公務員…安定と厚待遇で人気沸騰!試験は激難で地獄逝き多発

公務員仕事年収試験就職

とにもかくにもずば抜けた安定感と、労働環境が良いというイメージ。いっこうに終わるきざしを見せない不況と、民間企業はブラック企業まみれということで、近年は公務員志望の人が大変増えています。

実際、公務員とはどのような仕事なのか?待遇は?調べてまとめました。

スポンサーリンク

公務員とは?

公務員仕事年収試験就職

公務員(英: Civil servant)は、国および地方自治体、国際機関等の事務を執行する人。または、その身分、資格のこと。国際機関の職員は国際公務員といい、中央政府に属する公務員を国家公務員、地方自治体に属する公務員を地方公務員という。




公務員の種類

国家公務員

特別職

  • 国会議員 内閣総理大臣 国務大臣 裁判官 自衛官 等。

一般職

  • 事務職員や技術職員のほか、海上保安官、国立学校の教員、警察官(の幹部の一部) 等。

地方公務員

特別職

  • 知事 市長/町長/村長 地方議会議員 等。

一般職

  • 事務職員や技術職員のほか、消防吏員、警察官(の大半)、公立学校の教員 等。


おすすめ!公務員の仕事の全容をまとめた当ブログでの特集ページ↓

公務員試験&公務員の仕事の裏事情をココで全部まとめて伝えます
近年は、就職先として公務員が人気です。ここ数年の公務員人気と公務員試験、そして職業としての公務員の内情を一覧にしてまとめまし...

公務員の基本的待遇はやっぱりかなり良かった!

公務員仕事年収試験就職

近年不安定化する雇用情勢のなかで人気が高まっている業種があります。それが公務員です。

一度公務員になれば、よほど悪いことをしないかぎり解雇されることはありませんし、リストラもありません。そのため、必死に勉強して公務員を目指している学生も大勢いらっしゃいます。

では、その公務員の待遇のメリットにどのようなものがあるのでしょう。まず上で記述したように解雇・リストラされる心配がありません。

さらには給与面でも一般企業並かそれ以上と言われています。その理由にはいくつかありますが、公務員がストライキを起こすことが禁止されていることが挙げられます。ストライキを規制する代わりに雇用面で優遇されなければならないという考えがあるのです。

そして、公務員の給与は税金で養われているため、安定的であることは言うことはありません。この給与面の優遇が公務員の最大の魅力だと言えるでしょう。給与でいえば、他にも公務員によっては危険手当や深夜手当てなどもあり、これらも一般社会人よりも厚遇だと言われています。

また公務員になるとそれ専用の法律で守られることもあります。その一つが刑事ドラマなどでよく見かける「公務執行妨害」です。

もちろん、公務員であろうと公務以外のプライベートの時間でこれを行使することはできませんが、仕事をする上で一般の社会人以上に保護されていると言えるでしょう。他にもいろんな法律で公務員は保護されてスムーズな仕事を期待されています。

しかし残業もサービス残業も多い公務員…

公務員仕事年収試験就職

「公務員は定時で帰れる」というのは勘違いです。 部署によっては暇な時期もあり、定時で帰れることもあるでしょう。 しかしこれは民間企業も同じことです。公務員はすべて定時で帰れるというわけではありません。

市役所の窓口は17時で閉まります。これを見て「公務員は定時で帰れる」と勘違いしている人が多いようです。 ところが、窓口対応をしているのは新規採用された1年目の職員か、パート・非正規職員です。もしくは窓口業務を外注しており、民間企業が窓口対応をしている役所もあります。

窓口が17時に閉まって、帰っていくのは正規の公務員ではなく、非正規職員や民間企業の社員なのです。

正規の職員は窓口が閉まっても、仕事はたくさんあります。 住民票や戸籍を管理は公務員の仕事のほんの一部にすぎず、 公共工事や図書館・公園・学校など公共施設の管理運営、市民向けイベントの発案・実行など、広範な仕事があります。

当然ながら窓口が閉まっても仕事はたくさんありますし、 毎日定時で帰宅できるほど暇ではありません。

そして、「公務員は残業が少ない」というのもマスコミによるミスリードです。



スポンサーリンク



霞が関の中央省庁では、国家公務員の平均残業時間が「37時間」とされています。 しかし国会が開催されている時期に37時間で済むわけがありません。

なぜ官僚がタクシーチケットを使うかというと、帰るころには終電が終わっているからです。 国会の期間中は真夜中の2時でも国会議員から電話がかかってきます。 そもそも帰れないという事態が頻発し、例えば農林水産省には「仮眠室」が設けられているほどです。

官僚 超難関試験を突破し政策決定に携わる憧れの上級公務員
勉強のエリートのみがなることを許される公務員のトップ的存在…それが官僚(かんりょう)です。 普段の生活ではなかなかその...

地方公務員でも同じことで、議会がある時期、会計検査がある時期は非常に忙しく、 真夜中でも県庁は電気がついていたりします。

公務員とサービス残業の関係

公務員はサービス残業が多いです。「平均残業時間は37時間」と言われていますが、 部署によっては37時間とは比較にならないほどのサービス残業が発生しています。公務員はサービス残業なんて違法行為を堂々と公表するわけにはいきませんから、「残業していない」と言います。

公務員のサービス残業は「予算」に秘密があります。

公務員は予算の範囲内で仕事をしなければなりません。 基本的に公務員の仕事はも,うかる仕事ではなく、も,うからない、 誰もやりたがらない仕事を代わりにやるものですから、お金はかかる一方です。

いまどきの国会や議会は予算をとにかく圧縮することに力を入れています。なんとか歳出を抑制するために予算を削るのです。そこで予算を削られてしまうと、 残業代を払う原資がなくなってしまいます。

公務員は「予算の範囲内」で仕事をしなければなりませんので、 予算から残業代が削られると、残業代は出ません。 残業代を請求しようにも、そもそも払うお金がないのです。

残業代が払えなくなるのは、予算から残業代が削られたときだけではありません。 トラブルが発生して予想以上に残業しなければならなくなってしまったときも、 余分な残業代を支払う予算などないのです。このときも、残業代は出ません。

公務員は高給!というイメージがありますが、サービス残業事情もかんがみると、給与面では民間企業とあまり差はなくなってきているように感じられます。

楽しさもやりがいも皆無で公務員になって人生が灰色化した人達
バックが国だから潰れないし、ほとんど解雇もされない、という高い安定性に魅せられて、何かと未来が不安な今のご時世では公務員にな...




警告!公務員ブランドと好待遇イメージに釣られて爆死者続出中!

公務員仕事年収試験就職

公務員仕事年収試験就職

地方上級、国家一般職ともに、専門試験・教養試験合わせて30科目程度の学習が必要です。信じられないくらい膨大です。

さらに、近年では面接での人物評価に力が入っており、パッとしない人物は面接で弾くようになってしまっているため、何とか筆記試験は通っても面接で落とされ続ける…という悲惨な報告が多発中。ネット上では「筆記は足切り、面接からが本番!」というのが定説となっているようです。実際は、筆記試験に通るだけでも並大抵の努力では達成できません。社会情勢に対する不安から公務員人気が高まり、試験倍率がかなり高まってしまっているのも、公務員試験の難易度を吊り上げてしまっています。

当ブログでの公務員試験浪人の特集ページは↓からどうぞ。

公務員浪人…悲惨な末路報告多発!新卒喪失から民間も難しい
日本にはあまりにブラック企業が多すぎる事から、民間企業よりは労働環境も良くて倒産の危険も無い公務員を目指す人が増えています。...

新卒を公務員単願で棒に振り、二年間浪人し、今は警備員やっています。
公務員はやれば受かるとかいう話をよく聞きますが、ずっと受からない人も当然います。
公務員単願は人生終わる可能性もあるってことを、特に新卒の方は知っておいてください。

家に着きました。6畳間の何もない部屋です。
きっと40歳になってもこの部屋みたいなところで惣菜を突いているのでしょう。
もちろん結婚なんか夢のまた夢。涙が出てきます。

大学卒業して4年、専願の公務員浪人してるけどもう疲れた。
もうすぐ試験だけど、また今年もダメなんだろうなって不安で仕方がない。
俺だけ前に進めない。俺だけ進むことを許されない。

夢は公務員!みんなが目指すせいで公務員試験の倍率が急上昇中
明るい見通しがあまりない日本の未来に不安を抱き、多くの人が、安定が売りの公務員を就職先に希望しています。小中学生の頃から「将...

公務員浪人とはここまで心に暗雲を落とすのか。
世の中は4年に1度のワールドカップを控え浮かれている。
勝負の世界。その勝者の栄光の陰には必ず敗者がいる。そしてそこにスポットライトが当てられる事は、少ない。
W杯の陰に隠れ勝ちだがもう年齢的に受ける事の出来ない公務員試験のシーズン真っ最中だ。
試験という勝負に負けた人間の戯れ言を聞いて欲しい。

「お前らだけは変わらないよな」
俺達3人は半年に1度、「同窓会」と称して、とある地方都市の居酒屋で一杯やることにしている。
そう、俺たちは元公務員浪人生。20代の若い力を公務員試験一本に捧げ、撤退した。
「もう夢を見てられないのは頭ではわかってる。でもいつまでも夢を追い続けていたい。自分が夢を諦めた時、青春時代は終わるのかもしれない」
テーブルの隅から絞り出された言葉に、俺はただ無言でジ.ン・トニックを喉に流し込む。そしてグラスの氷が溶けていくのを眺めながら、自分の人生の軌跡をたどりはじめた。
俺は今30歳、日雇いのバイトをしながら小遣い銭を稼ぐだけの毎日を送っている。
公務員を目指したのは大学在学中、民間就活に失敗し、なりゆきで受験生生活に入った。
そして予備校に通う中で、上述した仲間に出会った。
出会ったのが俺が公務員浪人2年目の時、同じ多浪ということで、学校で声をかけられたのだった。ここで声をかけて来た友人を木村としよう。
俺と木村は同じ多浪生ということで意気投合した。志望先も一致していたし、共通の話題も多かった。そして木村の元々の友人であった田村を紹介され、彼ともすぐに打ち解けた。
木村は俺より1歳上、田村は私と同い年であった。
私たちが意気投合したのは多浪同士ということもあるが、何より俺たちは公務員試験にかける熱が他の人とは違っていたことが一番だったように思う。
正直、大学と予備校を掛け持ちで来ていたり、定職を持っていたりアルバイトをしながら受験している受験生は「まあ楽そうだし、安定してるし」というような消去法的理由で受験している人が多いように思う。
しかし、俺たちは違っていた。
「人に使われる立場になるのではなく、人を使う立場になろう。酒場で上司の愚痴をこぼしながらしがなく酒を呑んでいるような大人には決してなるまい」
そういう気持ちが3人は共通していた。
そうやってお互いの気持ちを高め合い、日々勉強にまい進していた。
しかし、3人とも合格が遠かった。筆記は受かるが面接でハネられる年、筆記で落ちる年。それらを繰り返すようになっていた。
そんな年月を繰り返し、ついに私は28歳になっていた。私たちの志望する自治体は28歳が年齢制限だった。それは今年が受験のラストチャンスであることを意味する。
俺と田村より1つ上の木村はどうなったか。彼は28歳になっても合格することができず、試験から撤退していた。
そして彼は公認会計士受験の世界へ転向していた。彼は撤退後一度民間企業へ就職したが3ヶ月もたたないうちに退職した。
「やっぱり俺には常に自分に引け目を感じながら生活する小さな会社のサラリーマン生活なんて耐えられない」。最初の「同窓会」で彼はそう笑いながら話した。
特に最後の1年は自分への、そして周囲からのプレッシャーとの闘いであった。
あからさまにバカにされたこともある。
大学時代の同級生らに公務員浪人を批判され、軽い口論になったことがあった。
その時に「お前の辛さなんて社会に出ている俺らからしたら大した事無い。社会じゃお前は通用しない」
その後俺がどうなったかは分かるだろう。
最近は簡単に公務員を志望する人が多い。しかし、公務員の倍率は何十倍にもなる。
それが意味する事は、合格した人間の何十倍と、私たちのような末路を辿った事がいるということだ。

「ジ.ン・トニックもう1杯」
ふと俺は我に帰っていた。明日からどうしよう。それでも公務員という夢を諦めきれない。
現実を受け入れ、民間でしがないサラリーマンとして生きて行く道に進む事ができない。
「でも、まだ俺の青春は・・・」

以上のような、あまりにもむごい公務員試験浪人の末路を綴った体験談がネット上にはあふれています。

当ブログでの公務員試験浪人の末路特集ページは↓からどうぞ。

公務員試験浪人の末路…絶望・ニート・廃人化など名コピペ集
ネット上には、公務員試験に敗れた者の末路をつづった公務員浪人コピペがあふれています。漫画家や小説家やミュージシャンのような夢...

公務員就職はなまじ現実的な就職の道だけに、ミュージシャンや芸能人のような非現実的な夢は回避できても、公務員人気のあおりを受けて公務員に憧れ、結局は地獄を見る人が数多くいます。安易な多浪や、自身の実力を顧みない無謀な公務員試験挑戦は、絶対におすすめできません。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ