり、他のことは何も考えていないというか、創造性やクリエイティビティに欠けるのです。上司に対する忠犬ぶりはすごいが、後輩や周囲を巻き込んで創意工夫しながら仕事をこなす能力が低い。その結果、昇進レースでは部下に先を越されてしまう社員もいます

体力、気力で突っ走っても日々変化するビジネスについていけず、また、複雑な人間関係に躓き、職業人としての成長が止まってしまうのである。

そんな中、20代でうつになる体育会系出身者もいる。信販業の人事課長はこう語る。

「もちろん体育会系に限りませんが、体育会系の社員は突然うつが発症するのです。おそらく上下関係の厳しさを刷り込まれていて、たとえつらくても飲み込んでしまうクセがあるので、会社に入っても同じように飲み込んでしまう。周囲は気づきようがないので、突然バタッと倒れてしまう。どうも体育会系出身者の耐久性が落ちているように感じる」

マツコ・デラックスがテレビ番組内で「体育会系出身の社員のリスク」について語っていた。

マツコ曰く

「30代までなら体育会系は仕事は勢いでできる。でも40代になってくると、人間の本質が問われ始める」。その結果、「行き場を無くす」と。「電通とかにそういうやついっぱいいる」

と断言するのだ。





仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ