知ることは死ぬこと…実は知れば知るほど幸福度が下がる現象

知ることは死ぬこと…実は知れば知るほど幸福度が下がる現象

知ること知識不幸

歴史上最も多く人を殺してきたものはなんだと思う?爆薬ではないし毒薬でもない。
情報だよ。知ることは死ぬこと。

真実は君の平穏を破壊する可能性がある それでも知りたいかい?

私たちが毎日食べている人気食品が、あまりに不衛生な加工現場で作られていたというニュースが報道されると、非常に嫌な気分になります。

知ることや学習することばかりが賛美されますが、知らない方が良いことというのは本当に存在するのです。

「知ること」と「不幸」の関係性について調査したので、分かったことを報告します。

スポンサーリンク

知ることと賢さと、幸福度の関係を指摘するネット上の声

知ること知識不幸

「鈍感な方が人間は幸せ」
っていうのは1つの事実。

何事も、「中途半端な状態」が一番苦しくて、苦労する。
全く何も知らないバカか、突き抜けて賢い人以外の「中途半端に賢い人」は幸せになりにくくなる。

中途半端に賢い人達って、
その行為に付きまとうリスクとか、失敗の可能性を考えついて、
恐くて身動きが取れなくなってしまうらしい。
そんな自縄自縛におちいるくらいなら、深く考えずにとりあえず挑戦できるバカの方がはるかにマシではある。

中途半端に頭が良い人達って、
ネット上で不快な情報を集めまくって、勝手に絶望したり怒り狂って、悲観コメントをしていたり政治活動をしていたりする。
情報に振り回されているか、それとも、情報を従えて情報をお金やチャンスや快の感情へ変えられるかが、
中途半端な人と本物の賢者の境界線だろうな。
中途半端に賢いせいで頭が良いふりをする原因と共通する特徴集
頭は悪くないのに、突き抜けた賢さをもてないせいで、知ったかぶりをしたり、批評家を気取って正解からズレた不快な言葉を周囲にまき...

現代人に不幸な者が多い原因は、
ネットで、この世の世知辛い現実がさらけ出されまくったせい、
というのは少なからずあると思う。



スポンサーリンク



中卒でも、高年収の土木作業員を続けて、
結婚して家族を養っている人は立派だし幸福なことが多いだろう。
そういう立派な人を「中卒土方wwwwww」と嘲笑している、性格がゆがんでいる引きこもりニート達は、客観的に見れば不幸そのもの。



スポンサーリンク



知らない方が幸せ、ということは確実にある。
たとえば、自分たちはコンピューターで演算された架空の存在であり、プログラムの設計者が観察するためのシミュレーションの人生だった。
たとえば、この宇宙は極めて危うい均衡の上に成り立っていて、あと20年で均衡が崩れて宇宙が壊れる。
もしもこんなことを知ってしまったら、絶望どころか発狂もの。

馬鹿な人って、良くも悪くも頭が回らない。
だから、ある程度のところで自然に思考がストップする。
「人生で何が重要か」「幸福な人生とは何か」
みたいなところまで思考が及ばず、
「この飯美味い!」「このお笑い番組面白い!」
ってことくらいしか考えられない。
そのことを幸せと思うか不幸かと思うかは、観察者次第。
ただし、馬鹿なので周りに利用されたり搾取されることは多い。
無知だから幸福度は高そう…バカの特徴の解説とバカへの対処法
「頭の悪さ」の特徴についてネット上で調査し、また、頭の悪い人への対策案も調べました。 良好な人間関係を築くための参考に...

馬鹿な奴らのいいところは、
「考え方がシンプル」
「上手く行く可能性ばかりを信じる」。
この、難しくごちゃごちゃ考えないという思考の特徴に、
たまたま幸運や才能が加わると成功する。
挑戦対象が難しすぎたり、幸運や才能が欠けていると、大失敗するけれど。

賢くなりすぎれば、
おのずと「自分という人間の限界点」「人間の限界点」
が分かってしまう。
自然と悲観的なものの見方が身につくようになる。
頭が良い人は人生楽勝なのか?実は孤独や負担が大きすぎて辛い
東大・京大・その他旧帝国大学へ現役でストレート合格したり、誰でも知っている超大手企業にあっさり就職したり、はたまた起業で大成...

「思い詰めると、精神を病みやすくなる」。
知識を獲得して賢くなっていくということは、上記のことが起こりやすい状況へ近づいていくということ。
考えるほどに傷つくだけで深く考えない方が良い9つの禁止思考
考える事と、より思考を深く鋭くすることが、高度な知能をもつ人間にとっての最高の美徳である、とよく言われます。しかし、美徳かど...

なまじ賢かったりすると、
変な哲学を持つようになって、自分は不幸だと思い込み始め、最後は自殺してしまうことがある。

中学の時の先生が
「人生で得をしたいなら賢くなれ。
人生を楽しみたいなら馬鹿でいろ」
と金言を残してくれた。




人生で幸福度が最も高い子供時代は「まだ知っていない」

知ること知識不幸

大人になると自分の中の世界が広がり、否応なしに自分よりも上の存在に気づかされるので、自分よりも裕福・恵まれている・幸運な人を見て嫉妬し、不幸な気持ちになります。

知らないうちは自分が「自分の世界の中の王様」なので幸福感が高いのですが、見識を広げていくうちに相対的な位置を知ったり、希望が少ない将来を知ることになったりして、幸福度がどんどん下がっていきます。

下手にあれこれ知ってしまっている大人よりも、何も知らない子どもの方が、だいたいの場合で幸福度は上だと考えられます。





仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ