早寝早起きの心身の健康効果まとめ…心が安らかで美肌や成長

早寝早起き健康効果メリット

家に引きこもっていたり、在宅の仕事などで、長期間昼夜逆転の生活をしていると、やっぱり少しずつ精神の調子・リズムといったものが正常からズレていくように感じられます。

早寝早起きの効果とは?調べてまとめました。

スポンサーリンク

早起きすると朝日を浴びられる…これが美味しい

早寝早起き健康効果メリット

脳の中には、生体リズムをコントロールする体内時計がありますが、日光は、眼を通じて体内時計を刺激し、一日の行動に適したリズムを作ります。

日光を浴びることで体内にセロトニンが分泌されます。セロトニンは、安らぎを与えてくれるホルモンといわれるほど幸福感を左右します。セロトニンは、セロトニン神経が受ける刺激の強弱によってその量が増減します。そしてセロトニン神経にとって最大の刺激が、日光を浴びることなのです。

ストレス減少やうつ病予防!幸福度が増すセロトニンとは?
体内に分泌されると幸福感を味わえると言われる脳内物質の「セロトニン」。人生における幸福や、あまりに怖いうつ病を予防のためにも...




朝日によってメラトニンも分泌される

早寝早起き健康効果メリット

朝早く起きて日光を浴びると、人間の体の中では脳の松果体という部分が刺激されてメラトニンというホルモンが分泌されます。

このメラトニンというホルモンは、眠りを誘うホルモンなのです。メラトニンには、日光を浴びてから約15時間後に分泌される性質があります。

したがって早起きして朝6時頃に日光を浴びると、15時間後の21時頃に自然と眠くなるというわけです。

もし遅くまで起きていて昼前に起きてしまったら、メラトニンが分泌される時間も遅くなり、結果なかなか眠れないということに繋がってしまいます。

ネット上の早寝早起き効果

夜の間食なくなり朝からお腹すくので朝からもりもり食べて元気になりました。その代わり夜の食欲が落ちたので面白いほど痩せました。後、心の不安定感がへった。

仕事の準備がしっかり出来て効率が上がる

一日を有効に使えて、生きてる感があるかな!

毎朝5時起床 早朝の太陽の光ってなんて爽やかなんだろう
仕事行くのはおっくうだけど、なんとも言えない爽やかな気持ちになる!
夜もグッスリ眠れて気持ちいい。

夜型生活の時は気分の浮き沈みが激しくて気鬱になりがちだったけど、早寝早起きするようになって日に当たる時間が増えてから改善されたように思います
日光に当たると何故か気分がよくなります!



スポンサーリンク



1日が良い意味で長く感じます。普段できないことまで手を伸ばせて充実します。

回復効果&コスパ最強!みんなに選ばれたおすすめ風邪薬3選
悪寒がしたり、せきが目立つようになったり、なんだか頭が痛い、風邪の引き始めに重宝する風邪薬は、あまりに種類が多すぎてどれを選...

身体の成長や美肌には早寝早起きが最も効果的

早寝早起き健康効果メリット

女性の方が特に気になるポイントとして、お肌の調子が挙げられます。肌の再生を促す成長ホルモンが分泌される時間帯のピークは、22時から2時くらいとされています。

この時間帯にぐっすり熟睡していることで、肌の再生が促進されて美肌が手に入るのです。22時から午前2時は『睡眠のゴールデンタイム』といわれており、この時間帯にしっかりとした睡眠をとると美容や疲労回復にとても良い。

(最近では、22時から2時という時間帯は関係なく、睡眠後3~4時間後に成長ホルモンの分泌がピークになるという情報もあります)

どちらにしても、早寝早起きをしていればしっかりと生活リズムが整うので自然と良い睡眠がとれてお肌の調子も良くなります。

成長期の10代の方は、睡眠中に成長ホルモンが分泌される22時から2時くらいの間のボーナスステージにしっかり眠っておかないと、大人になっても背が低いまま・胸が小さいままという悲劇的な展開を迎えることになります。スマートホンのいじくりすぎはくれぐれも注意!!!

1日が長く感じられて心身にゆとりが生まれる

学校や仕事に間に合うギリギリの時間まで寝ていた為に、朝飛び起きて急いで準備をして出発した経験はありませんか?

この様な生活をしていると、心にゆとりが無い為、思いがけない事故を起こしたり、忘れ物をしたりする可能性があります。そして時間にゆとりが無いと意味もなくイライラしてしまったり、攻撃的になったりしてしまいます。

朝早く起きて心や時間にゆとりを持つことで、他人に対しても優しくなれたり、心配りが出来たりします。

また、道端に咲いている花や、青く広がる空を眺めて綺麗だな、幸せだなと感じられる余裕も生まれます。心にゆとりを持つと、自分自身にとってもプラスですし、人間関係もスムーズにいきます。




昼夜逆転生活あるある!「寝る時刻が少しずつ後ろへズレる」

早寝早起き健康効果メリット

人間の体内には、自分で生体リズムを調節する機能が備わっています。

皆さんも聞いたことがあると思いますが、体内時計などと呼ばれている機能です。体内時計は24時間ではなく、25時間周期になっており、朝きちんと体内時計をリセットしないとどんどん体内時計がずれてしまいます。

(例えば15時に起きて翌日の朝7時に寝る、という昼夜逆転生活では、体内時計が25時間設定のため、次の日に朝7時を迎えても「まだ大丈夫」という肉体・精神状態のまま、前日の朝7時から25時間後の朝8時に寝る…といった具合に、だんだん寝る時刻が後ろへズレていってしまう)

体内時計をリセットするには、2つ方法があります。

1つは、朝目覚めたら朝日を浴びて脳の体内時計をリセットする。
2つめは、朝食をしっかり食べて身体の体内時計をリセットする。

要するに、「朝がきた」ということを脳と身体に教えてあげることが大事だということです。

朝起きたら、窓を開けて太陽の光をいっぱいに浴びましょう。できれば、午前中はなるべく散歩などに出て日の光を浴びるようにするとなお効果的です。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ