なぜハローワークの求人がブラック企業であふれているのか?

ハローワークブラック企業求人

退職したり、会社が倒産したり、ニートのままで居たので親に強制連行されたりと、人はさまざまな理由でハローワークへ向かいます。

しかし近年、ハローワークの闇が暴かれつつあり、実はブラック企業求人ばかりというあまりにも悲惨な現実が公になってしまっています。

ハローワークの問題点について調査したので、結果を報告します。

スポンサーリンク

ハローワークがブラック企業求人ばかりになる3つの理由

ハローワークブラック企業求人

1.ハローワークは求人掲載が無料であり、安く人を集めたい企業が掲載する

転職サイトのような場では、企業の求人を掲載するのに月額○○円というお金がかかる。

しかし、ハローワークの場合は求人掲載が無料でできるので、「人材の採用にお金をかけたくない」という思考のブラック企業が、こぞって求人を掲載することになります。

2.有効求人倍率の水増し目的

悪意をもって求人を掲載しているブラック企業であっても、ハローワークに求人を掲載すると「有効求人倍率」が名目上は高くなり、国の景気が回復したように見えるため、ハローワーク側がブラック企業の求人掲載を黙認している側面がある。

3.事実と異なる求人内容をハローワークに掲載しても法的に問題がない

ハローワークは「企業からの求人申し込みは原則的にすべて受け付けなければいけない」と法律で決められているため、明らかに求人内容と業務内容が違っているものも、全てを掲載しなくてはならない。

このせいで、厳しい審査がある求人サイトには掲載できないブラック企業求人が、ハローワークに掲載され放題となる。

ハローワークで就職・転職求人を探す前に知っておきたい真実
独特の負のオーラが漂っている「ハローワーク」。就職、転職、失業保険の手続きなどで足を運ぶことになりますが、ブラック企業求人ば...




それでは求職者たちはハロワをどう利用すればいいのか?

ハローワークブラック企業求人

1.特定の職員と親しくなって、良い求人を紹介してもらう

ハローワークの窓口職員を、毎回同じ方で、しかもベテランの職員に指名して顔見知りになると、おすすめの求人を教えてもらえるようになります。

ハローワークという機関は、あくまでも「求人情報を紹介して面接手続きをするための機関」なので、ブラック企業の求人だったり、明らかに求人内容と実際の業務内容が違っていても、それを承知で機械的に紹介するしかありません。初対面で、関わりの無い人間にはそのように淡々と対応するだけです。

しかし、ベテラン職員で顔見知りとなれば、あれこれと秘密の内情を教えてくれることも多くなります。掘り出し物の優良求人や、危険なブラック企業求人をこっそり教えてもらって有利に立ち回ることができます。

ココは働く事が気持ちいい。優良ホワイト企業の特徴と見つけ方
スマホ片手に簡単にネット検索をして大量の情報が入手できるようになった現代だからこそ、なんとしても入りたいのがホワイト企業・ホ...

2.ハローワークは「職業訓練」を受ける手続きのための場と割り切る

また、最初からハローワークに求人紹介機能を求めず、職業訓練所を紹介してもらう場所として割り切るのも有効だと思われます。



スポンサーリンク



ハロワで狙い目のスキルを習得しながらお金がもらえる職業訓練
図書館や市役所や、生活保護のような、公共施設・セーフティーネットが充実していているのが日本のいいところ。 ハローワーク...

職業訓練所なら毎月10万円程度の補助金をもらいながら資格取得や技術習得の訓練をさせてもらえるため、ハズレがありません。

「求人内容と実際の仕事が違う」と苦情が年1万2千件も

ハローワークブラック企業求人

  • 「求人内容と、実際の労働条件が違う」というハローワークへの苦情が、2014年度では1万2千件に達した
  • 苦情内容には「求人票よりも賃金が安い」「求人票には有りと記載されていた雇用保険・社会保険が無かった」「求人票の内容とは仕事内容が違う」「求人票では正社員雇用だと書いてあったのに、実際は非正規雇用だった」といったものが多い
  • しかし、厚生労働省の担当官によると、上記のような「求人内容と実態の食い違い」が実際に確認されたのは苦情件数の36%にとどまり、企業側の説明不足・求職者側の誤解によるものも多い

2014年度、厚生労働省の調べ

いつもハローワークへ求人を出している闇が深い企業の3つの理由
ハローワークに常に求人を出しているような企業は、黒いうわさまみれで人が全然応募してこなかったり、どんどん人が辞めるせいで年中...

ネット上のハローワークに対する口コミ情報

ハローワークブラック企業求人

  • ハローワークにある求人は、基本的に、「ある程度ましなブラック企業」と「ひどいブラック企業」の2種類のみ
  • ハローワークで仕事を探すより、有料の求人情報誌や、無料で利用できる転職サイトで探した方が良いというのはもはや常識
  • ハローワークで職業斡旋している職員は、ほとんどが非正規の派遣社員。なので、ある程度以上の斡旋実績を上げないと自分の首が飛びかねない。そういう理由で、ブラック企業の求人も笑顔で面接手続きをする
  • ハローワークは「失業手当」をもらいに行き、「職業訓練」の手続きをするためのみの場所。仕事を探す場所じゃない
  • 「この会社はブラック企業です!」と労基署に申告されたことは、ハローワークにも通達される。しかし、そのハローワーク側の記録は職員にしか閲覧ができず、何事もなかったかのように申告されたブラック企業の求人を載せ続ける
  • ハローワークに、いつも同じ会社が同じ求人内容で人を募集していることが多い。これは「常に人が大量に辞めるブラック企業なので、常にハローワークで人を集めないといけない」と吐露しているようなもの
  • ハローワークが嫌で行きたくない原因は、あの独特の陰鬱な空気の存在が大きい。職員と利用者から発せられた負のオーラが建物内に充満している

馬鹿頭悪い特徴

ハローワークにありがちな、ブラック企業求人&負のオーラ現象
無職やニートの方は、ハローワークについて回る独特の負のイメージから「ハロワに通うようになったら社会の底辺の仲間入りだ…」と考...
両親同伴や空求人!ハローワークで見たすごい人と闇の伝説
日本の絶望と憎しみと諦めが吹きだまる場所…それが「ハローワーク」。ブラック企業求人ばかり、求人票の記載内容が実態と違いすぎる...




就職活動には、きちんとした転職サイトを使おう

無料で利用できる転職サイトの「DODA(デューダ)」を利用するのをおすすめします。

発達障害人生生活辛い

他の転職サイトよりも、キャリアアドバイザーの指導が丁寧なことで知られるサイトで、あなたにとって最適な転職先をいっしょに探してくれます。

面接指導や履歴書の書き方の指導など、転職活動を全面的に力強くサポートしてくれるのが魅力的です。この強力な転職サイトでなら、正社員の道が開けています。

ハローワークの欠点は、「求人を掲載するのが無料のせいで、人件費をかけたくないブラック企業の求人掲載が横行すること」。

転職サイトは、「転職サイトを通してその企業に就職した人が、半年間勤め続けたら、そこで初めて会社側から報酬が転職サイトの運営へ支払われる」という仕組みがあるため、入社後にすぐに辞めたくなるブラック企業の求人をサイト内に載せたらデメリットしかない、ということになります。

転職サイトを通して紹介してもらえる企業は、原則的にほぼ全てがホワイト企業と考えて間違いありません。

DODA公式サイト↓



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ