IT業界の危険な真実…偽装請負問題やデスマーチによるうつ病

IT業界問題闇解説

IT業界というと、なんとなく時代の最先端を行っているかっこいいイメージがありますが、同時に良からぬ噂もよく聞く業界です。

IT業界の闇について調べてまとめました。

スポンサーリンク

IT業界では当たり前に横行する違法行為…偽装請負問題

IT業界問題闇解説

偽装請負(ぎそううけおい)とは、労働者派遣法等に抵触する違法行為の一つである。今日では接客業、ガテン業、IT関連企業(またはIT企業)などにおいて数多く散見する。

企業が派遣社員を調達する際、労働者派遣法で定める制約から逃れるために労働者派遣という体裁を取らず、業務委託(請負)と位置づけることがままある。
労働者派遣法では多重派遣を禁止しているため、土木建築業などで散見する下請け・孫請け・ひ孫受け・・・といった受注構造に倣い、実務上では派遣社員としての扱いそのものだが、契約書上では業務委託契約と位置づけ、当局からの指導・摘発から逃れることが主な目的である。

現在でも数多くの中小企業が「派遣社員ではなく業務委託で調達した要員だから商流が何重になっても違法ではない」抗弁するが、IT関連企業に代表されるように、業務委託の体裁を成してないケースが大半であり、以下のような実態が存在する。

  • 発注元企業から業務従事者へ、直接業務上の指示がなされている
  • 発注元企業から業務従事者の勤怠が管理されている(出社・退社時間の遵守を求められる、「遅刻」という概念がある、など)

偽装請負とは、書類上は請負契約もしくは業務委託契約(以下、請負契約)でありながら、開発・運用担当者を実質的に「派遣」として働かせて利益を得る行為のことをいう。ちなみに客先に常駐すること自体は違法ではなく、労働者への指示や時間管理をしていることが問題となる。IT業界で多いのは偽装請負の中でも、2次請け、3次請けの技術者をユーザー企業や元請け企業に派遣する「多重派遣」のケースである。偽装請負は最悪1年以下の懲役または100万円以下の罰金となる重大な違法行為である。

これは転職不可避…IT業界の4つの構造的問題の絶望感がすごい
パソコンを使ってプログラムを組み立てる、先進的でかっこいいイメージがあるIT業界の仕事ですが、業界の構造そのものがあまりにも...




IT業界は社員に求められる技術の進化速度が異常に早い

IT業界問題闇解説

IT業界は流れがはやく、ドックイヤー(※直訳すると犬の加齢)の業界などと呼ばれます。犬は人間の7倍の速さで老いていきます。

IT業界は他業界の7倍のスピードで技術が進化しています・・・。1年前に流行った技術は、今では誰も使わない・・・なんてことが平気で起こるのです。

ミクシイ ⇒ グルーポン ⇒ツイッター ⇒ フェイスブック ⇒ ライン ⇒ ???

こんな感じです。

流れが早すぎるのです・・・。

進化の早いIT業界では、その技術が陳腐化・コモディティ化(※製造会社や販売会社ごとの機能・品質などの差・違いが不明瞭化したり、あるいは均質化することを指す)するのも早いのです。また、知識を得たとしても、実際に使いこなせないようでは役には立ちません。

システムエンジニア プログラマ的能力は必須&激務高給のSE
職業・SE…システム・エンジニア…システムの技術者なんて、とってもかっこいい印象です。きっとSEは新しいシステムを創造して、...

IT業界に対するネット上の口コミ情報

システム管理者の眠れない夜
暗黒のシステムインテグレーター
上記二冊を読め

元請けとか1次請けやれる会社なら普通
それが2次、3次、4次…となるうちにどんどん条件が悪くなる

会社次第でしょ。このディスプレイ見づらいから替えろつったら普通に通ったし、無理して残業を強要されることもなかった

メー子ユー子元請け辺りに行ける見込みないなら辞めとけ
上の中でもブラックはあるし下請けや人売りITのブラック率はハンパない

プログラミング言語の本は1冊平均4000円
そういうのを学生時代から定期的に好きで買ってる人達がいるわけ
>>1が競争しようとしている相手はそういう連中なんだよ
安易にIT業界入んないほうがいいよ



スポンサーリンク



鬱になる人が多い職業
上位下位関係なく なる人がいる
なりそうじゃない奴が案件次第で鬱になったりもする
鬱になったら人生終わり
俺は怖くて辞めた

絶対回避せよ!うつ病は心の風邪どころじゃない怖い病気
ブラック企業の特徴や危険なところがネット上で情報交換されるとともに、ブラック企業の激務と悪質な労働環境で心をやられた人が「う...

研修やります、OJTで先輩がしっかり指導!
とどこも求人に書いてあります。
しかし、俺の知ってる現実は
入社したら放置され、ある日突然謎の仕事を言い渡され、明確な契約内容も教えてもらえず、誰に聞いてもまともな回答を得られず、期日だけが迫ってくる。
5人に4人は1年持たずに辞めて行く。
これを切り抜けて生き残る自信があるなら是非この業界にこい。

そのまんま体育会系…とまでは言わないけど、
そういう気持ちの持ち方をなんとなしに皆持ってるみたいな元気で明るい職場もあるよ。
障害やトラブルが起きても元気に笑いながら皆でガンバロー!みたいな。

体育会系…モテて就活有利等人生初期から中期で頭脳系を圧倒
なんだかんだいって、最後の最後には体力と精神力がものをいうことが多い…。就職で有利・スクールカーストで上位・恋愛でモテやすい...

零細は中小に自社の社員を売り
中小は大手に他社の社員を売りつけることで生計を立てている模様

自社より派遣先の会社の方にいる時間のほうが長いから自社の愛着とか一切ないわ

A社に入社してB社で研修してC社の営業マンからD社を紹介されてE社の人間としてF社で働き「F社のワイです」と名乗る毎日

ストレス耐性が評価項目のトップに来る業界

ネットの口コミ情報拡散が新卒のIT業界離れを招いた…

IT業界問題闇解説

IT業界離れとは、労働者が新卒や中途採用において、就業先としてIT業界、すなわち情報処理産業を選択しなくなる、また情報処理産業からの離職が増加する傾向のことである。

末端従業員が置かれているデジタル土方新3Kと揶揄されるほどに劣悪過酷で労働環境、人海戦術とデスマーチが横行し、一向に成熟できないIT業界の人材育成・人材運用のシステム、毎月の様に現れる新製品・新技術に追われ続ける末端スタッフの実情、末端従業員を次々と雇い入れては低賃金で使い潰していく搾取型のビジネスモデル、ITゼネコンとそれを支える下請けブラック企業といった、日本特有のIT業界の多重請負構造といった実態が、元従業員の証言や電子掲示板の情報などの形で数多く槍玉に挙げられ、求職者や就職活動中の学生の側からも不安視される様になった。

これらの結果として、2000年代後半に一時的に景気が回復すると情報処理産業は不人気業種と化し、IT業界は新卒からは忌避され、同様に業界下層で働く若年層や壮年層の労働者も、せめてIT業界ほど不安定・過酷ではない他業種への転職を求めて続々と離職してゆく、「IT業界離れ」の様相が見られる様になった。

2000年(平成12年)のインターネット・バブル崩壊以降、IT企業への就職希望者は一貫して下がり続けている。また大学の情報系学部・学科や情報系専門学校の人気の低迷も続いている。2008年(平成20年)の調査では上位14%のトップ校以外は深刻である。2004年(平成16年)の調査では、コンピュータ科学を専攻する大学生は60パーセント以上減少している。2008年の調査でようやく下げ止まった。

2000年代半ば以降、IT業界のイメージの悪化がとどまるところを知らない。2007年(平成19年)10月30日にIPAが開催した「IPAフォーラム2007」では「きつい、帰れない、給料が安い」の「3K」に加えて「規則が厳しい、休暇がとれない、化粧がのらない、結婚できない」の「7K」というイメージを学生から持たれていると語られており、「ITコーディネータ」や「ITアーキテクト」などと言われたところでその業務内容が曖昧ではっきりしないという不明瞭なイメージも抱かれているという。なお、約4割の企業が若者のIT業界離れを実感している。




おまけ:IT業界で自分の生命と精神を守るためのコツ

IT業界問題闇解説

135: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/12(月) 11:02:00.63 ID:jsdzCaQB0.net
IT系に就職するにあたって必要な事とかあるんか?

137: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/12(月) 11:02:26.80 ID:4R+OxRSc0.net

>>135
死なないこと

139: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/12(月) 11:02:33.47 ID:FGDCw9xcp.net

>>135
健康に気を使う

161: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/12(月) 11:06:10.58 ID:SR5LOmva0.net

>>135

・客の要求にNoをいえる事
・自分で責任を負わない事
・自分のタスクが余裕で終わりそうでも同僚に対してはぎりぎりでやってるように見せかける事

これをやらないと自分が優秀でもつぶされる

175: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/12(月) 11:09:23.79 ID:GLkybo/t0.net

>>161
3つ目はマジで必須スキルやな
2017年冬アニメの視聴継続中の作品 第1位!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ