正社員が非正規雇用者を差別し底辺だと見下す格差と問題の解説

正社員が非正規雇用者を差別し底辺だと見下す格差と問題の解説

「夢は正社員!」

某CMでのこの衝撃発言は、あながち的外れともいえず、非正規雇用枠が拡大し続けている現代では、きちんとした大学を卒業して新卒時を逃さずにきっちり正社員就職を成功させないとそのままずっと非正規、ということも…。

正規雇用者と非正規雇用者の間に存在している「壁」や「格差」について調査したので、分かったことを報告します。

スポンサーリンク

正社員と非正規の対立例

非正規雇用格差差別

  • 社員食堂(その会社の正社員はお得価格で食事ができる)は、派遣社員は利用禁止
  • その場に非正規雇用者がいると、ボーナス・昇給の話ができなくなる
  • 「結婚」や「給与の額」の話題になると、非正規雇用者が黙り込んでしまって空気が悪化する
  • 仕事内容や勤務時間がほぼ同じなのに、正社員の給与額は、非正規雇用者の給与の2倍近く
  • 多数派の正社員とわずかな数の非正規雇用者(あるいは、その逆の状況)で飲み会をすると、少数派が場違いのように扱われて疎外されたりからかわれたりする
  • もう年単位でその会社へ派遣され続けているのに、その会社の正社員達からは「よそから来たお客さん」扱い
  • 正社員と非正規は給与額や待遇が違うせいで何かといがみ合うことが多いので、最終的には正社員グループと非正規グループがそれぞれ近寄りあわないようになる

非正規雇用者が正社員からいじめられた例

非正規雇用格差差別

  • 派遣社員を名前で呼ばずに「派遣さん」と呼ぶ
  • 社内のエレベーターを使うといやみったらしく文句を言われる
  • 年下の正社員があからさまにマウントを取ってくる




日本の職場では非正規雇用者は下に見られる事が多い

非正規雇用格差差別

非正規雇用格差差別

日本の職場では「正社員が偉い」という風潮が根強く残っています。

そのせいで、正社員ではない「派遣社員」「契約社員」「パート」「アルバイト」などは正社員達に内心で見下され、有形無形の職場いじめを受けることも多いようです。



スポンサーリンク



35歳派遣の壁で非正規と正社員の人生の道が決定的に別れる現象
自分の時間が取りやすい派遣社員やフリーターのような非正規雇用も良いところはあるのですが、「35歳の壁」という境界線を超えると...

まさに格差社会…「高年収と低年収の二極化現象」

非正規雇用格差差別

多くの企業は人件費を抑制するために、新卒の採用人数を絞り正社員をリストラし、使い捨てができる非正規社員へ移行し始めました。

約4割の人口が年収300万円以下になっています。



スポンサーリンク



非正規派遣や契約社員の低年収と不安定さが酷すぎて未来が狭い
年収や安定性や待遇など、いろいろな点で正社員よりも見劣りしてしまう「非正規」。25歳から34歳の若者の約4割が非正規という、...
派遣社員やフリーターの非正規が仕事で感じる不安と憂鬱の声
現代は、お金持ちになることはおろか、そもそも正社員になることさえ苦労する時代。 新卒時の就活が上手くいかなかったり、転...

10代・20代若者の非正規雇用率がヤバすぎる

非正規雇用格差差別

いくらなんでも10代~20代のこの非正規割合は異常です。

しかも、正社員が非正規に落ちることは珍しくなくても非正規が正社員に昇格することはまれだ、という口コミが多数見受けられます。

そのうち正社員が消えるかも?派遣社員など非正規が増える理由
解雇が難しくてそのせいで会社の新陳代謝を悪化させている正社員を、非正規社員に置き換える事で、雇用と解雇が容易になり、人材の流...




差別されている非正規雇用者はどうすれば良いのか?

契約更新をしないで嫌な会社から離れる

簡単でたしかな効果を得られる方法です。

非正規雇用者をいじめるような会社は、身内だけで固まっていて風通しが悪い会社であることが多く、そういった悪い環境で我慢し続けていても良いことはほとんどありません。



スポンサーリンク



正社員就職支援制度を活用して正社員になる

発達障害人生生活辛い

「若者正社員チャレンジ」を利用するのをおすすめします。若者の正社員就職を専門支援する珍しくて貴重な事業です。無料で利用できるサービスなので、とりあえず試しに登録利用してみると良いでしょう。

若者正社員チャレンジは、派遣社員、フリーター、あるいはニートのような無職状態になっている方を、カウンセリング、セミナー、企業紹介、実習、奨励金制度などで支援し、正社員就職をうながしてくれる支援事業です。

◆特徴◆
無料で登録&サービス利用ができる
・プロの資格を持った担当が就職支援をサポート
・企業内実習に参加する事で就労のミスマッチを防ぐ
・実習期間中は最大10万円の支援金支給あり

若者正社員チャレンジ公式サイト↓





仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ